アニチャイ!(中国アニメ事情)

中国(主に大陸)のアニメ・漫画業界に関する情報を収集。同人イベント、キャラクター、ゲーム、コスプレ事情まで。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

人気アニメ「宝貝女児好媽媽」が漫画化

2005-05-03 | アニメ・漫画
黄偉明が制作したアニメ「宝貝女児好媽媽」が、好評につき漫画化されることになった。漫画は漫友文化公司にて制作中で、2005年6月に始まる見通し。

アニメはこれまで北京、上海、広東等、35のテレビ局で放送され、上海のテレビ局では13.1%の高視聴率も記録している。

家庭や社会における日常の何気ない出来事を描いたファミリーコメディで、ゴールデンウィーク(労働節)等の祭日や、季節ごとの出来事も登場する。

同アニメのプロデュース会社:広州市素人広告有限公司(http://www.22dm.com/)
              珠海天娯影視制作有限公司
コメント (24)   トラックバック (5)

Tom.com主催でコスプレのネット投票、開催中

2005-05-02 | 展示会・イベント
完全ネット投票のみで決まる?コスプレコンテストが、Tom.comで3月28日から参加受付中。結果発表とネット投票は7月。音声部門ではアニメソングを編集したものや、アニメの音声を編集したものを応募することができる。国内有名サイトが開催する著作権全く無視のコンテスト、あっぱれ!しかしこれが中国同人産業の発展に繋がっていくと良いのだが。

既にサイト上では応募されたコスプレ作品を鑑賞可能。衣装全身が写っていなかったりして、縫製の出来はよくわからないが、カッコイイ写真を撮ろうとする気合は感じられる。このへんが凄く中国人らしい、と感じてしまうのは私だけ?


「TOMゲームチャンネル 第一回COSPLAYコンテスト」
参加受付期間:2005年3月28-6月26日
投票期間:2005年7月1-7月16日
参加&投票形式:Webサイト上から

賞品:20000元相当の賞品(コスプレサークル活動基金、PS2、GBA、MP3等)、その他テレビ出演の可能性もあり

部門:写真部門(jpg形式)、映像部門(AVI、RW、MV、MPEG形式で30分以内)、音声部門(WAV、MP3、RM形式で30分以内)。
   参加作品の数に制限はなし。

情報元:http://games.tom.com/zt/cos/
コメント

武漢でアニメ産業発展シンポ、3年後は1千億元産業

2005-05-02 | アニメ・漫画
武漢で行われた国産アニメの発表会兼シンポジウムで、国産アニメ産業再復興の話しがでたそうだ。単純計算で中国のアニメ産業は3年後には1千億元産業となるとのこと。確かにアニメを制作するだけなら簡単だが、利益を得るには良質のアニメ(つまり売れるアニメ)をどうやって大量に生産、維持していくかが課題となってくるはず。
良質のアニメを制作するには、良質のシナリオか原作が必要になってくるはずなので、まずはストーリーを作れる人材を育てる必要が出てくるだろう。国内アニメ系雑誌の読者アンケートなどでも、国産アニメの弱点について「ストーリーの幼稚さ、稚拙さ」を挙げる人も少なくないし。
それとも日本の漫画を原作としたアニメーションが大陸でも出てくるのだろうか?今でも香港や台湾では、日本の漫画を原作としたドラマや映画はあるけど。まあ、期待してまちましょう!

------------------------------------------
中国アニメ産業、3年後に「1000億元産業」

 湖北(こほく)省・武漢(ぶかん)市で5日、中国の国産TV
アニメーション「天下掉下個猪八戒(天から落ちてきた猪八戒
)」(全52話)のプレミア公開に合わせ、アニメ産業発展シン
ポジウムが開催された。中国では今、アニメ産業の振興に向け
て大きく動き出そうとしている。6日付で中国新聞社が伝えた


 中国は20世紀初頭よりアニメーションの制作に力を入れ始め
、1960年代には水墨画を利用した「水墨アニメ」で、61年のロ
カルノ国際映画祭短編部門で銀の帆賞を受賞。西遊記を題材に
取った「大閙天宮」は、世界のアニメ史にその名を刻む作品と
なった。

 しかし、かつてアニメ産業「強国」を自負していた中国はそ
の後、米国や日本、韓国にその地位を奪われていき、40年近く
にわたり不遇の時代が続いた。アニメーションが一つの文化と
いう位置付けから、巨大なキャパシティを持った新興産業とし
て見直されている現在、政府もアニメ産業の振興・発展を促進
する政策を策定。2005年を「国産アニメーション発展年」と位
置付けた。

 このシンポジウムでは、1年間に必要なTVアニメーションの
総放送時間は約28万分間だが、国内の制作会社全体の能力は、
年間2万分間が限界で、アニメ産業の振興を図るにはまず制作
能力の底上げが必要であるとの提言がなされた。省レベルでは
、すでにテレビ局が製作会社と連動して、企画・制作から放送
、版権管理まで一貫型経営を進めるなどの対策が始められてい
る。

 しかし、この目標を満たせば、残り25万分間の制作収入で毎
年37億5000万元、海外輸出で50億元、さらにグッズなどの商品
化などで112億5000万元、合計200億元の収入が見込まれると予
測。3年後には1日あたりの放送時間が5000分間、年間180万分
間に達し、中国のアニメ産業は1000億元規模に達するとして、
産業振興に向けた再認識が行われた。(編集担当:緒方隆次)

引用元サイト:http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20050207-00000000-scn-int
コメント (1)

京都精華大学、漫画の学術交流協定を上海電視大と中央美術学院と約束

2005-05-01 | アニメ・漫画
京都精華大学が、2005年に中国の大学と漫画の学術交流協定を結んだそうです。

2005年2月は中国・上海電視大学と、2005年5月は北京の中央美術学院城市設計学院と行うとのこと。
京都精華大学(http://www.kyoto-seika.ac.jp/)には芸術学部マンガ学科があるため。
2004年8月、9月には、同大学から教員を派遣してマンガに関する集中講義を上海電視大学で開いている。

情報元サイト:http://www.nikkei.co.jp/kansai/univ/24126.html
コメント   トラックバック (1)

ジェトロが海賊版撲滅のための「本物」シールを作成

2005-02-23 | 著作権問題
どんな特殊加工をしたマークなんでしょう。このマークもコピーされなければいいけど・・・。
----------------------------
ジェトロ、中国で海賊版撲滅へ本腰、証明マーク印刷など

FujiSankei Business i. 2005/2/16

 日本貿易振興機構(ジェトロ、東京都港区)は3月から、日系企業が中国で販売する音楽ソフトや出版物の著作権を保護する対策に乗り出す。

 音楽出版社協会や日本書籍出版協会など民間19団体と協力し、日系企業の著作権や商標権(ブランド)などを模倣した中国企業による「海賊版」撲滅を目指す。

 計画によると、ジェトロは日本のレコード会社やゲームメーカー、出版社など約2300社が参加する民間任意団体「コンテンツ海外流通促進機構(CODA)」と連携して、中国市場での海賊版撲滅運動を始める。

 具体的には、日系企業が中国でCDやDVD(デジタル多用途ディスク)、ゲームソフト、漫画、雑誌、玩具などを販売する場合、ジェトロが作成した「ジャパンブランド共通デザイン」を、“本物マーク”として各社の商品パッケージに印刷してもらうよう働きかける。

 CDならプラスチックケースの部分に、また漫画や雑誌なら表紙にこのマークを印刷してもらい、日本製品であることを客観的に証明する仕組みをつくる。

 その際、印刷コストは計画に参加する企業の自己負担となるが、ジェトロは「このまま何も対策を取らなければ、中国企業による海賊版がさらに大量に流通し、日系企業の販売機会損失など被害が広がる一方になる」(経済分析部知的財産課)と判断。海賊版撲滅に向けた新たな枠組みを立案した。

 こうした措置を講じることで、ジェトロはデザインが印刷されていない日本製品を中国で発見した場合、海賊版の疑いがある商品と判断。

 北京の工商行政管理局(特許庁に相当)や知識産権局(文化庁に相当)など中国の知的財産権を所管する政府機関に対し、早期摘発や販売中止措置などを要請する方針だ。

記事引用元:FujiSankei Business i.
引用元URL:http://www.business-i.jp/news/china-page/news/art-20050215203731-RUVLZSWIUD.nwc
コメント (7)   トラックバック (1)

クレヨンしんちゃん、中国で先に商標登録されていた!?

2005-02-23 | アニメ・漫画
中国で偽者グッズの代名詞のようなしんちゃん・・・。先に商標登録されていたなんて。
----------------------------
経済総合ニュース - 2月21日(月)17時17分

コピー商品登録で本物撤去 中国でしんちゃんグッズ


 上海市内の百貨店で販売されている「クレヨンしんちゃん」
の絵柄をコピーした靴=21日(共同)
 
 【上海21日共同】
 中国でも大人気の漫画「クレヨンしんちゃん」のキャラクター商品を出版元の双葉社が上海などで販売したところ、絵柄をコピーした商品が中国語名の「☆筆小新(クレヨンしんちゃん)」として既に商標登録されていたため、本物が「商標権侵害」として売り場から撤去させられていたことが21日分かった。
 同社は今年1月、コピー商品の商標登録取り消しを当局に請求。2002年に中国でコミック本の販売を始めた際、横行していた海賊版の締め出しに成功しており、「今回も粘り強く闘い、コピー商品を市場から締め出したい」としている。

(注)☆=鑞の金が虫
(共同通信) - 2月21日17時31分更新

引用元URL:http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20050221-00000136-kyodo-bus_all
コメント (3)

(上海 1/30-2/16)公益的な?無料アニメ・漫画展

2005-02-20 | 展示会・イベント
旧正月休みにあわせ、上海で無料のアニメ・漫画展が開かれた。西南文化芸術センターってどこだろう。調べてみた→ http://wh.xh.sh.cn/jcdw/xinan/index.htm (電話番号:021-54399226 住所:羅香路237号)

--------------------------------------
上海アニメ・漫画展 30日開幕

2005 -1 - 29 16:25
 今月30日から、上海西南文化芸術センターは初の「公益的なアニメ・漫画展」を開催する。これまでの展覧会と違い、今回の活動はチケットなど全ての料金をなくし、旧正月期間中も開いて2月16日に閉幕するという。

今回の公益アニメ・漫画活動を主催する西南文化芸術センターによると、上海のアニメ・漫画ブランドを作り上げ、地元アニメ・漫画の新作品の創作を促し、上海市のアニメ・漫画産業の発展を促進するため、同センターは新しく開通された上海カートーン衛星テレビと共に今回の活動を計画し、料金を取らないことにした。

(編集:楊 李)

引用元:東方ウェブサイト
引用元URL:http://jp.eastday.com/node2/node3/node16/userobject1ai14095.html
コメント (1)

「デスノート」の関連グッズが子供に悪影響?

2005-02-10 | アニメ・漫画
週刊少年ジャンプで連載されている「デスノート」の関連グッズ?(といってもコピー商品)が、中国の青少年に悪影響を及ぼしていると報じられてる。中国の記事にも、日本の記事にも、「相手を呪い殺せるノート」と書いてあるが、実際の漫画の中では、「呪い殺す」という記述はなかった気がするが・・・。ただの「死神が使う人間の寿命をとるためのノート」ということだったと思う。
-----------------------
2005年01月28日(金)
「死のノート」に賛否両論 中国、日本の漫画が発火点

 【北京28日共同】中国遼寧省瀋陽市の小中学生らの間で、名前を書くだけで相手をのろい殺せるという「死のノート」を描いた日本の漫画の影響を受けた遊びが流行、これを規制すべきかどうかで論争が起きている。

週刊少年ジャンプ(集英社)の連載漫画「デスノート」に登場する同名のノートによく似た商品を瀋陽の文具店が販売、子供たちが買い求める風景を地元紙が報じたことが議論のきっかけだ。

地元紙、遼瀋晩報などによると、ノートは数ページおきに「最初に死因を、後から名前を書けば相手は40秒後に死ぬ」などと、のろいのかけ方が書かれた黒いページが現れる。黒色の表紙には中国語でデスノートを意味する「死亡筆記」の文字が印刷されている。

(共同通信)
引用元URL:http://news.goo.ne.jp/news/kyodo/kokusai/20050128/20050128a3390.html
コメント (5)   トラックバック (1)

円谷プロ、中国版ウルトラマンを製作

2005-02-03 | 特撮
(2/2)円谷プロ、中国版「ウルトラヒーロー」を制作――中国人俳優を主人公に起用
 特撮テレビ番組「ウルトラマン」シリーズで知られる円谷プロダクション(東京・世田谷、円谷英明社長)は中国人俳優を主人公に起用した中国版「ウルトラヒーロー」を現地で制作する。早ければ年内にも中国のテレビ局で放送を始める。同社が中国で本格的なオリジナル番組を制作するのは初めてだ。

 中国版「ウルトラヒーロー」は出演者やスタッフの大半に中国人を起用し、中国の視聴者に親しんでもらいやすくする。登場人物は、ウルトラマン(キャラクター名未定)に変身する主演俳優を含めて全員が中国語で話す。舞台や人物設定も中国がベースとなる。

 昨年から中国で放送されている「ウルトラマンティガ」など、過去の番組では、日本で放送済みの番組を持ち込んで吹き替えていた。しかし、うまみの大きいキャラクタービジネスで成功するには、設定や出演者、言葉の面で中国オリジナルのキャラクター作りが必要と判断した。

 新番組の放送に向けて、中国企業と合弁会社を設立する。地元の有力企業と組むことによって、テレビ放送に向けた交渉を進めやすくする効果を期待している。この合弁会社を通じて、「ウルトラマン」以外に、中国発の全く新しいキャラクターを立ち上げる計画もある。番組で使う怪獣の着ぐるみを中国で制作する態勢も整えた。

 「ウルトラマン」をめぐっては、関連の商標権を地元企業に勝手に取得されたり、無許可の模倣品が出回ったりと、同社は中国で苦い経験をしている。今回のオリジナル番組制作の背景には、中国で新たなキャラクターを立ち上げることによって、模倣品が出る前にすばやく正規商品を発売するなど、著作権管理を強化するねらいもある。

 「ウルトラ」シリーズは長く子供向け特撮番組として人気を博したが、近年は徐々に視聴率が下がり、テレビ放映は2002年秋にいったん終了した。昨年10月からはTBS系で「ウルトラマンネクサス」の放送が始まったものの、東宝の映画「ゴジラ」が打ち切られるなど、特撮そのものの人気にかげりが出る中、同社は戦略の見直しを迫られていた。今回の「ウルトラマン」の「中国帰化」は、日本のコンテンツ制作会社が、少子化の進む日本市場を見切って、13億人の中国市場に新天地を見出そうとする動きともいえそうだ。

(ニュース編成部 重森泰平)

記事引用元:NIKKEI NET
引用元URL:http://www.nikkei.co.jp/china/news/20050202c1822000_02.html
コメント (1)   トラックバック (2)

「紅楼夢」の漫画が日本風?中国で批判も

2005-02-01 | アニメ・漫画
今更、中国の漫画を「日本のアニメの影響を受けすぎている」と指摘するのも遅い気がしますが・・・。でも露出過多なのは、中国で販売するには問題になるかもしれない。
そういえば、日本の漫画「三国志」は中国でも人気ですね。

======================

露出過多、日本アニメ風…漫画版「紅楼夢」中国で論議

論議を呼ぶ「紅楼夢」の漫画本=佐伯聡士撮影
【北京=佐伯聡士】清朝の乾隆年間に成立したとされる中国の長編小説「紅楼夢」
の漫画版が出版され、中国メディアから「青少年読者の想像力や理解力を損なう」
(国営新華社通信)などの批判を集めている。 漫画版「紅楼夢」は、原作12
0回分の内容を忠実に12冊に収めた。小中学生が主な読者層だが、現代的なタッ
チが異例だ。 今月13日に北京で開かれた出版式典では、出席したメディア関
係者から「登場人物の描き方が、日本のアニメや漫画のような、大きな目、長い
まつげで、流行にこびている」「肌の露出が多過ぎる」などの批判が出た。 そ
の一方で、張慶善・中国紅楼夢学会会長は「大胆な試み」と評価。出版元の中国
画報出版社は、「古来の物語に現代的な技法を結合させた」と胸を張っており、
売れ行きは上々という。

引用元:http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20050120-00000311-yom-int
コメント (9)

ウルトラマンの著作権侵害裁判、始まる

2005-02-01 | 特撮
ディズニーなんかも裁判やってるのかな。
-----------------------------
中国:ウルトラマン製品の著作権侵害裁判が開始
2005年01月31日 11時50分

著作権の署名権が侵害されたとして円谷プロダクションが北京のデパート「長安商場」を訴えた裁判が25日、北京市第一中級人民法院(地裁)で行われ、原告は7962元の損害賠償を求めた。

原告によれば、被告が販売するウルトラマンキャラクターを使用した製品のパッケージには著作権表示として、円谷プロの著作権を示す「(C)TSUBURAYA PRODUCTIONS」や「(C)TSUBURAYA PROD」ではなく、「(C)Tsuburaya Chaiyo」があり、原告の著作権署名権が侵害されたとしている。その上で製品の回収と廃棄、損害賠償を求めた。一方、被告側は「製品は合法的に仕入れた物。

また(C)TSUBURAYA PRODUCTIONSや(C)TSUBURAYA PRODは単なる著作権表示であり、中国著作権法で規定する署名権には当たらず、侵害行為はない」としている。
【市場報(人民日報主辧) 2005年01月28日】


「日本語翻訳記事の著作権は日本能率協会総合研究所に帰属します。」


記事引用元:日経BP社
引用元URL:http://nikkeibp.jp/wcs/leaf/CID/onair/biztech/biz/356742
コメント (6)   トラックバック (1)

キャラクター著作権に関する講座

2005-01-24 | アニメ・漫画
キャラクター著作権に関する講座が上海で開かれているようです。商品の著作権問題についてはWTO加盟後、中国国内でも盛んに取り上げられてた話題の一つです。

--------------------------------------
上海知識産権園でアニメ・漫画人物著作権授権業の高級な人材の養成訓練班開催

中国上海市「上海知識産権園」ホームページ2005年1月24日発表記事

同記事によると、知的所有権の仕事を強化し、著作権関連産業の発展を促進して、アニメ・漫画人物著作権授権業を育成且つ発展させるため、上海市の著作権局は2月下旬に「上海知識産権園」でアニメ・漫画人物著作権の授権業界高級人材の養成訓練班を開催する予定である。

国際的には、アニメ・漫画の映画、テレビ、書籍と雑誌の漫画人物の商品化に関わる主人公イメージの著作権の権利授与はすでに1000億ドルに近い規模の巨大な産業に発展してきた。ここ数年来、中国のアニメ・漫画文化も急速にブームになって、全国を風靡した。その中での多くの登場人物たちは人々に愛着をもたれている。従って、これは中国におけるアニメ・漫画人物著作権の授権業の発展に、その派生製品の価値を創造できる人物イメージ材料を大量に形成し、また累積してきた。故に上海市関連企業のため、貴重な発展のチャンスをも持ってきたと主催者が認識している。

しかし、中国で上述業界はまだ初歩段階であって、同産業の発展に必要な各種の人材は非常に欠乏している。今回、関連企業に該産業の現状と将来の発展性を理解し、また国内外の同業者の成功な発展パターンと管理経験を勉強してもらうため、市の著作権局は今回の非営利育成訓練活動の開催を決意した。

聴講生は同市のアニメ・漫画の製作、伝播、仲介、漫画派生製品の製作など関連企業の社員、人数は50名に限定。

講師は同市著作権局、国際アニメ・漫画人物著作権授権業協会、中国有名企業、例え「盛大網絡」の専門家を招く予定。

育成時間:2005年2月22日~2月24日。

翻訳  宇海(知財翻訳研究所 中国室)

記事引用元:Chizai Corporation(知財翻訳研究所)
引用元URL:http://www.chizai.jp/asiapt/20050202_1_JC.html
コメント

CCTVがネット上で、漫画、コスプレ、Flashコンテスト

2004-12-19 | アニメ・漫画
中国大陸でのオリジナル漫画作品の強化に向けて、CCTVがネット上でコンテストを開催する予定。イラスト部門、漫画部門、コスプレ部門、Flash部門、アニメ/漫画脚本部門からなり、それぞれプロ作品とアマ作品とで別々に審査が行われる。専門家やネット投票などの結果をもとに審査。応募期間は2004年9月20日から2005年3月10日まで。2005年6月にCCTVで授賞式の模様を放送する。

参加方法:
2004年10月15日より応募受付。
作品を電子データにしてwww.Socac.comのサイト上から送る。同時に原版のコピーと参加申請表を郵送する(郵送先:北京海淀区西三環中路17号新興賓館1階,中央電視動漫大塞(←土が貝になる字)組委会,郵便番号:100036)
参加申請表は www.CCTV.com か www.Socac.com からダウンロードできる。

詳しい内容(中文):http://www.socac.net/forum/template_0///extra/4.vm


翻訳元:http://www.southcn.com/cartoon/ctnews/dmbnews/200412150666.htm
コメント (3)

(広州1/1-3)元旦動漫狂歓節、入場は無料

2004-12-19 | 展示会・イベント
動漫前線という雑誌が主催するようだ。

開催期間:2005年1月1日—3日 9:00-18:00
会  場:广州市宝華路133号恒宝広場負二階(地下鉄一号線長寿路駅E出口)


主催単位:
《動漫前線》
冬日梦幻城
凱盛行

連合主催Webサイト:
网易動漫頻道

友情支持媒体:
南方動漫頻道
21CN遊戯頻道
QQ动漫頻道

承認単位:冬日梦幻城
共催単位:凱盛行

コスプレコンテストでは大賞は5000元。他に、アニメ・漫画グッズのオークションが1元より(日本製と書いてあるが本当か・・・?)。大陸産漫画の展示、クイズ等。

出展費用
企  業:500元/社
サークル:150-200元/組

連絡先
企業向け:13725108902 担当:謝(男)
イベントについての問い合わせ:020-83687446(81242135) 担当:張(女)


翻訳元:http://www.southcn.com/cartoon/ctnews/dmbnews/200412150666.htm
コメント

(上海1/27-31)新春動漫賀歳展

2004-12-19 | 展示会・イベント
暮れから春節にかけて、上海や広州ではイベントが目白押しですね。どのイベントもコスプレコンテストを中心に、サークル出展にも力をいれているっぽいです。
________________________


第二回“~~”杯 新春動漫賀歳展 (杯の名前はまだ決まっていない?)
“~~”杯 第1回全国COSPLAYコンテスト

★コスプレイヤー無料入場方法:コスプレイヤーの方は前もって、会場4階に設置された更衣室で着替えた後入場して下さい。

開催日:1月27日から1月31日
時 間:9:30から16:30
会 場:多倫路名人街 現代美術館1~5階
    多倫路動漫文化街(四川北路と虹口公園近く)
入場料:12元(団体割引あり)

主催単位:
上海市虹口文化局
上海紅蓮形象設計有限公司(紅蓮動漫)
上海画一動漫画図書有限公司

共催単位:
上海美錦商務咨詢有限公司
多倫路文化名人街管理委員会
上海粤海好時広告展覧有限公司
<新干線>動漫咨詢雑誌社 *雑誌「漫友」の出版社と同系列だったかな?
上海通博客動漫銷售网

専門掲示板:www.honglian.net
連絡先メールアドレス:hl_bobo@sohu.com
連絡先電話番号:021-65497166 13301760633 FAX:021-65383350

◆~~杯 夢幻コスプレ賞金コンテスト
 全国の優秀コスプレイヤーが上海に集い、全国の優秀コスプレイヤーを決める記念すべき第1回コンテスト。審査は、コスプレのビジュアルイメージ30%、衣装と道具40%、メイクと髪型30%、それに演出表現と芸に対する10%のポイント加算を含めた、総合成績によって判断。個人戦、サークル戦をそれぞれ別に開催。(優勝者は国際COSPLAY大会へ出場)

開催日:1月27日から1月31日
場 所:現代美術館 3階 T型舞台
申請期間:11月23日至1月23日 (AM 9:30 ? PM 16:30)
準備日:1月26日(AM 9:30 ? PM 16:30)

参加費:一人(一グループ)10元、大会参加者は会場への入場は無料
送金先 :郵便番号200093 延吉東路140弄8号701 紅蓮動漫 宛て
送金方法:出展費用は郵便送金にて支払う、その際必ず郵便局の送金表の「備注(備考)」欄にコスプレをするキャラクター名、連絡先の方の氏名と電話番号を書くこと


◆香港漫画家作品展(サイン本の販売あり)
李自清、馮志敏、司徒剣橋、何志文、永仁等の大物漫画家作品展。

◆全国コスプレ写真展&写真コンテスト
全国から応募されたコスプレ写真の展示。展示写真の中より、インターネットと会場投票の結果から各賞を決定。賞金あり。

◆全国同人サークル交流会
全国の120サークル(漫画、アニメ、コスプレ、ビジュアル系)の出展と交流。

◆日本、香港、台湾、シンガポールのアニメ・漫画関連の書籍、グッズの展示及び販売。

◆上海コスプレカラオケ大会
アニソン部門、ビジュアル系部門をそれぞれ開催。それぞれの歌に合わせた衣装を着て歌う。参加者全員に記念品をプレゼント。

開催日:1月27日から1月31日
場 所:現代美術館 3階 T型舞台
申請期間:11月23日至1月23日 (AM 9:30 ? PM 16:30)
準備日:1月26日(AM 9:30 ? PM 16:30)

参加費:1曲10元、大会参加者は会場への入場は無料
送金先 :郵便番号200093 延吉東路140弄8号701 紅蓮動漫 宛て
送金方法:出展費用は郵便送金にて支払う、その際必ず郵便局の送金表の「備注(備考)」欄に曲名、連絡先の方の氏名と電話番号を書くこと

注意!カラオケの曲は各自持参。


◆コスプレ衣装、道具展示交流会
上海、香港、広州等の有名コスプレ制作グループが出展。

◆コスプレ映像展
「COSPLAY新視覚」等の協力により、特別に制作したMTV、電子写真アルバム、ビジュアル効果等。

◆コスプレ撮影スペース(レフ板の貸し出しあり)
アニメ・漫画の世界をイメージした撮影スペースを無料で提供。


<特別イベント>
◇コスプレダンパ
イベントの最終日の夜はダンスパーティーがあり、主催単位からドリンク提供あり、また各種ゲームも開催。

◇ネットゲーム特別展
ネットゲーム会社による特別スペースを設け、舞台ではゲーム系コスプレイヤーを応援する企画あり。

◇抽選会
イベント参加者は無料で抽選会に参加できる。

*その他協賛会社の要望により、イベント内容が増える可能性あり。

________

サークル参加方法:

出展費用:120人民元
申請期間:2004年11月23日から2005年1月24日まで(AM 9:30 ? PM 16:30)
送金先 :郵便番号200093 延吉東路140弄8号701 紅蓮動漫 宛て
送金方法:出展費用は郵便送金にて支払う、その際必ず郵便局の送金表の「備注(備考)」欄にサークル名、連絡先の方の氏名と電話番号を書くこと

出展準備日:1月26日(AM 9:30 ? PM 16:30)

主催者側からは、机1つ、椅子2つ、展示用プレート2枚を提供。
展示用プレートは壊さないようご注意下さい。
出展サークルにはイベント入場券10枚をプレゼント。

________
国内メディアへの宣伝予定(一部分)

Webサイト:
活動専題网、上海熱線、南方网、新浪网、通博客(中国)動漫銷售网、その他の動漫COSPLAY専門サイト

テレビ局:
上海電視台、東方電視台、教育電視台

雑誌:
<COSPLAY新視覚〉、〈漫友〉、〈新干線〉、〈動漫時代〉、〈上海電視〉 新聞:
〈申江服務導報〉、〈新民晩報〉、〈完全生活手册〉、〈娯楽周刊〉、〈上海星期三〉

ラジオ局:交通音楽台

メディアへの発表:記者会見を1,2回開催予定

その他:動漫聚会点海報宣伝、動漫愛好者信件群発


翻訳元:http://www.townbook.net/exhibition/Exhibition.asp
コメント