angel's bubble... Dialy

日々の泡のような出来事を写真とともに綴った、お散歩から旅行までブログ♪

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

至仏山に登山(2228M)

2011-09-24 | 登山
今日は、朝4時半出発! 至仏山に登山に行ってきました。


ここが、尾瀬への入り口、鳩待峠です。木道を歩いて、山ノ鼻まで向かいます。

途中、左手に登ろうとしている至仏山が見えました。

1時間ほどで山ノ鼻に到着。


ここから至仏山へのアプローチが始まります。

最初は石の道がずっと続き、雨水もたまっていてかなり歩きにくい。

やっと少し登ったところから、尾瀬ヶ原が望めました。

岩の険しい道がしばらく続きます。途中は鎖場もあったりして、かなり体力を消耗。

いったい頂上はまだかいな~(-_-;)と、バテテきました。下を見るのが怖いぐらい段々斜面も急に;いつまでこの道は続くのでしょう。

また途中で登っているのを後悔したくなるくらい本当に辛くなってきました。戻るのもつらいし、前に進むしかありません。
やっと岩の道がひと段落すると景色が開け、木道が登場。岩場よりは歩きやすいけれど、足がガクガクしてきました。
ここからがまた、頂上までとっても長い道のりでした。

やっとの思いで、山頂!!2228M。約4時間の道のりでした。
ここで急ぎ足の昼食をカップ麺をいただきました。


さて、そろそろ下山です。最終バスは5時10分に出発してしまうので急がなくては。

オヤマ沢田代を経由して、向こうに見える尾根を歩き、また鳩待峠を目指します。

なんて綺麗な景色~。空気も澄んでいてとても気持ちがよかったです。







急ぎ足で下山して、なんとかぎりぎり4時40分に鳩待峠に到着。一安心です。

夜はBBQで乾杯~★ 今日も無事に下山出来て本当によかった。



山荘にいたカワイイゴールデンリトリバー。長生きのおばあちゃんだそうで、の~んびりとしていました。




翌朝、帰り道にあった金子屋さんという街道沿いのお店にて。
色鮮やかなかぼちゃと、赤い実に惹かれて立ち寄りました。
 
インテリアにも素敵♪この赤い実。
尋ねると、トマトでもなく、赤茄子という食べられない鑑賞用のものだそうで、おじいさんが丁寧に干していました。
東京からお花屋さんも買いに来るんだよ~とおっしゃっていました。
 
おばあさんが丁寧に焼いていた焼きトウモロコシをちょっといただくことに。
甘くてとっても美味しかったぁ~。


おじいさんの笑顔と、おばあさんの優しさに触れて、ほっこりした気分で帰路につきました。
二人三脚、素敵なご夫婦でした。
 



Comment

北アルプスの女王 燕岳(2763m)登頂!

2011-08-27 | 登山
今日は、北アルプスの女王 燕岳(2763m)に挑戦です。

ここからが登山開始。中房温泉登山口。ちょっと遅い11時登山開始。


ここは三大急登と言われるそうで、いきなりの急な登り。
ずっと急な登りが続きます。息が切れてサクサク登れません;


かなり登りにくく、歩きにくい道がずっと続きます。もうバテそう;
 


第1-3ベンチ。富士見ベンチ。
気が遠くなりそうなほど歩いて、ようやっと14:30すぎに合戦小屋まで7分との看板。


15時にようやっと合戦小屋に到着。ここでは、すいかが名物だそうで皆スイカをほうばっていました。


ここからが、ラストスパート?燕山荘へのアプローチが。
ちょっと休んでホッとしました。


可愛らしいお花が沢山♪


これは花火みたい。


これは、”ウサギギク”というお花らしいです。小さなヒマワリみたいでカワイイ♪

これはなんていうお花でしょう?色がとても綺麗♪
こういう可愛らしいお花が咲いていたから写真を撮って楽しんで登れた気がします。


このあとは、さらにキツイ登りが待ち構えていて、本当にくたくた・・・

鎖場もありましたが、そんなに怖くなかった。疲れてふらふらしてるほうが危険; 


もう本当に山荘はマダかいなぁ~と半べそで歩いてようやっと、はるか彼方に本日のお宿、燕山荘が見えました。
これが見えたときは、とても感動しました。まるで”天空の城”!
あそこまで歩けばやっと休めるんだぁ~と、最後の力を振り絞って足を前に進めました。


右下はもう滑落したら崖です><;


あともう一息です。。。


着いたぁ~~~~~!!!ぎりぎり17時到着!約5時間の登山でした。もう山は夕暮れ。ちょっと霧が巻いてます;


ご褒美にケーキセット♪(珈琲とチーズケーキ:お店のお兄さんがオススメしてくれました^^)
こんな山の頂上でケーキがあるなんて!!本当に感激でした♪しかも、とっても美味しい♪


なんて綺麗な景色~~!と~っても辛かったけど、登ってきてよかった~。
これぞ登らないと見れない格別な景色だなぁとしみじみ思いました。(でも今までで一番辛かった;そして今までで一番良かった!)


18:45.今晩の夕飯。このハンバーグがなかなかのお味♪デザートまであるし(嬉)
山小屋の料理とは思えない、とても美味しいご飯でした。


夕食後は、年に一度だけ開催されるという「バイオリンやチェロなどのクラッシックコンサート」を見ることができました。
富士山の次週だったけど、これを見てみたくて意を決して登ってきました。
このコンサートを聞くために400人も宿泊しているそうです。

山頂でクラッシックコンサートが聞けるなんて・・・とても感動しました。
最後は、”川の流れるように”とか”早春賦”とかを皆で合唱。
老若男女集まるこの山小屋は、温かく平和な空気に包まれて、本当に感動しました。
一年前は正直、山登りなんてこれっぽっちも興味もなかったのに、こういう世界もあるんだぁ~って心が温かくなりました。
おまけに、山荘オーナーのアルプホルンも聞けました。


さて、相変わらず山小屋一睡もできない私は苦悩のまま朝を迎え(笑)朝の4時起き;
霧が立ち込めるお花畑がたまらなく幻想的です~。
 


霧が多すぎるのでご来光は残念ながら・・・><朝食!

・・・と、食べていたら、太陽が出てきたよ~といわれ、慌てて外へ。5:23


うまれて初めて、感動のご来光と雲海が見れました!!願いが叶った~><!

テント泊の人達も同じ景色をみていることでしょう~。最高の景色!!!


その後、燕岳山頂を目指し、約40分歩きました。


足元は白砂でとても綺麗です。まさに天空の特別な場所といった感のあるアプローチ。


奇怪な岩が沢山。



ここが本当の山頂!!ここはちょっと怖かった;高くて。

向こうに見えるは立山連峰。


右上にとんがっている山は槍ヶ岳。

こんなところから降りている人が@@;ここフラットな岩ですよ;怖すぎる;

いるか岩。


これが、コマクサですね。ひっそりと咲いていました。



一年の登山を締めくくるにふさわしい、本当に素晴らしい登山でした。
燕岳は女王の名に相応しい気品ある山だなぁと思いました。無事来た道を辿り、下山しました。(3時間)



Comment

富士登山へいざ!

2011-08-20 | 登山
今日は朝、4時起きしていざ富士登山へ!
数日前からお天気を心配していたけれど、やはりあいにくの曇り。
雨は確実という感じだけれど、わずかな奇跡の期待を胸に・・・。

須走口5合目に到着、菊屋茶屋で1時間ほど高度に体を慣らし登山開始。(標高2000m)


初めは岩場が多く、こんな道を歩きます。しばらくすると視界も開けて斜面の道に。
それでも霧が巻いて、時折ぱらぱらと雨に降られます。


綺麗な薄いピンクのお花など、少し樹林帯が最初はあって楽しめました。


通常の1.5倍の時間が掛かりましたが、まずランチ休憩の6合目に到着。このままお天気がもってくれればいいなぁ。


おうどんを注文!800円なり。元気が出たところでまた出発。


次の瀬戸館が上のほうに見えますが、なかなか近そうに見えて到達しません。


ようやっと息も絶え絶えに今宵のお宿、”太陽館”に到着。(標高2920m)


初めての山小屋。着いて寝床を案内されてすぐ夕飯でした。お味噌汁が体に染み入ります~。(5時)
 

雑魚寝で屋根裏の3階が私の寝床。かなり真っ暗です。
メイクはどうしたら?と思っていたけれど、深夜12時にはまた出発なので、暗いし落としたりなんてしている暇も余裕もありません。
皆、着替えもほとんどせずそのままの格好で寝袋で寝るのが山は当たり前だそうで、知らないことが沢山。
ここは郷に入れば郷に従います~。
おトイレが思っていたより綺麗でホッとしました。
初めは修学旅行気分みたい~とわくわくしていたけれど、山の就寝は早い。6時にはみんな寝る体制。
疲れているのにどういうわけかちっとも眠れません。色々なところからイビキのハーモニーが・・・(笑)
辺りが寝静まり、きっとこの山小屋で眠れないで起きているのは私だけかも、と思うほどに、
隣の食堂の話し声とか、耳栓をしても耳に入って気になって・・・
これは雨の音、と思おうとしても結局一睡もできませんでした><;


なんだか、頭もくらくら痛くなってきている気がする・・・寝不足だからかしら・・・12時の出発まで、あと2時間。
困った私は、トイレに起きて小屋の入り口のほうに行ったら、ほかのパーティの人達にそれは高山病だよと言われ、
そのパーティの人に”風船療法”と”腹式呼吸”を伝授してもらいました。
皆で風船を膨らまして、呼吸を整えるんです。その甲斐あってか、少し気分がよくなりました。
白い風船をくれた少年、ありがとう!

深夜12時。
外は豪雨の中、ヘッドライトの明かりを頼りに、山頂に向けて出発。
高山病は回復したかに思えたのですが、少し歩くだけで息が苦しく、またダウンとレインウェアを着ているにも関わらず
寒さが登るごとに身にこたえ、雨足も強くなってきてしまいました。
無理は一番禁物、山は逃げません。悪天候なため視界も悪く初心者にとってもとても危険です。
本七合目(標高3200m)まで到着したところで、半分のメンバーは山頂にむけ、私はあえなく下山をすることにしました。
この日の気温はマイナス6度近くとのこと。
夕方から勢いで登ってきたという薄着をした若いカップルがぶるぶる震えていたり・・・本当に色々な人と出会いました。

泊まっていた太陽館まで下山し、休憩して朝食を食べてから外に出た景色。
ご来光が見れなかったせめてものご褒美みたいな素晴らしい雲海が見えました。


この先は、初めての砂走り。すっごく歩きにくいものでした(笑)が、楽しい道でした。
 

山の天気は本当に変わりやすいものです。下山していても霧に巻かれ、先が見えない。


やっと昼頃、もとの菊屋茶屋まで下山。お疲れ様でした~


日本一の山は、天候と体力、運も味方につけなくては制覇できないものなんだな、と改めて感じました。
ご来光が見たかったので本当に残念でしたが、よい経験を沢山したと思います。本当にありがとうございました。
次回またチャレンジしたいなと思いました。
Comments (2)

悪名高き谷川岳はトマの耳まで

2011-08-07 | 登山
今日は、悪名高き谷川岳登山に行ってきました。
といっても行きも帰りもロープウェーを使ってまたまた楽ちん登山でしたが^^;


土合口駅からロープウェーで天神峠まで行き、ここから登山開始です。ここで1500m。


天神尾根を経由して、向こうに見える山まで目指します。コースタイムは2.5-3時間・・・とあるけど、おそらく+1.5時間かしら^^;


まず初めの鎖場。


景色はとても綺麗!!熊穴沢避難小屋まで樹林帯をずっと歩きます。

結構傾斜もあって怖いところもありました。
 

頂上はもうすぐ、のように見えて、なかなかたどり着きません;
やっぱり私は登りがと~~~~っても苦手。
息が切れるし、登って2時間くらいは「登山なんてなんでしてるんだろ~。苦しいし、もうやだ。」っていっつも思います。
途中で自分だけ待っていようかと思うほど。
でも、頂上まで行ってしまうと、下山するころには下りたくなくなるほど歩いていたくなってしまう・・・
なんなんでしょう、この気分は。


途中のお花たちが結構和ませてくれます。
 

そうこうしているうちに、なんだか雲行きが怪しくなってきました。


ザンゲ岩で、下界での色々をザンゲ?++;(笑)


あっという間に、辺りは霧が巻いて、行く手が見えなくなってしまいました。
とても怖い雰囲気だけれど、やっぱり私はとても綺麗・・・と思ってしまう;
 

14時、トマの耳山頂。やっとの思いで山頂に着くも、なぁ~んにも見えません。
ここから、オキの耳まで行こうとしていましたが、17時のロープウェイに間に合わなくなるので、あえなく下山。
ついてないけど、なんだか満足でした。


分岐の看板。かなり傾斜が急なほうと、来た道。なんだか天国と地獄の看板のよう。
一の倉岳というほうは、滑落死亡事故多発地帯なようです。。。怖い;


気が付くと霧も晴れ、また青空が戻り、下山です。ここも結構急で怖かった。
この日は、前々日にヒールを履いて靴ヅレをして痛いのに、バンドエイド3重にして頑張りました。


15時ごろに、熊穴沢避難小屋に到着。雨がやや強く降ってきたので、レインウェアやザックカバーを装着。
アジサイや不思議な高山植物。
  

14:10.やっと下山して、ロープウェイ乗り場の天神平駅です。
約7キロ。なんだかんだ5時間の歩行でした。
でも、なかなか痩せないのが残念^^;
再来週は、富士山だ!頑張ろう! 



Comment

ビストロ間

2011-08-04 | 登山
今日は、友人に以前おススメいただいた”ビストロ間(間)”@恵比寿にてディナーをいただきました。
お店は、入り口がちょっとわかりにくい感じ?

アミューズ
フォアグラとマンゴのプティキャンディ

カラメルでコーティングしてあって、のっけからデザートみたい♪マンゴーがとろける美味しさ。

前菜
Aidaスペシャリテ 色とりどりのパフェスタイル トウモロコシと枝豆をテーマに

本当にお野菜のパフェみたいでカワイイです♪

二つ目の前菜
豊津産スズキと鱧のグリエ 冬瓜のガスパッチョと赤じぞのジュレ


自家製パン


厳選野菜のタジン鍋スタイル


メインディッシュ は選べるので、これにしてみました。
網脂で包まれた仔羊のロース肉のポワレ ジュのソースで(+500円)

盛り付けがオシャレ♪

くずし
九州産地鶏の希少部位を使った長芋と茄子のご飯 Aidaスタイル


デザート
赤桃のスフレグラスと白桃のコンポートをココナッツのソルベとともに with Coffee


予約が8月にならないと取れないということで大人気の様子だったけれど、お店に行ってみると結構余裕があって・・・^^;
カウンターではなく、奥の席でゆっくりとお食事したかったなぁ・・・というのがちょっと残念なポイント。
常連さんにならないと席には通してくれないのかな?

でも、楽しくおしゃべりができたのでよかった^^
楽しいひとときでした。
Comment

Which road should I chose?

2011-07-31 | 登山
どっちの道をいこう 迷う時がある

街路樹のある道を行けば 
色々なお店があって楽しいかもしれないし カフェで一休みできるかもしれない

住宅街の道を行けば 
花壇の可憐な花に目がいくかもしれないし 散歩するおばあさんと言葉を交わせるかもしれない 

違うドラマが待っているはず
どっちの道を選んでも 自分で選んだことだから

Comment

アイシングでお絵描きマカロン

2011-07-27 | 登山
今日はマカロンを作りました。
アイシングで絵を描くのに夢中になり、あっという間に夕飯の時間に。
動物をかいてみました^^
あまった生地で、ちびマカロン♪
 
Comment

御岳山~日の出山縦走

2011-07-23 | 登山
今日はお昼に待ち合わせして、中央線~青梅線と揺られ、御岳山~日の出山縦走に行ってきました。
最初は御岳山とロックガーデンだけのつもりで出たのですが、やっぱり最後はさっぱりとして帰りたいがため、温泉を経由出来る日の出山縦走に変更。

御嶽駅に到着して、路線バスに揺られること10分でケーブルカーのある滝本駅へ。
そこからケーブルカーで御岳山駅まで約6分。


簡単に御岳山の見晴らしのよいところに(笑)
対照的なカップルがいて、ちょっとぱしゃり^^;
 

とはいえ、そこから更にリフトで上に。少し歩いて御嶽神社に登ると本当によい景色でした。
  

  

そんなかなりゆるゆるな計画登山^^; だったので、途中はちょっとペースを上げて休憩は少なめに歩きました。
途中、山百合がとても綺麗でした。
 

これはなんていう植物でしょう?三つ編みのようになっていて不思議でした。


山には可愛らしい植物が沢山。。。
   

日の出山山頂からの景色。遠くに東京の高層ビル群が見えて不思議な気分でした。
  

6時半に何とかつるつる温泉に到着。
さっぱりして、また路線バスに揺られ武蔵五日市駅へ。このバスがとっても可愛かった♪温泉街のバスみたい。
 

お腹が空いて、駅前でやっと開いていた赤提灯の明かりに誘われ、焼き鳥を~。
炭火焼でアットホームなお店で美味しかったです。
外ではその息子たちがジュースで宴会をしていました(笑)カワイイなぁ~♪(写真がブレブレ;)
  

気が付いたらもう、11時近い…
ついついのんびりしてしまいました。
御岳山、近くて楽しいのでまた行きたいなぁ~♪
Comment