『and MAN』と谷グッチと仲間達

and MANは男性が求める空間・技術・接客を提供する拘り詰まったメンズサロン!そこで働く谷グッチの珍道中ブログ
 

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

世界遺産・沖縄・首里城の炎上

2019年10月31日 10時02分09秒 | グッチの珍道中

今朝のニュースで

沖縄の首里城が炎に包まれている姿を見て言葉を失いました





首里城は1429年から1879年までの約450年間

琉球王国の中心的な城で、政治と文化の中心だった

首里城公園の公式ホームページによると

内郭(内側城郭)と外郭(外側城郭)に大きく分けられ

内郭は15世紀初期に、外郭は16世紀中期に完成している




 ↑ 昭和初期の首里城


首里城は国王とその家族が居住する「王宮」であると同時に

王国を統治する行政機関である「首里王府」の本部でもあった

各地に配置された神女たちを通じて

王国祭祀を運営する宗教上のネットワークの拠点でもあった

首里城とその周辺では芸能・音楽が盛んに演じられ

美術・工芸の専門家が数多く活躍。首里城は文化芸術の中心でもあった





 ↑ 戦争で廃墟となってしまった首里城


戦後、跡地は琉球大学のキャンパスになったが

大学移転後に復元事業が行われ

1992年に本土復帰20周年を記念して国営公園として復元された

中国と日本の築城文化を融合した独特の建築様式や石組み技術には

高い文化的・歴史的な価値があるとされ

首里城跡は2000年12月に、日本で11番目の世界遺産として登録されました





守礼門は、首里城正殿と並んで沖縄のシンボルです

中国風の牌楼(ぱいろう)という形式で建立された坊門で

バランスの良さとエレガントな雰囲気が特徴です。

また、門に掲げられている扁額(へんがく)に書かれた「守禮之邦」とは

“琉球王国は礼節を重んじる国です” という意味になります

さらに、西暦2000年に発行されたお札【2,000円札】の絵柄にもなっています




今年の3月に妻と沖縄旅行に行きました

私にとって初めての沖縄

沖縄県民の皆様の温かさと

最終日に行った首里城の壮大さは

今でもハッキリと覚えています

例え、壊れても・無くなっても修復し後世に歴史遺産を残そうとする努力は

日本人の持つ大切な文化だと思います

沖縄の方々や日本中が深い悲しみに包まれたニュースですが

少しでも早い復旧と再会を心から願っています







〒630-8122 奈良市三条本町9-1
JR奈良駅歩いて3分

☎︎0742-81-9771
(ご予約優先・電話・インターネットで受付中)


※共に成長できる仲間も随時募集中!!







コメント
この記事をはてなブックマークに追加

日本で流行りのキャッシュレス決済と中国<その②>

2019年10月29日 08時00分00秒 | グッチの珍道中

こんにちは

andMANの谷グッチです!

奈良に移り住んでから初の夏が過ぎ

今度は初めて迎える冬

お客様に聞いてみると『奈良の冬は寒いよ。。。』

と言われたので

ニトリで毛布を買ってこようかと悩む毎日です





さて

今日もお値段以上に頑張ってるandMANですが

最近、レジでのキャッシュレス決済をされるお客様が増えています

携帯取り出して『ピッ』と簡単なお支払い方法で

今なら『キャッシュレス・消費者還元事業』として

消費税分がポイントとして還元される事もあって随分普及した様子ですが。。。

個人見解としては

『日本での普及には限界がある』って感じです





以前にも話しましたが

お隣中国では既に5年ほど前からキャッシュレス大国となり

ほとんどの国民が財布を持たず『ピッ』の生活です

実際に私が上海で仕事してた頃も『ピッ』の生活でした

じゃあなぜ普及が成功したのか?


<理由①>

時を同じくして『偽札問題』勃発

実はキャッシュレス時代の少し前、

中国の『100元』札の偽札が横行してしまいました

その偽札の完成度と被害の広がりは凄まじく

銀行のATMから普通に出てくるほどでした





上記の写真の上が旧札・下が新札

国民の多くは『紙幣は信用できないっ』と

キャッシュレスに拍車が掛かりました


<理由②>

預けた分だけ凄い金利

中国三大電子マネー

Alipay (アリペイ、支付宝)

WeChatPay(ウィーチャットペイ、微信支付)

UnionPay(ユニオンペイ、銀聯)

特に凄いのがAlipay (アリペイ、支付宝)・WeChatPay(ウィーチャットペイ、微信支付)

こちら金融機関ではなく日本で言えばLINEに近い存在で

年率が現在4・1%

仮に1000万円預けたら1年で410,000円の金利がつく計算

そりゃ銀行から乗り換えますよね〜

ちなみに日本の銀行は年率0・03〜0・2%





じゃあ私が個人的見解で

『日本での普及には限界がある』って感じる理由は


①消費増税の隠れ蓑に感じる

②日本人は疑り深い

③中国のような大きなメリットがない

④日本の銀行は潰れない


LINEやフェイスブック、アップルに全財産を預ける覚悟はありますか?

消費税還元には期限があります、メリットは感じますか?

自身の頑張ったお給料がキャッシュレスとなり携帯に表示され

いつの間にか数字が減っていく

やり甲斐や向上心は沸いてきますか?





私は

お金は目に見えるから大切にするし

大切なお金だから慎重に使えると思います

便利な世の中はとても良いことですが


Cash 『less』 が

Cash 『lose』 に


ならないように気をつけないといけませんねっ






〒630-8122 奈良市三条本町9-1
JR奈良駅歩いて3分

☎︎0742-81-9771
(ご予約優先・電話・インターネットで受付中)


※共に成長できる仲間も随時募集中!!




 





コメント
この記事をはてなブックマークに追加

5年戦い続けると言う事

2019年10月25日 12時33分13秒 | グッチの珍道中

こんにちは

andMANの谷グッチです!

ブログの更新が凄くおろそかになってました(汗

私事ですが、10月14日に愛妻と橿原神宮にて挙式を挙げさせて頂きました

台風の心配もありましたが素晴らしい式となりました





さて、先日andMANに大きなダンボールが届きまして

聞けば社長のハッシー(箸尾)が


ハッ『andMANが5周年を迎えるのでお客様へのお礼の粗品!』


との事、そうなんですか5周年ですか〜





2年前の統計ですが

2017年、全国に美容室数は約24万店あり。理容室数は約12万店

美容師の数は約50万人で、理容師の数は約23万人です

余談ですがコンビニは約6万店、歯医者の数は約7万件です

前年対比で計算してみると

美容室は年間約3000件増え、

逆に理容室は年間約2000件減っています

これが我々の業界の現実です

そう考えたらandMANの5周年って、実は凄い事なんですよね〜





andMANの生い立ちはハッシー社長から詳しくは聞いてませんが、以前


グッ『なんで奈良に店だしたんスか?』

って質問すると

ハッ『奈良が好きだからっ!』

って奈良愛を爆発させていた記憶があります

上記の数字でも分かるように世は美容戦国時代

その時代を5年も走り続けているand MAN

小さい城を守るハッシー社長は

凄い努力をされていたんだと思います(多分今も)





どの組織でも

部下は上司と同じ気持ちになるのは難しい事です

上司は自分と同じ気持ちの部下を育てる事に一番苦労します

部下は上司の気持ちが分かる努力を惜しむと昇格はしません

上司は自分と同じ気持ちの部下を育てる努力を惜しむと

組織は崩壊します


ちょっと不器用なハッシー社長ですが

共に戦国時代を戦うと決めたので

そこそこ温かく見守っていこうかな〜と思います



そして最後になりましたが

and MANの5年間はお客様と歩み続けた5年間です

常にお客様に感謝の初心を忘れずに

次のanniversaryをまたお客様と共に迎える事が出来るように

頑張っていきましょうハッシー社長!







〒630-8122 奈良市三条本町9-1
JR奈良駅歩いて3分

☎︎0742-81-9771
(ご予約優先・電話・インターネットで受付中)


※共に成長できる仲間も随時募集中!!






















コメント
この記事をはてなブックマークに追加