テミス様がみてる

「ごきげんよう、女神さま」

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

あの日書いた答案の評価を僕達はまだ知らない。

2011-09-07 23:59:58 | 日誌(二振り後)
全国5,653匹の夢見る子羊たちよ、いよいよ目覚めのときですね。
ナギ節最後の夜、いかかがお過ごしでしょうか。

私は・・・



久々にブログ書いてます。


ちなみに、去年の発表前日の過ごし方は、

夕方からクラスメイトと飲み→そのままフリークスで朝まで麻雀→帰宅後夕方まで寝る→夕方から夜までバイト→バイトのあと社会人の友達と満喫で合格発表の確認→絶望→お慰め飲み→寝れずに次の日・・・


といった感じでした。
右も左も分からない感じでしたから、なんだかんだで合格への期待を抱いてドキドキしていたんでしょうね。
やべっ、思い出したらドキドキしてきた。



一方、今年は合格発表を見たくないという気持ちでいっぱいです。

もちろん「今年受かってたらすげー楽なのになー」という期待のこもったドキドキも少しはありますが、それ以上に“不合格”という確かな現実を突きつけられることに、ただただ怯えているという感じです。

試験が終わってから、これまで何をしていたかと言えば、皆さんのお察しの通り、何もしていません。
不合格になったときの敗因分析に必要不可欠になる再現答案も結局作らずじまい。一ヶ月前のテミス様との契りも見事にデフォりました。

試験後から「落ちた、落ちた」と散々言い散らかしてきたのは、私なりの冷静的かつ客観的な分析によるもので、来年の最後の挑戦に向けて有意義なナギ節を送るために気合を入れるためでもあったのですが、考えたら私は有言不実行率98%の男。クチダケ。
結局“準ニート”の身分であることをいいことに、上記の自分の分析とは間逆の“合格を夢見る希望溢れる受験生”のフリをして4ヶ月を過ごしてしまいました。
お陰で試験のことをすっかり頭から忘れて、リフレッシュだけは完璧にできましたけどね。

ですが、明日結果が出てしまえば、否応なく浪人生活へと逆戻りとなります。今の私は、明日からあの苦しい日々に引き戻されることを恐れているだけです。
試験でベストを尽くしたというのであれば、合格発表も少しは楽しいものなんでしょうが、今年は、自分の中で不完全燃焼感がすごいので、「やるだけやったんだから胸を張って結果を待とう」という気持ちになれないのがつらいです。まさに自業自得ですが。



・・・というように汚い真情を吐露したところで明日の予定についてですが、明日は法務省まで見に行きます。

「お前自信ないんじゃなかったのかよ!」と思われるかもしれませんが、理由は、パトロンに「ダメならダメでその光景を目に焼きつけてこい」と言われたのと、どうせネットは繋がり難いので自宅で悶々とキーを連打するよりかは現地で一気に楽になりたい、というネガティブなものです。

実は、2回目の合格発表は霞ヶ関に見に行こうというのは去年落ちた時から考えていたのですが、当初の予定では「やるだけやって胸を張って結果を見る!」というポジティブな理由だったのに、どうしてこうなった。


とりあえず、結果はその日のうちに報告します。
落ちたら「負の感情」を押さえ込む作業が待っているので、しばらくはネット等の司法試験に関する外部の情報をシャットアウトすることになるでしょうが、次の試験に向けてさっさと始動はしたいので、ブログの更新はしていきたいと思っています。


それでは、みなさまの“目覚め”が素晴らしいものになることを祈っております。

ごきげんよう。

Comment   この記事についてブログを書く
« ストレス・テスト | TOP | 2011年新司法試験結果発表 »
最近の画像もっと見る

post a comment

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

Recent Entries | 日誌(二振り後)