あなたを見つめて。。 monochrome life

モノクロ自家現像の写真を左のカテゴリー一覧からご覧ください。
当ブログ掲載の写真及び記事の無断転載・複写は禁じます。

何事もなさそうな外見の陰で、すべての物がひそかに働いている。 Leica M8 monochrome kodak ccd

2020年06月29日 23時40分24秒 | LEICA(M8・M-E・M3・M2・RF)


Elmarit 28mm F2.8 4th ISO160 1/125 f4 NOT UV/IR Filter capture one pro 20 B&W sepia1







Elmarit 28mm F2.8 4th ISO160 1/125 f4 NOT UV/IR Filter capture one pro 20 B&W sepia1







Elmarit 28mm F2.8 4th ISO160 1/125 f4 NOT UV/IR Filter capture one pro 20 B&W sepia1







Elmarit 28mm F2.8 4th ISO160 1/125 f4 NOT UV/IR Filter capture one pro 20 B&W sepia1







Elmarit 28mm F2.8 4th ISO160 1/125 f4 NOT UV/IR Filter capture one pro 20 B&W sepia1






Elmarit 28mm F2.8 4th ISO160 1/1000 f5.6 NOT UV/IR Filter capture one pro 20 B&W sepia1


新型コロナが日本ではじめて確認されたのが今年の1月中旬だった。
テレビの医学者でもその当時は、これはインフルエンザの一種でマスクと手洗いさえすれば
それほど神経質にならなくても良いという意見もあったが、自分なりに調べてこのウイルスの
人にたやすく伝播する性質、無症状と重篤が極端にあること、地球上の人類に誰ひとり抗体を
持っていないことなどを考えて、きっと世界中にまたたく間に広がって先のリーマンショック
やバブル破綻の比ではすまず、戦後の荒廃した社会になるかもしれない…と自分なりに予感して
それまでのRolleiflex SL66E、Rolleiflex 2.8F、ペンタ67ll、NORITA 66etcの交換レンズとSIGMA
キャノンのデジタルカメラとレンズ(α7R iiとFEレンズとマクロプラナーは残して)を1月末ころ
からすこしづつ売った。80万円~90万円くらいになったが、その後がいけなかった。
過去にライカはフィルム時代から10年サイクルで使ってきたが、ライカを使い続けると写真が下手に
なる(自分のなかでの話しで、おそらくライカ好きのレンズ描写に重きを置いてしまうからか?)と
自分をいましめつつ、手元にズミクロンだけは残していた。
その残った沈胴ズミクロンのために、また厄介なライカ偏愛が始まってしまったが、6月になって
戦後の荒廃したような世界にはいまだならず、やはりこれはライカを再び使いたい為の口実だったか
と自責の念にとらわれています。
おもえば20年以上まえに初めて手に入れたライカM3は、肺がんの疑いが有りCTスキャンや組織検査で
大学病院から告知される前前日に、死を覚悟して馴染みのカメラ店で手に入れたものだった。
告知の順番を待つあいだ、前のご婦人はハンカチで目を覆っていて、もういいもんねライカも買ったし、
思い残すこともないし何を言われてもへっちゃら! 結果はたんに肺の周りを厚く覆った内蔵脂肪でした(T_T)
あの組織検査のつらさ(カーテン越しに見た、目にマスクをされて、口はパイプを固定するためにテープで
止められ、暴れないように両手を固定具で固定され、やっと聞き出した看護師から聞いた言葉。。
大人の人でも大抵は泣きます…)これで3度目のライカ遍歴ですが今回はデジタルですが、ライカレンズは球面
タイプはほとんど使ったことがあるので、描写は想像がつきますが、ライカデジタルはこれから少しづつ研究
していくつもりです。
今回はM8にUV/IRフィルターを外したモノクロに挑戦しています。
M8は発表後にセンサーの赤外線フィルターが弱く、新緑が鮮やかな緑に写らず黄緑になる、黒い化繊の洋服が
ある環境で紫になるとのクレームで、ライカではUV/IRフィルターを推奨しています(これ以降の機種は必要ない)
僕はミラーレスでも液晶で再確認はしなかったので、M8,M9,M-Eの機種で液晶での撮影が出来ないのは、まったく
苦にならず、むしろ液晶は撮影まえに動作確認だけして、切るにしてフィルムライカと同じ撮影後確認は出来ない
スタイルです。前述の、僕たちはフィルムの向こう側で夢を見るを実践しています。昔はみんなそうだった。
M8でのモノクロに関してUV/IRフィルターを外すほうが良いとの意見もありますので、M8はモノクロ専用でカラーは
いっさい撮らない覚悟で、思考もモノクロ回路にして撮っています(モノクロフィルムで永年撮影したことがある
僕たちシニアならきっと理解できると思います)
結論から言うとUV/IRフィルターを外しても付けても、モノクロに関しては許容範囲で外したほうがRAWでの細やかな
調整がしやすいかな?という程度です。(キャプチャーワンプロで結構いじってます)

コメント   この記事についてブログを書く
« 何事もなさそうな外見の陰で... | トップ | 植物採集  Makro Planar T*... »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

LEICA(M8・M-E・M3・M2・RF)」カテゴリの最新記事