ハワイ旅行記ブログ 行燈徒然日記

雑多に色々と・・・ 読んでもつまらんよ!


マウイ島ハモアビーチ 2017年GWハワイ旅行記4日目その16 

2017-09-27 08:50:24 | 2017年GWハワイ旅行記
さてマウイ島ハナのドライブも終盤でございます。
草原の中の一本道を抜け、訪れたビーチはコキ・ビーチ!
ハナとハモアビーチからほど近い、人影薄い美しいビーチ
と聞いておりす。


ビーチまでのアクセスはやや長めの古い階段を下ります。
木陰の向こうに見えて来たまぶしいビーチ!


うん??懐かしい
一瞬そんな気は致しました。しかしコキビーチの風景を楽しみ、車に
戻りました。
ココから先は、お恥ずかしい話となります。昨日ブログ更新のため画像を
整理しておりますと、私がコキビーチだと思い写真を撮りまくったコノ
ビーチは2012年に訪れた事のある「ハモア ビーチ」だとわかりました。(

いやぁ~本当に穴が有ったら入りたい気分であります。昨日まで全く気づき
ませんでした。念のため2012年ハナの画像をチェックして判明致しました。

でも気づいて良かったです。いくらいい加減なブログとは言え間違った情報
をアップするところでした。
余談ですが
「ハモア ビーチ」は文豪アーネスト・ミラー・ヘミングウェイが愛し、彼を
して世界最高の浜辺と言わしめたビーチであります。
もしヘミングウェイがラニカイビーチを見たならば、果たしてどのような感
想を漏らしたか興味深くあります。(

にほんブログ村 旅行ブログ ハワイ旅行へ

アロハボイス☆ハワイ好きサイトの人気ランキング


行燈徒然日記

『海外旅行』 ジャンルのランキング
コメント (8)   この記事についてブログを書く
« オヘオの池とマカヒク・フォ... | トップ | マウイ島ハナランチレストラ... »
最近の画像もっと見る

8 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (ホノムボーイ)
2017-09-27 10:10:16
確かにこの場所は、文豪ヘミングウェイが
愛した「ハモアビーチ」ですね。
我が家が訪れた時、ブロンズヘアーの
9等身美人が日光浴をしていました。
私はどちらかと言うと、ビーチよりその方の
姿に目が釘付けになりましたが・・・(笑)
Unknown (ハイチュウ)
2017-09-27 14:34:10
なるほど、こちらはかの文豪が愛したビーチなのですね
うふふ・・・その手の失敗、私も事欠きません(涙)
もう昔の記事に探して直す気力さえない場所もあったりと
日付なんて、今年が何年で去年が何年だったかなんて
こがらがったまま突き進んで、ふと気づいて「あれ~~~」
いったいどの記事が間違っていて土に記事が正しいのかと固まってみたりも
後からでもまだ気づくだけ大丈夫だと自分を慰めています。(涙)
Unknown (マハロパパ)
2017-09-27 21:34:46
私はハナロードを走ることに一生懸命で、このビーチは素通りしてしまったようです。やはりハナに一泊したいですね。
ヘミングウェイはフロリダ〜キューバばかりかと思っていましたが、マウイ島にも来ていたのですね。そういえばリンドバーグもそうだったように、ハナ周辺は本当にアメリカ人には人気の地なのですね。
ホノムボーイさんへ (行燈入道)
2017-09-29 22:50:41
ブロンズの美女なら、気になるのも
仕方ありませんね。
このビーチ、本当はもう少しゆっくり
出来れば違った発見もあったかも
しれません。
ハイチュウさんへ (行燈入道)
2017-09-29 22:57:39
長くしかも頻繁に更新される、
ハイチュウさんのブログは素晴らしい
です。そんなハイチュウさんでも、昔
の記事にそんな事があるのですね。
でも後からでも間違いに気づき、修正
するまじめさ、私は見習わなければなりません。
マハロパパさんへ (行燈入道)
2017-09-29 23:09:26
ヘミングウェイと云えばノーベル文学賞を受賞した
同じ年に2度の航空機事故で2度とも奇跡の生還!
そんな不死身の文豪が、愛したマウイハナの景色。
眺めればさらに美しさを増す風景に思えます。
しかし不死身の男も、数年後銃で自ら
の命を断つのですから、判らぬものです。
Unknown (マハロパパ)
2017-09-30 07:10:24
>銃で自らの命を断つ
彼が、ラニカイの優しい海を日がな一日眺めて、心穏やかにすごしていたら、そんな悲劇的なことにはならなかったかもしれませんね。残念です。
マハロパパさんへ (行燈入道)
2017-10-06 07:03:29
今年もノーベル文学賞の受賞者が決まりましたね。
大きな才能を持つ方が、ラニカイの海を一目見て
いれば世の中を変える事もできるかもしれませんね。
ヘミングウエイの作品にも大きな影響を与えいたかも、
そう思うと残念です。

コメントを投稿

2017年GWハワイ旅行記」カテゴリの最新記事