雑感 独り善がり

日々の思いや怒りを自分勝手な考えで綴る

熱射病で児童が亡くなった件、謝って済む話じゃない

2018-07-21 18:08:06 | 社会
今週はとても忙しくて、書きたいことは色々有ったのだけれど、今頃です。

先ずは愛知県豊田市の小学校1年生の児童が熱射病で亡くなった件。
ひどいよね・・・。知らせを受けた親御さんの気持ちはどんなだろう。
”えっ!?学校で?授業中に?何で?一体どうして?何があったと言うの?”ってなるよ、きっと。
こんなクソ暑い中を、わざわざ散歩ですか・・・。

1年生と言えば、幼稚園児や保育園児と大して変わらない。児童と言ってもまだ幼児に近い場合もある。
そんな幼い子を何で炎天下に外へ連れ出す必要があったのか分からない。
”しんどい・・”と言っていたそうだ。それが最初の兆候。
その段階でさっさと手を打って対処対応をしなければならなかった。
小学1年生なんて、自分で自分の状況判断なんて出来ないよ。
そしてアッと言う間に急変する。
だから初動対応がマズいと言われても仕方ないかな・・・。
親は学校へ行っているとなると、安心して預けていることだろう。
なのに亡くなりました、熱射病で・・・は、無いだろと思う。

学校は教育者は、それぞれの家庭の大事なお子さんを預かっているんだよ。
私はそもそもが学校で、それも義務教育と言う誰もが行かなくてはならない義務を負っている小学校や中学校で
”いじめ”があることだって許せない。
義務教育はその名の通り”義務”だ。義務で行かなくてはならない学校で”いじめ”?。
それって、国や地方の行政や教育委員会や学校のせいだと思うよ。
そんなの許すなんて国の責任だと思うよ。選べないのだから。行かないと言う選択肢は無いのだから。
いじめられてる子は学校行きたくないよ。

勉強も遊びも友だちとの付き合いも、全部含めて学校生活。
その学校生活をひっくるめて見守る義務が、先生には学校側にはあるんじゃないのかな。
”おはよう”と登校して来て、”さようなら”と下校するまでの色んな意味での安全確保は学校の責任だ。

それと同じで、義務教育の現場で子どもが犠牲になるってことは、預かる側の全責任だと思うが。
何とお詫びするんだろうね。でも詫びたって謝ったって、子供は返らない。
私だったら怒り狂って訴えるわ。



ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« モンテ・クリスト伯読み終え... | トップ | JR京都駅、在来線は西日本。... »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

社会」カテゴリの最新記事