天使のささやき-真実への扉

あなたの中の”もうひとりの自分”。 その内なる声にしたがって生きれば、心の確かな平安が実現します。

健康と財産

2017-08-31 08:00:44 | 人生

ある程度の

健康や

財産は

真理を

悟る

ための

一つの

条件

です。

したがって、

あなたは

真理を

悟る

ために

健康や

財産を

維持する

のであって、

食べたり

遊んだり

するため

では

ありません。

もし、

健康にも

財産にも

恵まれない

人が

いて、

真理を

悟ることが

できないなら、

そういう

人びとの

代わりに

自分が

悟る、

という

決意が

必要です。

もし、

あなたが

子の

親であり、

親の

子で

あったら

そうするに

違い

ありません。

 

 

 


終着駅

2017-08-30 08:00:50 | 真理

人は

この世に

生まれた

瞬間から

死に

向かって

歩き出す

のです。

いわば

死という

名前の

執着駅

への

片道切符を

手渡される

のです。

途中の

はかない

楽しみや

喜びも

単なる

気晴らしに

過ぎません。

終着駅に

つ いてから

また

乗り換えて

次の

終着駅に

向かって

いく

だけです。

でも、

どんな

電車に

乗り換えようと、

どんな

土地に

運ばれようと、

すべては

自分の

心が

生み出した

幻想、

幻覚に

過ぎない

ことを

知っていれば

恐れる

ことは

ありません。

夢を

旅するだけの

ことです。


負債なき人生

2017-08-29 08:00:01 | 人生

生きとし

生けるもの

すべてが

姿や

形を

変えて

生まれ変わり

死に変わり

しています。

死んだら

生まれ、

生まれたら

また死ぬ。

生と死は

表と裏の

関係

です。

死は

無では

ありません。

その意味で

生きとし

生けるものに

無という

意味での

死は

ありません。

生き通し

です。

今の

生き方は

未来永劫に

影響を

及ぼします。

今世で

作った

借金は

来世で

返さなくては

なりません。

負債を

作らない

生き方を

求める

べきです。

 


ヴァーチャル・リアリティ

2017-08-28 00:00:01 | 世界

いま

あなたが

見ている

花は

あなたの

目と

脳が

認識した

花の像

です。

それは

あくまでも

虚像で

あって、

実像では

ありません。

カメラで

写し取った

花の画像が

花そのもの

ではない

のと

同じ理屈

です。

つまり、

五官で

とらえた

世界は

あなたの

脳内の

世界で

あって、

すべて

”虚”(ヴァーチャル)

です。

それは

”実”(リアル)

ではありません。

「現実、現実」

と呼んでいる

ものは

「”虚”の現実」

すなわち

ヴァーチャル・リアリティ

です。

人生も

世界も、

そして

地球も

宇宙も

あなたが

作り上げた

ヴァーチャル・リアリティ

なのです。


ご先祖からいただいた”いのち”とは

2017-08-27 08:00:39 | 人間

一人の

人間には

無数の

先祖が

います。

それで

「先祖から

いただいた

私たちの

”いのち”」

という

言い方を

します。

でも、

その”いのち”

とは、

人間としての

生物学的な

肉体を

意味する

だけで、

あなたに

”いのち”を

与えた

生みの

親は

あなた自身の

カルマ

です。

もし

あなたの

前世や

来世が

動物だとしたら、

あなたの

先祖は

動物です。

やはり

あなたに

動物として

”いのち”を

与えた

親は

あなたの

カルマ

です。

人間

であろうが

動物

であろうが、

先祖が

同じなのに

生まれてから

たどる

道、

”いのち”の

あり様が

違うのは

それぞれの

カルマが

違うから

です。

 


世界に向き合う

2017-08-26 08:00:28 | 世界

あなたの

心の

外に

人生が

ある、

わけでは

ありません。

あなたの

心の

外に

世界が

ある、

わけでも

ないのです。

人生も

世界も

あなたの

感覚や

感情や

思考や

言葉で

出来上がって

います。

あなたが

人生や

世界に

向き合う

という

ことは

あなた自身に

向き合う

ということ

です。


与え合いと奪い合い

2017-08-25 08:00:07 | 人生

天国も

地獄も

人の

思いや

ことばや

行いの

在り方

次第

です。

与え合えば

天国、

奪い合えば

地獄

です。

家族や

友人の

間でも、

与え合えば

幸福に

なり、

奪い合えば

不幸に

なります。

ひいては

民族や

国家の

間でも、

与え合えば

平和に

なり、

奪い合えば

戦争に

なります。

幸福と不幸、

平和と戦争、

難しく

考える

必要など

ありません。

 


人の生き方は人の数ほどある

2017-08-24 08:00:04 | 人生

人間の

生き方は

さまざまです。

人間の

数と

同じだけの

生き方が

あります。

でも、

大事な

生き方は

一つ

だけです。

生涯を

現役で

生きようが、

生涯を

病床で

生きようが、

有名で、

あろうが、

無名で

あろうが、

成功

しようが、

失敗

しようが、

その人が

どれだけ

心を

執着や

煩悩から

離れて

エゴを

脱却

したか、どうか、

です。

それが

できなければ、

死んで

苦しい

輪廻を

生き始めなければ

なりません。


生物の実相

2017-08-23 08:00:15 | 世界

台風や

地震などの

天災で

多くの

人間が

亡くなって

いきます。

そうした

人間の

他にも

数えきれない

ほどの

動物や

鳥や

昆虫などの

生物も

死んで

いくのです。

生きとし

生けるものが

入れ替わり

立ち替わり

人間や

動物や

その他の

生物に

生まれ変わり

死に変わり

している。

これが

生物の実相

です。

命あるもの

輪廻の

すがた

なのです。

もし、

人間の死を

悼むならば、

そういった

人間以外の

生命の死をも

悼むべき

でしょう。


色めがね

2017-08-22 08:00:44 | 人間

人間は

みんな

主観

という

”色めがね”を

かけて

人生を

生きて

います。

その

主観は

最終的には

自己保存の

欲求に

基づいて

います。

個人の

幸福も

不幸も

この欲求が

満たされるか

どうか、

です。

この出発点を

お互いが

深く

認識し

理解しない

限り

人間同士の

争いは

静まることは

ありません。

心安らかな

人生を

送ることは

できません。