現代医学的鍼灸治療

針灸師と鍼灸ファンの医師に、現代医学的知見に基づいた鍼灸治療の方法を説明する。
(背景写真は、国立市「大学通り」です)

腕神経叢刺激点としての天鼎・肩中兪 

2006-06-09 | 頸腕症状

1.腕神経叢刺激点
 
腕神経叢はC5~Th1神経前枝からなる。ここから分かれる枝は、主として上肢全般の運動と知覚を支配する。腕神経叢を刺激するには、肩中兪穴と中国式の天鼎が妥当である。東洋療法学校協会編の経絡経穴学教科書の示す天鼎の位置は、古典的に忠実かもしれないが、腕神経叢刺激点としては不適当である。

 中国流天鼎は、腕神経叢の直接刺激点である。それと同じ高さで背中に位置するのが肩中兪である。肩中兪から深刺すると間接的に腕神経叢を刺激することができる。すなわち腕神経叢を前から攻めるのが天鼎、後ろから攻めるのが肩中兪だといえる。

1)天鼎穴の取穴

学校協会:扶突(喉頭隆起の外方で胸鎖乳突筋中に扶突をとり、その後下方、胸鎖 乳突筋の後縁。

中国流:甲状軟骨と胸鎖関節の中点の高さで、胸鎖乳突筋後縁から下方1寸。

2)肩中兪の取穴


実際的には座位で、C7棘突起の外方1寸にとる。(正しくは外方2寸だが深刺すると気胸を起こすことがあるため)


2.肩関節痛と腕神経叢の枝
 
肩関節痛に関係ある神経は、腋窩神経と肩甲上神経なので、神経ブロック的には腋窩神経刺激点として肩貞穴、肩甲上神経刺激点としては秉風や天宗をとる。

※具体的には、肩関節痛のブログ参照のこと


3.上肢症状と腕神経叢の枝


頸腕症候群で、頸部痛単独では頸部軟部組織障害を考えて、頸部筋に対して施術することが多い。頸部痛に上肢症状が加われば神経根症状を疑い、この考察の裏付けのために腕神経叢の反応点として天鼎の圧痛を診る。圧痛があれば神経根症の疑いが強くなる。

 
もっとも神経根症との診断はできても、神経根症をもたらした原因が頸椎椎間板ヘルニアであれば、天鼎刺針しても本質的解決にはならず、施術効果は一過性にとどまることが多い。

 ヘルニアで頸部痛に加え、上肢症状が非常に強ければ、手術しかないが、症状が弱いものであれば針灸よりも、食事とトイレ以外は横になっているという程度の「徹底した安静」が推奨できる。安静には局所浮腫をとるという意味がある。神経自体の浮腫が減れば、体積が減ずるので圧迫の程度も減少するからである。


コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 頸神経叢刺激点としての天窓 | トップ | 頭針法なるもの »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿