弛まぬ空

酷く個人的かつ内面的な日記

不眠か過眠かの二者択一2ーお酒

2017-07-12 14:18:29 | 思考
トリプタノールを自主的に抜いたことで、自殺念慮の波は去っていったようだ。

自分が純粋な双極性障害だとは認めていないが、少なくとも双極性の要素はあって、そういう人には本来的には抗うつ薬は慎重投与だ。気分の波を激しくするから。
だが、わずかな量のトリプタノールでここまで悪化するとは思えなかった。

そして、トリプタノールを飲んでいた頃に収まっていた不眠が再発したようだ。
おそらく、イフェクサーを187.5mgに戻したのがかなり関係している。
気分や感情はそこまで辛くないが、結局4月から取り組んできた不眠症状の治療を再開しなくてはならない。

医師も、
使える薬はあらかた試した
と言っている通り、この不眠症状ー中途覚醒の強烈さ、はお手上げ状態だ。


大学院入試には間に合わないだろう。
夏でバリバリ動く訳にもいかないし、何よりダルくてそんなに動けない。
悪いことだが、ある程度まではお酒で入眠するしかない。
『闘病』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 黒い炎ー自死と自殺 | トップ | 入眠用のお酒 »

コメントを投稿

思考」カテゴリの最新記事