『and MAN』と谷グッチと仲間達

and MANは男性が求める空間・技術・接客を提供する拘り詰まったメンズサロン!そこで働く谷グッチの珍道中ブログ
 

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

高野山で身を清めたった②

2020年01月19日 08時00分00秒 | グッチの珍道中

こんにちは

and MANの谷グッチです

正月の初詣 → 凶

高野山に行く前の神社 → 大凶

とおみくじを引くたびに運気が急降下

車通勤の時の運転が極端に安全運転になりましたっ





さて

眠っていた一眼レフを片手に高野山へ温泉旅行に来た私

前回は高野山に行く前に行く『神社丹生都比売神社』のお話でした

高野山を作った空海は、この神社で2匹の犬に出会い

犬が導いた先が今の高野山と言う流れらしいのですが

丹生都比売神社から高野山への道中が思った以上に遠い(汗

『本当にこの道を空海が。。。?』と思いつつ

くねくね道を走って行きます





くねくねと細い道を抜けると

突然目の前に高野山『大門』が姿を現します

歴史を感じる大きな朱色の大門ですが

残念ながら近くに駐車場が無く、空気読まずに道端に駐車するか

離れた駐車場から歩くしか方法はありません





大門から車を進めると

壇上伽藍のエリアが見えてきます

駐車場は基本無料でした





中に入ると大きな菩薩様が鎮座されてます

ここは写真撮影禁止の神聖な場所





そのエリア内に『六角経蔵』という建物があるのですが

目の前の男性が建物下部にある棒をもって動かし始めました

経蔵の基壇(きだん)付近のところに把手がついており

回すことができるようになっています

この部分は回転するようにできており

一回りすれば一切経を一通り読誦した功徳が得るといわれています


とっても便利な建物でした





次に目に留まったのが『三鈷の松』

弘法大師が唐より帰国される折

明州の浜より真言密教をひろめるにふさわしい場所を求めるため

日本へ向けて三鈷杵(さんこしょう)と呼ばれる法具を投げたところ

雲に乗って日本へ向けて飛んで行きました

後にお大師さまが高野近辺に訪れたところ

そこには唐より投げた三鈷杵が引っかかっており

お大師さまはこの地こそ密教をひろめるにふさわしい土地であると決心されたそうです

その松は三鈷杵と同じく三葉の松であり

「三鈷の松」としてまつられるようになりました

現在では参詣者の方々が、縁起物として松の葉の落ち葉を持ち帰り

お守りとして大切にされています


三葉の松を必死に探しましたが

季節は冬。。。見つからなかった(涙


次に向かったのは高野山の一番奥『奥之院』

ここは超神聖な場所で撮影NG

そもそも無数のお墓が鎮座されているので

写真撮影はかなり罰当たりです

『奥之院』のその奥で今でも

弘法大師様が世を見守っていらっしゃると言われています





奥之院に進む道中は

本当に不思議な空気が流れる

ピリッとした異空間でした

奥之院で手を合わせ

帰る道中に見つけた

『おみくじ』の文字

100円払って。。。

ドキドキ見てみると。。。


大吉!!





何か肩が軽くなった気がしました!

年に一回はお参りに伺おうと思います






〒630-8122 奈良市三条本町9-1
JR奈良駅歩いて3分

☎︎0742-81-9771
(ご予約優先・電話・インターネットで受付中)


※共に成長できる仲間も随時募集中!!


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

高野山で身を清めたった①

2020年01月17日 10時14分17秒 | グッチの珍道中
おはようございます

and MANの谷グッチです!

1月に入り朝方の冷え込みが更に厳しくなってみました(涙

冷え性の谷グッチは妻のお母さんに頼み電気毛布を出して頂きましたが

出てきたのは妻が赤子の時に使用していたと言う30cm×30cmの小さな毛布

予想の4倍小さく

予想の4倍古かった。。。





さて

昨年末に終わらなかった部屋の大掃除を信念も引き続き行ってたら

棚の隅っこから一眼レフのカメラがホコリを被って出てきました

そう言えば。。。2年前に妻の誕生日のプレゼントと言いながら購入したな。。。

最初は嬉しげにカメラ片手に方々に出向いていましたが

形から入る性分の谷グッチは『すぐに飽きちゃう』

けっこう高かった一眼レフ

『どっか連れて行ってやらねば。。。』とバッテリーを充電しながら考えて

『そうだっ!高野山に行ってみようっ!』って事になりました





なんで高野山?って話なのですが

谷グッチ家はどうやら真言宗らしく

然程、信仰心の高くない私ですが

真言宗の総本山が近くにあるんだったら一度行ってみようって軽〜い考えです

ちょうど月曜日の祝日も重なり妻と1泊の温泉旅行に行く事にしました





『よし行くかっ!』って決断するのが私の役目

『どこに泊まろう、どのルートで回ろう』は妻の役目

行動力のある妻は直ぐに温泉宿を見つけ

天気にも恵まれた早朝に出発〜

祝日という事もあって少し交通量の多い高速を走ってると


妻『高野山に行く前に神社に行かないとね』

谷『神社??』





丹生都比売神社(にふつひめじんじゃ/にうつひめじんじゃ、丹生都比賣神社)

和歌山県伊都郡かつらぎ町上天野にある神社

丹生都比売大神の御子、高野御子大神は

密教の根本道場の地を求めていた弘法大師の前に

黒と白の犬を連れた狩人に化身して現れ、高野山へと導きましたとさ。。。

つまり。。。今から行く高野山の発祥の地『そりゃ行かないとっ!』

基本的に何事も筋が通っていないと痒くなる谷グッチは

進路を丹生都比売神社に変えて車はどんどん山林の細道に入って行きます




どこまでも続く山道

一車線の対向車の怖い細道

無駄に大きい車

みるみる減っていく燃料メーターとにらめっこしながら

やっと着いた丹生都比売神社

歴史を感じる本堂と池に架かる橋

『すごいな〜』と見渡す妻とパシャパシャとシャッターを切る私

やっぱ写真て難しい。。。

フッと見つけた『おみくじ』の文字

おみくじ大好きの谷グッチは行く先々の神社仏閣で必ずおみくじを引きます

100円払って引くと

大凶






実は2020年に入って凶を引くのはこれで2回目。。。

前厄歳の谷グッチ、これは何かのお告げか??

お前みたいな奴が高野山来んなっ!て事か??

傷心しきった私、さて次はいよいよ高野山へ



。。。To be continued






〒630-8122 奈良市三条本町9-1
JR奈良駅歩いて3分

☎︎0742-81-9771
(ご予約優先・電話・インターネットで受付中)


※共に成長できる仲間も随時募集中!!
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

甘酸っぱい♡

2020年01月11日 10時28分24秒 | グッチの珍道中

今日はand MANの谷グッチです

奈良の冬が初めてなので

念のために大金を叩いて車のタイヤをスタッドレスに変えました

仮に1メートルの雪が積もっても

谷グッチは出勤できる準備は整っているのでご安心ください





さて

普段は電車通勤の谷グッチ

帰りの電車

目の前に音楽聴きながら携帯を見つめる女子高生が座っています





ガタンゴトン ガタンゴトン

数駅過ぎた次の停車駅で男子生徒が乗ってきました


男子『おっ!お疲れ〜』

女子『あっ。。お疲れ〜』


どうやら二人は知り合いの様子


男子『この時間の電車なら出会うと思ってたわ』

女子『そうなん?キモいな〜』


男子生徒は隣に座りました


女子『あ〜。。なんか泣きそう。。。』

男子『彼氏と上手くいってないん?』


ガタンゴトン ガタンゴトン

乗客の少ない電車は定刻通りに各駅を通過していきます

その間、男子生徒は恋話に付き合ってあげています





男子『そっかぁ〜。。。色々大変やな』

女子『他人事みたいに言わんといてよっ!』

男子『ごめんごめん』

女子『あ〜。。ほんまに泣きそうやわ。。。』

男子『あ。。俺次の駅で降りなあかんわ』

女子『えっ!?。。。降りちゃうの??』

男子『お前も一緒に降りたらええやん』

女子『。。。私。。駅。。違うもん』

男子『そっか。。。じゃあ。。。俺も乗っとこ』





ガタンゴトン ガタンゴトン

走り出す電車

ちょっと嬉しそうに見える女子高生

すごくカッコよく見える男子高生

二人の行く末が超絶気になる目の前のおじさん(俺)


甘酸っぱい青春

君らに幸あれ








〒630-8122 奈良市三条本町9-1
JR奈良駅歩いて3分

☎︎0742-81-9771
(ご予約優先・電話・インターネットで受付中)


※共に成長できる仲間も随時募集中!!




コメント
この記事をはてなブックマークに追加

明けましておめでとうございます!2020年

2020年01月09日 10時00分54秒 | グッチの珍道中

祝2020年

明けましておめでとうございます!









久々の日本の年越し

初の奈良での年越し

初のand MANでの年越し


めっちゃ忙しかった。。。






『忙しい』のは店の都合であって

来店されるお客様は

いつもと変わらぬ and MAN でのカットを期待されていたはず

『いつも変わらぬ最良のサービス』を提供できていたかどうか。。。

すごい不安と反省点が多かった年末となりました

それともう一つ

自信の年齢と体力の衰えを痛感した年末


腰が痛かったり

肩が痛かったり


若かれし頃はこんな事考えた事もなかったのになぁ〜





それでも年末は1年の集大成

2019年6月から and MAN に勤務し始め

年末の繁忙期に自身の予約が一杯になっているのを見たときに

表現できない嬉しさが込み上げてきました

充実した2019年をありがとうございました!

今年は年末の反省を生かして

より一層ご満足頂けるサービスを提供していきたいと思います





さて

今年の目標は『夢に向かって一歩前進』です

①英語の勉強

②ダイエット(健康)

私の夢は海外の貧困地区に理美容の学校を作り

子供達に理美容技術を教える事

語れる夢は実現します

実現するためには行動が必要です


今年も充実した1年にするぞぉ〜〜!








〒630-8122 奈良市三条本町9-1
JR奈良駅歩いて3分

☎︎0742-81-9771
(ご予約優先・電話・インターネットで受付中)


※共に成長できる仲間も随時募集中!!






コメント
この記事をはてなブックマークに追加

学ぶ心を忘れちゃいけない

2019年12月06日 12時05分20秒 | グッチの珍道中

こんにちは

and MANの谷グッチです

寒い日が続いておりますが

and MANは今日も頑張って営業中です!





さて

12月は新人さんが2名が店舗研修に来る予定となっております

狭い店内にスタッフが計5名と

なかなか窮屈な状態となりますが。。。

専門学校を卒業後、直ぐに現場の雰囲気に慣れるために

初めて店舗を体験する生徒にとっては

重要な研修となります

そして我々、受け入れる側にも

これから同じ業界で働く若人達の未来を左右する重責があります





私が短期間で彼らに教えてあげたい事は

『常に考えて行動する』事です

我々の業界は他のサービス業と少し異なり

臨機応変の対応を迫られる場面が多くあります

常にお客様の動作・仕草・言動に耳を傾け

その都度、自ら考え・行動しなければなりません

マニュアルで固める事も確かに重要と思いますが

思考の低下と自己責任の部分では

少なくともマニュアル以上の自分にはなれません





考える能力を持った部下を持つと

『なぜ?』『どうして?』の疑問を多く投げかけられます

上司は常に『意味』を持った行動・発言をする必要があります

勿論、技術もその一つ

現在、and MANでは全ての技術の見直し真っ最中

今の幹部3人の技術を全てお互いにチェックし合いながら

お互いの気づきを話し合い

良い部分や思いを共有し技術向上や統一を行っています





歳を重ね、職人としての経験年数が経つと

意味のない自信とプライドが邪魔をして

若かった頃の『学ぶ気持ち』を忘れがちですが

今度やってくる若人達のキラキラした目を思い出して

初心に返ってみようかと思います






〒630-8122 奈良市三条本町9-1
JR奈良駅歩いて3分

☎︎0742-81-9771
(ご予約優先・電話・インターネットで受付中)


※共に成長できる仲間も随時募集中!!






コメント
この記事をはてなブックマークに追加