姐奴の京都おみやげ歳事記
Walker公式コミュ「京都話見小路」管理人で
goo京都特派員の姐奴が、
京都の四季と"おみやげ"を紹介します
 




日曜日に高雄に行ってきました。
清滝口から嵐山~高雄パークウェイを経て行ったのですが
午前8時頃だったので、車も少なく
街道脇には、様々な草木が色づいていて、美しい眺めでした。


「神護寺」高野山真言宗のお寺で密教美術の宝庫といわれています。


紅葉はピークを過ぎ、枯れた色と朱色が入り交じった晩秋の様子でした。


『硯石亭』という茶店でおうどんを食べました。
名前の由来は神護寺に弘法大師が使ったという
おおきな硯石があることからきています。


頭上から降ってくるもみじの葉が、
時々うどんの中に入ったりしてなかなかの風情

明日は「西明寺」です。

「神護寺」
京都府京都市右京区梅ヶ畑高雄町5

2009年の紅葉の様子はこちら「神護寺 2009年11月」

「嵐山・高雄パークウエイ」
TEL:075-861-1769


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )


« 「大谷園」の... 紅葉最終便「... »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。