Rain or Shine~メイおばさんの宝箱

雨が降れば虹が出る、晴れた空には光が躍る。
雨でも晴れでも歩きましょう!
世界のどこかから、あなたへ贈るメッセージ

平等ではない神の愛

2018-08-23 11:57:36 | メイの教訓
前回の続きを書くつもりでいたのに
飛び入りで書きたいことができてしまいました。

今日も朝から窓の外がスモッグで曇っています。
ようやく高層ビルの合間から
うっすらと海が見えては来ましたけれど
まだまだいつものシアトルとは違います。

カナダとの国境付近、オリンピック半島で起きた山火事の影響が
いまだにこの町にも留まっているのです。

そんな中、一歩外へと出れば
ベンチの上で寝泊まりするホームレスの人たちに
ますます出会うようになりました。

※ シアトル市 ホームレス対策に「アマゾン税」を導入(2018年5月)

* アマゾンお膝元「シアトル」を悩ます事態 (2017年9月)

* アマゾン本社の影響でシアトル にホームレスが増加 (2017年9月)

* あふれかえるホームレス、、、、眠れないシアトル (2016年9月)

通りがかりの人と目を合わさないようにして
毅然とした表情で遠くを見つめ続けている人

公共のベンチで全てを諦めたように
顔を向こう側に向けて横になっている人

通りにペタンと座り
どこからかかき集めて来た枯れかけた花を売る人


成功する人たちが増えていくのと同時に
脱落していく人たちも増えていきます。

仕事を求めて外から集まって来る有能な人たちが増えれば
その分、はじき出される人たちも増えていきます。

「天気が温暖、治安が行き届いているシアトルには、
マイクロソフトやアマゾン、スターバックスなどの
民間の多国籍企業の本社が集まっている。」

確かに
マイクロソフトやアマゾンやスターバックスだけでなく
コストコも、大手デパートチェーン のノードストロームだって
この町から始まりました。

若い頃からいくつかの国、様々な町に住んで来たメイおばさんにとっても
加えて言えば、もはや起業など考えもしないメイおばさんにとっても
ここは不思議な魅力のある町です。

なんと言えばいいでしょう。
心が自然にフワリと踊りだすような、、、
なにかをしたくなるような、、、

さて、話を戻しましょう。
ホームレスの人たちは、メイおばさんの家の周りにも見られるようになりました。
ダウンタウンにも近い「First Hill」と呼ばれるこの一角は
静かで、美しく、およそ「ホームレス」という言葉には似合わない場所です。
住人たちは誇りを持って暮らしています。

そんな居心地の良い場所のベンチをベッド代わりにする人たちは
定期的に公共の力で一掃されます。
この町には、そうした人たちを保護し、社会復帰を助ける施設があるのです。

毛布にくるまった人たちが一人もいなくなった整然とした道に
こんな三行の言葉が白いチョークで書かれていました。


たまたまホームレスになってしまった人たちからの
たまたまならずにすんでいる私たちへのメッセージなのでしょうか。


LOVE OF
GOD NO
EQUAL

(神様の愛は平等ではない。)

そしてこれはもしかして
「ノアの方舟」に出てくるオリーブの枝なのでしょうか。


神様の怒りを買ったがために長い間続いた洪水に苦しんだのち
鳩が加えて来たオリーブの葉によって
水が引き始めたこと、陸地が近いことを知り
再び「希望」を手にした人々のように
失われた希望が戻ってくることへの願いなのでしょうか。

珍しくどんよりとした空の下で
一雨降ればすぐに消えてしまうようなたったの3行が
いまだにメイおばさんの心に引っかかっています。

入り口には24時間コンシェルジュ
特別なキーがなければ上にも下にも動かないエレベーター
暗証番号を知らなければ自分の家のドアすら開けない、、、

そんな三重のセキュリティーに守られながら
ちょっと複雑な思いで
ホームレスの人たちのことを
この理不尽な世界のことを考えているメイおばさんです。



コメント

たまたまサンドイッチを作れること

2018-07-07 04:09:10 | メイの教訓
最近アメリカに来るたびに
ホームレスの人たちが増えているように感じます。

犬を連れた人もいますし
通りすがる人と顔を合わせないように
下を向いたままの人もいます。
かと思えば、毅然として前を見て立っている人もいます。

それぞれに事情があってのことでしょう。
シアトルの友人たちはこんなことを言います。

「アマゾンも、マイクロソフトも、スターバックスも、コストコも
 みんなシアトルから始まったの。
 ボーイングだって本社はシカゴに移したものの、まだまだシアトルが一大拠点。」

「そうした大きな会社はペイもいいから、どんどんとシアトルに人が集まる。
 不動産屋はどんどんと値をあげる。
 それでも家賃を払える人たちはいいけれど、いざ失業でもしたら大変なことになる。」

「通りに立っていたり座っていたりするホームレスの人たちだって
 ついこの間までは私たちと同じように普通に生活していたかもしれないのよ。
 私たちがたまたま運がいいだけ。」

そんな思いを抱くこのコンドミニアムの住人たちが集まって
最上階の共有ルームでせっせとサンドイッチを作りました。


パンを買う人、チーズを買う人、バターを買う人
ビニール袋やジップロック等の必需品を買う人
あらかじめ役割分担がなされています。


作るのはごくシンプルなサンドイッチです。
サンドイッチ用に切られた食パンの上にバターをぬって
チーズをのせて、ハムをのせて
もう一枚のパンで挟みます。


これがメイおばさんのテーブルです。

仲良しのヘレンと組みました。
隣のテーブルから小さな女の子が助っ人に来てくれました。

と言っても黙ってニコニコしているだけですが(笑)。

6つのテーブルで山のように作られたサンドイッチは
ジップロックに小分けにされてから
ビニール袋に入れられました。

そして、それらのビニール袋は
幹事さんたちの手で
ご近所の教会に運ばれました。
そして教会の方々と一緒に、ホームレスの人たちへと
手渡されました。

ごく自然にそんなことができること。
どっちが上でどっちが下だとか
そんなこと全く関係なく
たまたまサンドイッチを作れる人が
たまたまサンドイッチを必要な人に届ける。

今のメイおばさんは、ありがたいことに
たまたまサンドイッチを作れる人です。
それならやっぱり作らなきゃ、、、





コメント

雷と稲妻

2018-05-17 06:46:12 | メイの教訓

いやなこと、困ったこと、落ち込むこと、、、、
そんな上向きではなく下向き
前向きではなく後ろ向きのことって
どうして一度に起きるのでしょう。

メイおばさん、長年馴染んでいた相棒のPCが
渡米してしばらくして突然動かなくなってしまって以来
日本の通販で詐欺にあったり
ちょっとした言葉の行き違いで大切な人との間がギクシャクしてしまったり。

このところ全くメイおばさんらしくなく凹んでます。
PCへの写真の取り込みもできなくて
よっぽどこのブログも諦めようかと落ち込んでいた時に
やっぱり沈黙は息が詰まりそうになるメイおばさん

それならしばらくは
この小さなiPad miniでなんとかやってみましょうか
と思いついて
はい、今日もなんとかやってます。

日本からは14時間遅れのこちら、アメリカは東海岸の
いつもの窓の外が珍しくどんより曇ったワシントンDCです。


同じ窓の向こうの同じ景色が
一昨日の夜、仲良し友夫妻とオールドタウンで食事をして帰ってみたら
突然何事かと思うような轟音がして
こんなスペクタクルが繰り広げられました。

何度も何度も真っ暗な空がピカピカっと光り
こんなに明るくなるのです。


稲光(いなびかり)と雷です。
大きな夜空を舞台にした
光と音の掛け合いです。

安全地帯で見るなら「どきどきするスペクタクル」を楽しめますが
家に向かって車を走らせている途中でしたら
どんなに怖かったことでしょう。

毎日同じ窓の外の同じ景色を眺めているだけで
朝昼晩と様々な思いがよぎります。
いろいろな思い出がよぎります。
まるで稲光のように。

さあ、薄暗く曇っていようがなんだろうが
良い思いと一緒に大きく息を吸い込んで
嫌な思いと一緒にフーッと吐き出しちゃいましょう。

と、つぶやくメイおばさん
今抱えている嫌な思いはけっこう重いけれどできるかな?



コメント

たとえ一本の花だって

2018-04-14 05:18:26 | メイの教訓
幸いなことに
天然ボケだか、加齢ボケだか、時差ボケだかわからない
メイおばさん

それでも何とか楽しく歩き続けております。
それなりに
あるいはだからこそ(笑)?

久しぶりに帰ってきたワシントンも
ようやく春の気温になりました。

つい昨日までは
町を歩く人たちの大半が
コートを着たり、分厚いセーターを羽織っていたりしたのですが。
今日はだいぶ気温が上昇するようです。

起きてすぐに開くPCに
最初に飛び込んで来るのはこんな「ご挨拶」。


文明開化に乗り遅れているメイおばさん
どうしてわかるのかしら、と思うのですが
白塗りの所にはちゃんとメイおばさんの名前が入っています。

しかもご丁寧に、華氏ではなく
こちらでは使わない摂氏に換算されています。
便利なことは便利ですけれど

「頼みもしないのに、こんな風に行く先々に付いて回るんだったら
どこにも隠れられないじゃない!
まるで見張られているようだわ!!」
 
などとも思うのです(笑)。

こんなサービス(お節介?)が始まる前は
メイおじさんが毎朝のランニングの途中で買ってくる新聞
「The Washington Post」の「今日の天気」欄が
さて、何を着て出ようかしら?
折り畳み傘を持って出た方がいいかしら
等々の決め手だったのですが、、、、、

たとえば、これは今朝の新聞の天気予報です。


ちなみに、朝の8時が62度(摂氏16.7゜)
お昼時には74度 (摂氏23.3°)
夕方4時には81度(摂氏27.2°)
9時にもなればまた76度(摂氏24.4°)

ところで
気温のせいもあるのでしょうが
メイおばさんが着く日に合わせて
メイおじさんが買って来てくれていた花が
もう2週間近くもたつというのに
一本、また一本と萎れて行く中でも
まだこんなに残ってくれています。


え~っ、紳士の皆様
祖母であろうと、母であろうと、
妻であろうと、姉妹であろうと
娘であろうと、孫娘であろうと
女性にお花を贈ることをためらわないでくださいね。


たとえ一本の花だって
たとえ小さな鉢植えだって
とっても、とっても嬉しいものなんですから。


読んでくださってありがとうございます。  
       ↓
ライフスタイル ブログランキングへ
海外旅行 ブログランキングへ

―――――――――――――――――――
「メイおばさんの料理帖」はこちらです。
よろしかったらどうぞ覗いてみてくださいね。
4月12日:Hマートでびっくり!
4月11日:大急ぎ大移動の末に

コメント

桜マジック~みんなちがって、みんないい

2018-03-31 00:32:09 | メイの教訓

この金子みすゞさんの詩、何度読んでも、いつ読んでもいい!
心が躍っている時も、心が沈んでいる時も
いつでもとてもいい!

謙虚になって
自由になって
こんな自分でもいいのだと許されたように
誇りを持って胸を張ることができます。

   私が両手をひろげても、
   お空はちっとも飛べないが
   飛べる小鳥は私のやうに、
   地面を速くは走れない。

   私がからだをゆすっても、
   きれいな音は出ないけど、
   あの鳴る鈴は私のやうに
   たくさんな唄は知らないよ。

   鈴と、小鳥と、それから私、
   みんなちがって、みんないい。

本当にそう思います。
みんなちがって、みんないいと。
いったんそう思うことができると
世界が優しく変わります。

目の前に迫った移動を前に
娘が手伝いに来てくれて
終日一緒に家の片づけをしていました。

あちらへ、こちらへと
こんな根なし草のような暮らしでいいのだろうかと
時折、不安になる心を

「みんなちがって、みんないい。」

と呟いては、前へと歩み続けるメイおばさんです。

小さな庭が桜の花びらに覆われ始めました。


こんな悪戯だってします。


そして
バトンを渡すようにして
あちこちで黄色が目につくようになりました。


季節の移りと共に
私たちも新しい自分に移って行きます。
そして、残された時間を思います。

それもまた「桜マジック」です。


読んでくださってありがとうございます。  
       ↓
ライフスタイル ブログランキングへ
海外旅行 ブログランキングへ

―――――――――――――――――――
「メイおばさんの料理帖」はこちらです。
よろしかったらどうぞ覗いてみてくださいね。
3月26日:13歳から人気シェフのフリン君
3月22日:ラーメンは世界を驚かす次の日本食?
http://blog.goo.ne.jp/mayobasan





コメント

エンディングノート

2018-03-20 23:59:35 | メイの教訓
人生のある時期には
それぞれに、それぞれの場所で、それぞれの暮らしに忙しく
疎遠だったりもしましたが
今ではまた随分近くにいるように感じるのは
「LINE」という便利なもののおかげでしょうか。

二人ともずいぶんいい年になりましたけれど
彼女は今でも私のことを「お姉ちゃん」と呼びます。
私の5歳下の妹です。

そんな妹に、今ではこんなことまで言われるようになりました。
音声でなく、スマホの中の文字でです。

「ま、あんまり考えこまないでよ。
 困ったことあったらいつでも連絡して。」

「LINE」のおかげで
姉妹の日常的交流が復活しましたけれど
いったいどっちが姉で、どっちが妹やら(笑)。

今日、こんな手紙が届きました。

子どものころからちっとも変らぬ
下手っぴーな、けれども温かみのある文字です。


「この間、LINEで話した件
 余分にもらって来たのでお姉ちゃんにも送ります。
 私がずっと前から持っているノートはもっと詳しく
 いろんな気持ちを記入する欄がありますが
 良いか悪いか、なかなか進みません。
 今回のは最低限の必要事項のみのノートで
 記入完成しやすいかも。」

そして、彼女が勉強会で学んだ注意点を書いてくれています。


① 記入は鉛筆で。 
なぜなら考えや気持ちは変わることがあるから。

② 金融資産リストには金額は書かない。
第三者に知られたら危険であることと、額面が変わると
トラブルになるから。

お察しになられた方もいらっしゃるでしょう。
そう「エンディングノート」です。

たしかにこれはとてもシンプル。
気負わずに書けそうな気がします。

項目は

*私のプロフィール
 (名前、誕生日、住所、本籍地、出生地、血液型、星座、干支)

*大切な人へのメッセージ

*私のこころ
 (趣味、好きなこと、好きなもの、楽しかった思い出)

*私のからだ
 (認知症や介護が必要になった場合の希望、余命の告知、延命治療、
  臓器提供、アイバンク、献体)

*私のお葬式と埋葬
 (お葬式の費用、お葬式の希望、遺影の準備、葬儀社の指定、お墓)

*お葬式の連絡リスト
 (指名、間柄、住所、連絡先、連絡レベル)
 連絡レベルとは
 A危篤時に連絡
 B死亡直後に連絡
 C葬儀の日時を連絡
 D事後連絡

*金融資産リスト(預貯金)
 (金融機関名、種類、口座番号、自動入金・引き落とし情報、通帳・カードの保管場所)

*金融資産リスト(株式、投資信託、国債、外貨預金等)

*不動産リスト(種類、利用状況、所在地、面積、権利証等の保管場所)

*年金リスト (年金の名称、基礎番号または証券番号、連絡先、受け取り口座、手帳・証書の保管場所)

*保険リスト (保険会社名、種類、証券番号、被保険金受取人、証券の保管場所)

*その他の財産 (自動車、会員権、借入金)

転ばぬ先の何とやら
少しずつでも記入し始めましょうかねえ
などと思うメイおばさんです。


読んでくださってありがとうございます。  
       ↓
ライフスタイル ブログランキングへ
海外旅行 ブログランキングへ

―――――――――――――――――――
「メイおばさんの料理帖」はこちらです。
よろしかったらどうぞ覗いてみてくださいね。
3月16日:撲滅したいレストランの罪
3月13日:夜な夜な「YONA YONA」
http://blog.goo.ne.jp/mayobasan


コメント

最後だとわかっていたなら

2018-03-03 23:19:14 | メイの教訓


困りました(若い人的に言えば『やばい!』)!

少しは机回りをきれいにしようかと
いろいろ動かしていたら
本棚の間からクリアフォルダーに入った
新聞の切り抜きが出てきました。

日付を見ると2012年と2013年。
いずれにしてもかなり前です。

ついまた読み始めてしまったら涙が止まらなくなりました。
それだけ、今、メイおばさんの心が弱くなっているからでしょうか。
それとも、今、メイおばさんには大切な人たちがいるからでしょうか。

アメリカで、英語で書かれたものを見た時が
最初の出会いだったと思います。

今日、ふらりと突然目の前に現れたのは
日本語訳でした。
ますます泣けます。

「ノーマ・コーネット・マレックさん」が書いた詩を
佐川睦さんが翻訳なさったものです。
どうか読んでみてください。

メイおばさん、キーボードを打ちながら
きっとまた泣いてしまう。
年を重ねたぶんだけ、またたくさん泣いてしまう。

同時に思います。
泣きたい人がいる幸せを。

*********************


あなたが眠りにつくのを見るのが
最後だとわかっていたら
わたしは もっとちゃんとカバーをかけて
神様にその魂を守ってくださるように
祈っただろう

あなたがドアを出て行くのを見るのが
最後だとわかっていたら。
わたしは あなたを抱きしめて キスをして
そしてまたもう一度呼び寄せて
抱きしめただろう。

あなたが喜びに満ちた声をあげるのを聞くのが
最後だとわかっていたら
わたしは その一部始終をビデオにとって
毎日繰り返し見ただろう。

あなたは言わなくても
わかってくれていたかもしれないけれど
最後だとわかっていたら
一言だけでもいい、、、「あなたを愛してる」と
わたしは 伝えただろう。

たしかにいつも明日はやってくる
でももしそれがわたしの勘違いで
今日で全てが終わるのだとしたら
わたしは 今日
どんなにあなたを愛しているか 伝えたい

そして わたしたちは 忘れないようにしたい
若い人にも 年老いた人にも
明日は誰にも約束されていないのだということを
愛する人を抱きしめられるのは
今日が最後になるかもしれないことを

明日が来るのを待っているなら
今日でもいいはず
もし明日が来ないとしたら
あなたは今日を後悔するだろうから

微笑みや 抱擁や キスをするための
ほんのちょっとの時間を
どうして惜しんだのかと
忙しさを理由に
その人の最後の願いとなってしまったことを
どうして してあげられなかったのかと

だから 今日
あなたの大切な人たちを
しっかりと抱きしめよう
そして その人を愛していること
いつでも
いつまでも大切な存在だということを
そっと伝えよう

「ごめんね」や「許してね」や
「ありがとう」や「気にしないで」を
伝える時を持とう
そうすれば もし明日が来ないとしても
あなたは今日を後悔しないだろうから

(涙、涙、また涙のメイおばさん)

読んでくださってありがとうございます。  
       ↓
ライフスタイル ブログランキングへ
海外旅行 ブログランキングへ

―――――――――――――――――――
「メイおばさんの料理帖」はこちらです。
よろしかったらどうぞ覗いてみてくださいね。
3月3日:イスタンブールの骨董グラスとメイおばさんの普段着ランチ
3月2日:メイおばさん、まさかの味噌作り
http://blog.goo.ne.jp/mayobasan

コメント

女の品格

2018-02-27 22:53:48 | メイの教訓

うわっ、面白いものが見つかりました。
いつメモしたものかしら。
忘れているぐらい古いもののはずなのに
うんうん、そうそう、と
今でも通じることがたくさん。

たぶん、行ったり来たりの渡り鳥生活だからこそ
気になることなのでしょうね。
つまり時勢に上手に乗れないってこと(涙)。

何かといえば「女の品格」。
つまり自分への戒め(笑)。

公開いたしちゃいますね。
中にはまるで謎解きのような言葉もありますけれど
そこはまあ、推し測ってみてくださいな。

まずは品格を感じさせる女性の方から。

*「いたみ入りました」と自然に言える人
*「今が幸せ」と感謝をしている人
*秘するが花
*聞き上手、相槌上手


次にその反対、品格のない女性

*ブランドショッピングに夢中
*ありがと! それでいいわ! (ちょっと高飛車じゃない?)
*マイナス言葉で始める人、マイナス言葉で終わる人
*いつも誰かと自分を比べている人
*車内の化粧
*車内の居眠り
*はげたペディキュア
*直接話法で語る人
*身振り手振りの過剰な人
*自分のことを人差し指で指す人
*一人でいる時に眉根が寄っている人
*体型に合わないいおしゃれ(たとえば太い脚にミニスカート)
*夏のブーツ
*やたら靴だけ目立つ人 たとえば細くて高すぎる黄色いハイヒール
*閉まり始めているエレベーターに乗ってきて目礼もしない人
*人の話を聞きながら携帯にちらちら目をやる人
*コンサートやお芝居の席でセンスをパタパタやる人
*香水プンプンの人
*愚痴の多い人
*根掘り葉掘り質問攻めの人
*エクステのまつ毛ばかり目立つ人
*何時間寝ないとダメとか、三食食べないとダメなどと言う人
*昼寝しなさい!と夫をコントロールする人
*厚化粧の人
*背中の開いたドレスから吹き出物がたくさん見える人
*腕に虫刺されの後がたくさんある人
*車内でお化粧をしている人
*車内でパンをかじる人
*「自慢じゃないけど」「ここだけの話」が口癖の人
*電車の中でガムをくちゃくちゃ噛んでいる人

あらまあ、圧倒的に「品格のない」方が多い。
やっぱり同性には厳しいものなんですね。
ごめんなさい!

明日は「男の品格」行きますからね
などと思って古いメモを見てみたら
なんだ、たったの数行。
書くほどのこともありません。

いかに同性に厳しくて
いかに異性に寛大かということ(笑)?

パスポートの更新に
初めて「東京都生活文化局」なる所に行って来ました。
冬の東京もこんなに美しいのですね。



読んでくださってありがとうございます。 
ランキングの方もどうぞよろしくお願いたします。  
       ↓
ライフスタイル ブログランキングへ
海外旅行 ブログランキングへ

―――――――――――――――――――
「メイおばさんの料理帖」はこちらです。
よろしかったらどうぞ覗いてみてくださいね。

2月26日:東京都心も春の始まり
2月25日:牡蠣フライと豚カツでご利益使っちゃった?
http://blog.goo.ne.jp/mayobasan


コメント

はっきりしない定義をロマンに変えて~スーパームーン

2018-02-06 17:55:31 | メイの教訓
スーパームーンとは
いつもより大きく見えるお月様のことを言うのだそう。

私たちの地球とお月様が
最も接近する日に重なった満月なのだそう。


今年はと言えば1月2日の満月。
あら、もう過ぎちゃったじゃない。

国立天文台のサイトには
にべもなく、こんなことが書いてありました。

「『スーパームーン』という言葉は天文学の用語ではなく、定義もはっきりしません。」

かたや、1月31日についてはこんな情報。
こちらももう過ぎちゃったけれど。

「2018年1月31日の夜に皆既月食が起こります。
この月食は、日本全国で観察することができます。
月は、東南東の空で20時48分に欠け始め、21時51分に南東の空で皆既食となります。
皆既食となった月は、「赤銅色(しゃくどういろ)」と呼ばれる、赤黒い色に見えます。
皆既食は23時08分に終わり、その後は徐々に欠けた部分が小さくなっていき、
日付の変わった0時12分に、南の空で部分食が終わります。
皆既月食の全行程が空の高い位置で起こるため、とても観察しやすい月食です。
寒い季節ですが、防寒対策をしっかりして観察してみてはいかがでしょうか。」

皆さんご覧になりました?

メイおばさん、バルコニーで見ようと待機していたのに
ちょっと出たらあまりに寒いので
家の中から窓ごしに見ることにしたのですが
やっぱりうまく行きません。

だってお月様の動きに合わせて自分は動けても
窓は動いてくれませんものねえ(涙)。

さて何を言いたかったのかと言えば実はこんなこと。

実はメイおばさん、突然左目の前に黒い小さなものがフワフワと動き出し
あわててご近所の眼医者さんに飛んでいきました。

いろいろ検査をしてもらった結果

「まあ、問題はありませんから気にしないことですねえ。
 そのうち慣れますから。」

と言われたって、そりゃ気になりますよねえ。
これもまた加齢現象のひとつなんでしょうが(涙)。

検査のひとつがこの写真。
これ、私の目なんですって。


ねえ、何かと似てません?
そうお月様!!
華麗なる加齢です(笑)。

都心からそうそうは離れていないのに
まだ雪が残っています。
白い雲へと続く白い道のようです。


読んでくださってありがとうございます。  
       ↓
ライフスタイル ブログランキングへ
海外旅行 ブログランキングへ

―――――――――――――――――――
「メイおばさんの料理帖」はこちらです。
よろしかったらどうぞ覗いてみてくださいね。
1月31日:初めての「菊乃井」体験
1月30日:テーブルセッティングの秘訣
http://blog.goo.ne.jp/mayobasan
コメント

どこに行きたい?

2018-01-30 00:01:59 | メイの教訓

2週間前のこと

それなりに人生経験も豊富な
男友達と女友達が
我が家に集まっての新年会。

ほどよくワインの空き瓶が並んだところで
こんな話題になりました。

「今まで行った所でどこが一番よかった?」

元新聞記者だの、元社長だの
元先生だの、元フライトアテンダントだの、、、、
それぞれの「元」があります。
それぞれの答があります。

「東欧のドゥブリアーナ!」
「ニュージーランドのクライストチャーチ!」
「エルミタージュ美術館!」
「西安!理由がなくともまた行きたい!」
「南太平洋のラロトンガ!」
「モアイ像のイースター島!」

等々、等々。

「じゃあ、今、どこに行きたい?」

それぞれの答があがります。
大雑把だったり、ずばりピンポイントだったり。

「北イタリア!」
「スウェーデンあたりの北欧!」
「南米!」
「中欧!」
「南太平洋!」
「ポルトガル!」

問題提起をしたメイおばさんも自分で自分に問いかけます。
そしてつくづく思います。

ずいぶんあちこちに行ったもんだなあ。
ずいぶんあちこちをうろついたもんだなあ。
ずいぶんあちこちに住んだもんだなあ。
ずいぶんいろいろな思い出があるもんだなあ。。

今となっては
どの国の、どの町も、どの海の、どの島も
みんなそれぞれに好きだけれど

どこがよかった?
どこに行きたい?

と聞かれたら
やっぱりこんな答になるかなあ、、、、、

メイおじさん(夫)と行った所、全部!
メイおじさん(夫)と住んだ所、全部!

メイおばさんとメイおじさん
年々高齢になりますけれど
それでもまだまだ旅人です。
一か所に落ち着くことができません。

けれども
ありがたいことです。
それができるということは。


読んでくださってありがとうございます。
ランキングの方もどうぞよろしくお願い致します。       
       ↓
ライフスタイル ブログランキングへ
海外旅行 ブログランキングへ

―――――――――――――――――――
「メイおばさんの料理帖」はこちらです。
よろしかったらどうぞ覗いてみてくださいね。
1月26日:一日中アメリカン
1月20日:ピンク ピンク ピンク
http://blog.goo.ne.jp/mayobasan
コメント