androidyoshiakiの 勝手気ままな ブログ

おやじの 勝手気ままな 人生 の 整理ノート!!!
次の時代を 築く若者の 参考になるかな?

胃底腺型胃癌 を調査 <androidyoshiakiのメモ帳>

2018-07-18 16:10:43 | 健康管理

胃底腺型胃癌

胃がん治療・手術の名医リスト-(全国の胃がんの名医をエリア別に掲載) ***

--- 大圃 研 (おおはた けん)   - 関東病院 - NTT東日本 

 消化器内科診療実績 

胃底腺型胃癌~その内視鏡・組織学的特徴~ ***

ESD にて治療し得た胃底腺型超高 化腺癌の1例 - J-Stage 

ESDで切除し得た 胃底腺型胃癌の 1 例 - J-Stage 

胃がん手術不可を覆す治療 - 胃がん腫瘍内科、東京駅5分‎

-------------------------------------------------------------------------------------------------- 

内視鏡的粘膜下層はく離術(ESD)|オリンパス おなかの健康ドットコム

内視鏡を使った治療法

内視鏡的粘膜切除術(Endoscopic mucosal resection:EMR

⇒ スネアと呼ばれる金属の輪を病変部に引っ掛け、高周波電流を流して切り取る方法

内視鏡的粘膜下層剥離(はくり)術(Endoscopic submucosal dissection: ESD

⇒ 最近では、専用の処置具を使ってより大きな病変を切り取る方法も行われるようになってきている。

--------------------------------------------------------------------------------------

胃がんの治療と予防|オリンパス おなかの健康ドットコム

 

ポリペクトミー  

⇒ 隆起(りゅうき)した病変にはポリペクトミーといって、高周波スネアとよばれる金属の輪の中にがんを取り込み、しばり、通電することにより切除します。

  

内視鏡的粘膜切除術(Endoscopic mucosal resection:EMR) 
⇒ 隆起していない病変、表面型の腫瘍にも内視鏡による切除を可能にした方法です。粘膜下層に生理食塩水などを注入することにより、病巣を固有筋層から浮かせて高周波を用いて切り取る方法。
 

内視鏡的治療が適応する胃がんは、悪性度の低い高分化型腺癌(こうぶんかがたせんがん)で、粘膜までに限られた早期がんのみです。このレベルのがんは、リンパ節転移をしている可能性が極めて低いためです。   粘膜より下層に進んでいるがんは、内視鏡的治療では完全に取り去ることができず、転移の可能性もあるためこの方法は適しません。早期がんのなかでも隆起型は2センチまで、陥凹(かんおう)では1センチまでが対象です。潰瘍または潰瘍のあとをともなっている場合は行いません。

また、手術時間も20~30分、回復までの期間は約1週間とかなり短いため、社会復帰も一般に早いと言われています。   しかし、完全に切除したとされる場合でも、手術後は定期的に胃内視鏡検査を行い、再発していないかどうか検査する必要があります。

--------------------------------------------------------------

腹腔鏡下胃切除術

------------------------------------------------------

胃がんの解説と症状|オリンパス おなかの健康ドットコム

胃と胃壁の区分 ⇒ 

胃がんの肉眼的分類 ⇒  

早期胃がん進行胃がん ⇒ 

胃がんは深達度によって早期がんと進行がんに分けられ、がんが粘膜下層にとどまっているものを早期胃がんといい。早期胃がんのなかでも、粘膜内にとどまっているもの粘膜内癌下の層まで浸潤しているもの粘膜下層癌という。一方、がんが固有筋層以下にまで進んでいるものはすべて進行がんという。

  

リンパ節転移の仕組み ⇒ 

血行性転移の仕組み ⇒  

腹膜転移の仕組み ⇒ 

-------------------------------------------------

胃がんの検査|オリンパス おなかの健康ドットコム

 

胃内視鏡検査 ⇒ 

胃部X線検査(バリウム検査)⇒ 

超音波内視鏡検査(Endoscopic ultrasonography:EUS) 

 胃壁の表面を観察する内視鏡検査とは異なり、粘膜下の状態をエコー像として観察する役割を果たします。5~30MHzという比較的高い周波数の分解能に優れた超音波内視鏡検査により、粘膜上皮(じょうひ)の病巣(びょうそう)だけでなく、病巣がどのくらいまで深く進展しているか、リンパ節の転移や、周りの臓器への浸潤(しんじゅん)などについての詳細な情報を得ることができます。その結果、内視鏡的治療が適応するかどうかの判断、進行性胃がんの場合はどこまで切除するかの境界線を決めるうえでの重要な情報を得ることができます。

CT検査(Computed Tomography) 

PET検査(Positron Emission Tomography)

ペプシノゲン検査

--------------------------------------------------------------------------------

内視鏡による治療 - 日本消化器病学会 

新しい内視鏡治療(内視鏡的粘膜下層剥離術(ESD)の良い点・問題点

-------------------------------------------------------------------------------

胃がんの名医の探し方 - findMed|がん治療をだれにでも分かりやすく

名医が受けたいがん治療(1) 胃がん篇

■理想の治療のための5つのポイント
(1)ピロリ菌陽性、胃の粘膜の萎縮が進んでいる人は、定期的に内視鏡検査を
(2)粘膜にとどまる早期がんはESDで胃を温存。ただし診断が大事
(3)腹腔鏡下手術を受ける場合は、経験数の多い定評ある病院で
(4)開腹、腹腔鏡にかかわらず、胃の機能温存を考えた手術を
(5)再発・進行がんの場合は、副作用を怖がらず薬物療法で延命を

----------------------------------------------------------------------------

胃がんの内視鏡治療と成績 - 胃がん|がん研有明病院

当院は有明病院開院以来、約4000例の早期胃がんに対するESDを行ってきました。

---------------------------------------------------------------------------

胃がん治療の名医・専門医75名 - 日本全国の名医・専門医一覧まとめ 

--- 山口俊晴  がん研究会有明病院    ⇒

 同センターの特徴である「チーム医療」である。「がん研におけるチーム医療は、プロの専門家を一カ所に集め、お腹の"がん"の人はみんな消化器センターに来れば、外科医も内科医も、化学療法医もみんなで協力して診療にあたっています」(山口医師)

--- 藤崎順子   癌研有明病院   ⇒ 

-------------------------------------------------------------------------

 

  

 

 

 

 

 

 

-------------------------------------------------------------------------

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 投資信託 <androidyoshiakiの... | トップ | Amazonにクレーム!!!<andr... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

健康管理」カテゴリの最新記事