砂漠の井戸

メラノーマ治療の備忘録

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

もうすぐ4年経ちます。

2016年08月12日 | 定期検査

 

千日紅は文字通りドライフラワーにすると千日経っても色褪せないとか。

思えば…
悪性黒色腫との告知を受け、後日リンパに転移が発覚した時は余命は長くて3年くらいかな…
と覚悟しました。悲観的になっていた僕は入院中毎週末に見舞いに来てくれた親友に、「あと10年は生きたかったよ。せめて5年だけでも…」
と弱音を吐いて彼を困らせたものでした。情けない自分を忘れてくれているといいのですが、きっと鮮明に覚えていることでしょう(恥ずかしや)

現在、2ヶ月に一度フェロンを続けながら半年に一回CTなどの画像診断を受けています。
お陰様で先日受けた治療開始から3年10ヶ月程度経過した時点でのPET検査でも特に問題はありませんでした。

千日紅の様にはいかず、色褪せないどころか加齢のせいもあり随分とヘタレになってしまいましたが何とか千三百日以上生きています。後遺症の辛さは相変わらずですが、この分でいくともし転移したとしても神様に命乞いした5年は何とか生きていられそうです。
勿論、無事健康で5年クリアしたいと願っているのは言うまでもありませんよ!

元気で5年をクリアできるように、千日紅のように少しでも長く咲き続けられるよう少し摂生に努めないとマズイかなと最近感じます。
少しづつでも身体を動かすことを日課にしようと思うのですが、なかなかね…。






 


コメント (3)   この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« 3年4ヶ月(定期検査) | トップ | 胃粘膜下腫瘍 »
最新の画像もっと見る

3 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (ichi)
2017-08-21 11:18:09
頸部リンパ節郭清でたどり着いて拝見しました。今年6月に頬の腫瘍が悪性黒色腫と診断され、拡大切除と右頸部のリンパ節を全郭清しました。事前のPETCTで転移の可能性があるとの事だったので、リンパ生検もせず一気に全郭清でした。幸いと言って良いのかどうなのかわかりませんが、病理結果ではセンチネルリンパ節で止まっており、現在月一のダカルバジン+フェロン治療を行っています。 再発・転移が非常に怖いのですが、主治医の「転移1個と2~3個とでは全然違いますからね。確定的なことは言ってはいけないけど数年単位で見ていく状況ですよ。」という言葉を信じて頑張りたいと思います。 同じ頭頸部ということで、記事の内容に励まされました。
Unknown (haru)
2017-08-26 15:40:55
ichiさんこんにちは。
原発が頭頚部、ステージも同じなようですね。
頸部リンパの郭清をする人自体少ないので、後遺症や予後はどうなの,,,とか不安が多いですよね。

もうすぐ5年の節目を迎える僕でさえ、未だに病気を意識しない日はありませんし、定期検査時には不安で押し潰されそうになります。

病気が発覚してからの3ヶ月、訳も分からず翻弄されたくさんのガソリンを消費されたことと思います。

しっかり栄養と睡眠を取って、たくさん笑って免疫力を落とさないように。それに尽きると思います。お互い頑張りましょう!
Unknown (ichi)
2017-09-04 08:42:01
お返事ありがとうございます。 病気になってからいろんな人のブログを見てしまいましたが、病状が悪化されている方も多く、自分の未来を見ているようで非常に落ち込んでしまいました。 やっと落ち着きつつありますが、入院中に筋力がおちたのか背中や肩が痛くなったり、頸部からの影響なのかこめかみが痛くなったりすると不安感が増してきます。来週3ヶ月ぶりのPET検査(通常は6ヶ月おきらしいですが、主治医にお願いしてやってもらうことにしました)ですが、やるならやるで不安が一杯です。

アメリカの統計結果だと、センチネルリンパ節転移で郭清した人の86%が3年後も生存で、70%が再発無しというデータもあるらしいですが、日本ではそのようなデータ解析は行われていないようですね。
じたばたしても仕方が無いので、粛々と治療を続けて普段の生活を戻して行きたい所です。

書き込みが無いのはお元気で書くことが無いためだと思って、たまに覗かせて頂きます。私からも、お互い頑張りましょう!

コメントを投稿

定期検査」カテゴリの最新記事