望子のただいま稽古チュッ!

稽古、公演、プライベート
・・・オバサン役者、木村望子の日々。

舞台の裏のウラ話 <お客様には見えない苦労編・その10>

2019-07-09 13:20:21 | 舞台・ウラ話

 

ぜんぜん消えものに戻らぬまま、

どんどん話が進んでいきますが

 

「何かをやりながら」という芝居では、

もっとハードなシーンもありました。

 

これも、私は出なくてホッとしたという、

とんでもないシーンだったのですが・・・。

 

 

場末のスナックが舞台の芝居で、

いかにも場末!といった、

場末感たっぷりのホステスたちが、

 

すっぴんで出勤してきて、

お店で道具を広げてメイクする、

 

・・・という芝居があったんです。

 

つまり、台詞を喋りながらメイクして、

決まった台詞までに、メイクを完了させるワケです。

 

ここは芸達者な面々が揃っていたので、

最終的に、とっても楽しいシーンに仕上がりましたが・・・、

 

 

普段からメイクをしている方なら、

なんとなくわかって頂けるのではと思います。

 

メイクって、特にポイントメイクなんかは、

かなりの集中力を要しますよね。

 

5、6人でテンポよくポンポン台詞を回しながら、

つけまつげ(ホステスですから)までつけるって、

これ、ほんっとに大変だったと思います。

 

それもまた、台詞が超早口ときてる!

 

たまたま私は、このスナックのママ役で、

着物の超早替えがあったため、

ありがたいことに、メイクシーンは免除されましたが、

 

最初に、どスッピンで舞台に出るのも、

かなりの度胸がいることですしね~。

 

いや~、もう、

あれはパスできてよかったな~、と、

今でもしみじみ思い出すほどの荒業でゴザイマシタ。

 

   ・・・と、

 

消えものネタはどこに行った?状態になっていますが

 

  消えものに戻ります!

 

消えものの大変さも、

「何かをやりながら喋る」

ということと一緒なんですよね。

 

喋っては食べ、食べては喋り、

でも、台詞ははっきり、テンポは崩さず、

 

  そして、なおかつ、

 

 時間通りに食べ終わる!

 

これがまた、まさに荒技とでもいうような・・・。

 

 

   <つづく>

 

 

 

 ブログランキング参加中

 人気ブログランキング

 よろしければクリックを


コメント   この記事についてブログを書く
« 舞台の裏のウラ話 <お客様... | トップ | 舞台の裏のウラ話 <お客様... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

舞台・ウラ話」カテゴリの最新記事