Rain or Shine~メイおばさんの宝箱

雨が降れば虹が出る、晴れた空には光が躍る。
雨でも晴れでも歩きましょう!
世界のどこかから、あなたへ贈るメッセージ

驚きのシアトル本屋さん!

2018-07-12 15:45:46 | びっくり!
ここシアトルもだいぶ夏らしくなりました。
と言ったって、たとえハンカチを忘れたって大丈夫なぐらいに
汗をかくこともありませんが。

とはいえ日焼けは気になりますから
メイおばさん、顔には日焼け止め下地を塗りますし
目を守るために柄にもなくサングラスをかけます。

ワシントンDCの主治医の先生のご紹介のメガネ屋さんで
きちんとした遠近両用のサングラスを作ってもらったのが
ここシアトルでもとても役に立っています。

昨日もサングラスをかけて
ガラガラとカートを引きずって
「International District」と呼ばれる一角にある
紀伊国屋に繰り出しました

本屋さん大好き。
たとえ読めない言葉が並んでいる国でだって
本屋さんにいくのが大好き。

昨日、つい足を止めて立ち読みしてしまったのが
このコーナーでした。


ほらほらみてみて
すごいと思いません?
ワシントンDCでは絶対にありえないことが
ここシアトルでは夢かと思うぐらいにこんな風!
そりゃ足を止めてしまいますよねえ。



そしてやっぱりこのコーナー、「料理・健康」


えっ何ですって?

それってもしかしてメイおばさんへの嫌味のつもり(涙)?

次に興味津々で「女性誌」。


圧倒的な存在感で並ぶのがこれです!
「Manga」、はい、もちろん漫画です。
しかも中身は日本語。


ついでに見つけましたよ。
これはもうアメリカでは、シアトルだろうがワシントンだろうが
完全に英語として定着しています。


Sudoku
Origami
Haiku
Ikebana

うわあ、なんだなんだこの棚は!!!


「日本の歴史
もーっと日本について詳しくなりたいそこのあなたにオススメ!」

ですって!
も、もしかしてそこのあなたってメイおばさんのこと?
「詳しくなりたい」じゃなくて「詳しくならなければいけない」と言いたいわけ?

そして面白いのはこのコーナー。
「Learning Japanese」という分類のごとく


これ、全て日本語を学びたい人のための本です。


ドサクサにまぎれてこんなのまであったりして(笑)


ついでにこのコーナーも見てください!
ここ、アメリカの、シアトルの、本屋さんですよ。


「第158回 芥川賞受賞 『百年泥』」

「第158回 芥川賞受賞 『おらおらでひとりいぐも』」

ついパラパラとページをめくりながら
えっ、もしかしてここ新宿の紀伊国屋だった?
などといっとき自分がどこにいるのかがわからなくなりかけた
アイデンティティ クライシス(大げさ?)のメイおばさんでした。(笑)

『北アメリカ』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
« たまたまサンドイッチを作れ... | トップ | 怖いものある? »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

びっくり!」カテゴリの最新記事