『and MAN』と谷グッチと仲間達

and MANは男性が求める空間・技術・接客を提供する拘り詰まったメンズサロン!そこで働く谷グッチの珍道中ブログ
 

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

親知らず子知らず

2020年02月26日 13時15分14秒 | グッチの珍道中

こんにちは!andMANの谷グッチです

実は4月からandMANに新しい仲間が増えるとの事で

教育のマニュアルを作成したりバタバタの毎日です

(ブログ更新してなかった言い訳。。。)





さて

昨年まで海外にいた谷グッチですが

実は海外生活で困った事がありました

それは『親知らずを抜けなかった』事

斜め45度の異質な角度で生えてきた我が親知らず

別に格段の悪さをしているわけでは無いのですが『抜けるのなら抜きたい』

と思っていました。





昨年末に妻に相談したところ

妻『じゃあ同級生の歯科医師に聞いてあげる』

と即行動していただき、あれよあれよと言う間に抜歯の日が決定しました

歯が丈夫な事が取り柄の谷グッチ歯医者は久々です

行ったのは奈良天理にある『高井病院』





めっちゃ綺麗で大きい病院です。口腔外科は二階

ササっつと受付を済ませ『谷グッチさ〜ん』と呼ばれます

妻の同級生という微妙な関係の先生登場、問診を済ませ

先生『で。どういう経緯で結婚されたの?』と親知らずと関係無い世間話が始まり

先生『じゃあ抜歯しましょうか』と少し大きめな手術台に寝そべって

先生『はい。口開けて〜』と

ここからは恐怖の時間

局部麻酔は効いてても聞こえてくるキュイ===ン音

ガリゴリ → ガリゴリ → ゴッ!!

歯科助手『はい一本抜けましたよ〜』って





時間は20分程度

麻酔で口右半分の感覚が無い。。。


先生『はい抜けました見ます?』

谷『はひ(はい)』

先生『しっかりした歯でした』

谷『ほうでふか(そうですか)』





親も知ってた『親知らず』

不必要な歯とは言え数十年間共に生活した大切な身体の一部

谷『今までありがとうな。。。』と思いつつ

先生『どうします?持って帰ります?』

谷『ひえ、けっこうでふ(いえ、結構です)』

と即答

抜歯前は『痛いよ〜』『怖いよ〜』『腫れるよ〜』と散々言われて来ましたが

実際にそれから一週間、少しの違和感と多少の鈍痛程度で

腫れる事もなく無事に生活しております

因みに

親知らずは若いうちに抜歯しといたほうが良いらしいです

さて次月は反対側の親知らずの抜歯だ〜






〒630-8122 奈良市三条本町9-1
JR奈良駅歩いて3分

☎︎0742-81-9771
(ご予約優先・電話・インターネットで受付中)


※共に成長できる仲間も随時募集中!!












コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 今年の流行りはパーマスタイ... | トップ | 結婚祝い何欲しい?『クーラ... »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

グッチの珍道中」カテゴリの最新記事