テミス様がみてる

「ごきげんよう、女神さま」

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

平成24年司法試験成績通知

2012-09-24 23:33:21 | 平成24年司法試験結果
ごきげんよう


待ちに待った合格通知書兼成績通知が来ました。
今まで自分が合格したことを証明する書面がなく落ち着かなかったのですが、ようやくほっとしました。




さて、成績の方は……


公法系科目  約120点

民事系科目  約140点
 
刑事系科目  約135点

選択科目   約50点


総合順位(短答+論文) 約350位



思いがけない高順位でした。


一番意外なのは公法系です。
憲法では、被告で書きすぎて私見が尻切れという悪いパターンが出てしまい、行政法では、書きやすい設問3にかなりの分量を割いてしまい(設問3を先に書いて設問2を最後にした)メリハリを付けすぎた感のあったので、良くて90点くらいだろうと思っていました。
時間切れで薄々になった行政法の設問2を除き、公法系でもしっかり三段論法を守って書いたのが良かったのかもしれません。
しかし、特別なことを書いてないのに、ここまで跳ねるとは……。ヒットの延長はホームランとは、こういう事を言うのでしょうか。

あと「公法系の点数が良い奴は変人が多い」という甲さんの説を証明できたようで嬉しいです。


民事系は、後回しにした設問1がほぼ白紙+構成に時間をかけすぎて時間不足で三段論法が壊滅した商法が足をひっぱったのは確実です。
それでも、三段論法を意識できた民法や民訴でカバーして、もう少し取れていたらとかすかに期待していたのですが、伸びませんでした。出題の趣旨を結構外していたのかもしれません。
民事系はそれなりに力を入れて訓練してきたので、1回目を超えることが出来なかったのが残念です。


刑事系も三段論法でねっとり書いた科目です。
たぶん、構成は他の受験生とそう変わらないはずなので、三段論法や定義などの基本的な部分をしっかりやったのが評価されたのかもしれません。
詐欺と択一的認定を落としてしまいましたが、やはり主要論点が落ちても(落としても)書ききれば十分に点は付くと実感しました。
あと、古江先生本当にありがとうございました。最初は衝動買いして後悔した感もありましたが、今年の刑訴で点を取れたのは間違いなく古江本を読み込んだおかげです。


全ての科目で前年を上回ることが出来ましたし、目標としていた全科目平均超えが達成できたのも嬉しいです(民事系が本当に平均超えてるかは良く分かりませんが)

後輩の指導に役立つかもしれないので、出題趣旨を見る前に良かった科目だけでも再現を作ってみようとかと思います。
Comments (3)

羊が一匹さく越えて

2012-09-11 23:34:13 | 平成24年司法試験結果
ごきげんよう。


今年の司法試験に合格していました。

何度掲示板で確認しても不安だったのですが、先ほど中国新聞を検索したら名前がヒットしたので、ようやく一安心しました。

発表前に掲示板の前で並んでいた時点ですでに半泣き状態だったので、番号を見つけた時には、嬉しさよりも、ほっとしたという感じの方が強かったです。
もちろん、今まで応援してくれた方にやっと合格の報告を出来たことは、何よりも嬉しかったです。

また現地では、何人かの一緒に勉強してきた子羊さんと会うことできました。
そこにいた方は全員合格していたので、みんなで喜びを分かち合うことができ、良い思い出となりました。

それにしても、掲示板にある自分の番号は、いつまで見ていても飽きません。


ロースクールに進学してから約5年間、本当に長かったですが、最良の形で締めくくることができました。


ありがとう!そして、ありがとう!
Comments (14)

女神の見えざる手

2012-06-07 22:44:32 | 平成24年司法試験結果
ごきげんよう。


短答の自己採点をしました。(通知結果が自己採と違っていたので修正しました)



公法系
 
憲法  44点 42点 
行政法 39点

計 83点 81点


民事系

民法  64点
商法  28点
民訴法 31点

計 123点


刑事系

刑法  42点
刑訴法 43点

計 85点


合計 291点 289点
やったー!ハイスコアだー!


…完全におかしなことなっとる。
確かに民事と刑事はそれなりに手応えはありましたが、公法系は相変わらずの運ゲーだったので、まさかここまで取れているとは思いませんでした。
これは、テミス様の見えざる手によって導かれた結果としか言い様がありません。私をぬか喜びさせるための彼女のいたずらじゃないといいんですが…。
未だに信じ難いので、ちゃんとした通知が来るまで安心できません。


さて、仮にこの点数が本当だったとすると、最終合格への期待も抱きたくなってくるのですが、短高論低の典型的ヴェテな私にとって問題はやはり論文。
平均点が似ている22年・21年のデータを見てみると、合格のためには論文で2400番台後半の順位を取らなければならないようです。
去年が論文2635位だったので、確実に去年の私を超えなければ合格はありえません。

うーん…微妙。
手応えは去年よりあるのですが、ボロボロとミスが発覚していますし、かといって刑事系は去年のような点数はとれそうにもありません。そもそも、私の手応えが当てにならないのは過去2年で実証済みですし。そして、直前模試であっさり差されたのが脳裏によぎります。

果たして、アンドロメダの帝王、最後の大逃げは決まるのか。
Comments (7)