『and MAN』と谷グッチと仲間達

and MANは男性が求める空間・技術・接客を提供する拘り詰まったメンズサロン!そこで働く谷グッチの珍道中ブログ
 

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

世界遺産・沖縄・首里城の炎上

2019年10月31日 10時02分09秒 | グッチの珍道中

今朝のニュースで

沖縄の首里城が炎に包まれている姿を見て言葉を失いました





首里城は1429年から1879年までの約450年間

琉球王国の中心的な城で、政治と文化の中心だった

首里城公園の公式ホームページによると

内郭(内側城郭)と外郭(外側城郭)に大きく分けられ

内郭は15世紀初期に、外郭は16世紀中期に完成している




 ↑ 昭和初期の首里城


首里城は国王とその家族が居住する「王宮」であると同時に

王国を統治する行政機関である「首里王府」の本部でもあった

各地に配置された神女たちを通じて

王国祭祀を運営する宗教上のネットワークの拠点でもあった

首里城とその周辺では芸能・音楽が盛んに演じられ

美術・工芸の専門家が数多く活躍。首里城は文化芸術の中心でもあった





 ↑ 戦争で廃墟となってしまった首里城


戦後、跡地は琉球大学のキャンパスになったが

大学移転後に復元事業が行われ

1992年に本土復帰20周年を記念して国営公園として復元された

中国と日本の築城文化を融合した独特の建築様式や石組み技術には

高い文化的・歴史的な価値があるとされ

首里城跡は2000年12月に、日本で11番目の世界遺産として登録されました





守礼門は、首里城正殿と並んで沖縄のシンボルです

中国風の牌楼(ぱいろう)という形式で建立された坊門で

バランスの良さとエレガントな雰囲気が特徴です。

また、門に掲げられている扁額(へんがく)に書かれた「守禮之邦」とは

“琉球王国は礼節を重んじる国です” という意味になります

さらに、西暦2000年に発行されたお札【2,000円札】の絵柄にもなっています




今年の3月に妻と沖縄旅行に行きました

私にとって初めての沖縄

沖縄県民の皆様の温かさと

最終日に行った首里城の壮大さは

今でもハッキリと覚えています

例え、壊れても・無くなっても修復し後世に歴史遺産を残そうとする努力は

日本人の持つ大切な文化だと思います

沖縄の方々や日本中が深い悲しみに包まれたニュースですが

少しでも早い復旧と再会を心から願っています







〒630-8122 奈良市三条本町9-1
JR奈良駅歩いて3分

☎︎0742-81-9771
(ご予約優先・電話・インターネットで受付中)


※共に成長できる仲間も随時募集中!!







コメント   この記事についてブログを書く
« 日本で流行りのキャッシュレ... | トップ | そこに『愛』はありますか?... »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

グッチの珍道中」カテゴリの最新記事