アンナdiary~Part2

日々のこと。拓哉のこと。

BG~身辺警護人~ 5話

2018年02月16日 00時02分36秒 | diary

『あなたはスターでした。

いや、今でもスターです。

人に夢を与えて来た人間は
どんなことがあっても、逃げちゃいけないと思うんです』


純也に言った島崎の言葉。

5話は、この言葉が全てだな。

これは木村拓哉が言うから説得力がある。


井上由美子さんの脚本
毎回まるで木村拓哉のバックグラウンドのような
ワードがちょいちょい出てくるのは偶然なのか?
はたまた意図的なのか?


純也が警察に連れて行かれる途中で
子供達にサインをしている時の姿を見てる島崎の涙目に
私の涙腺が崩壊した(´;Д;`)(´;Д;`)


「あの事故で怪我をしたから、俺はダメになったんじゃない
本当は海外で活躍出来ないのが恐くて、怪我を言い訳に引退した。
俺は自分の恐怖心に勝てなかっただけだ」

だから純也のそばを離れて子供達を助けた島崎は
間違いじゃないと。


そっか~6年前の出来事。
島崎はクラウアントよりも、目の前の子供達を守ったんだ。

己の弱さから逃げた純也。
結局、逃げた自分を正当化する為に島崎のせいにしたんだな。
その島崎に結局は助けられたんだよ、純也は。
目が覚めて良かった。


最後まで送ってくれて、ありがとな。

じゃあな、ザッキー!

。・゚・(*ノД`*)・゚・。 。・゚・(*ノД`*)・゚・。



僕もザッキーって呼んでもいいですか?


うーーーーん、断る。

wwwwwwwwwwwwwwwww

沢口wwwwww


せっかくの涙がどうしてくれよう
((((((((((ノ∀`)・゚・。 アヒャヒャヒャヒャ


相変わらずの息子とのやり取り。
そして元妻から警護の依頼メールが!!!

続く。

 

 

次回予告のみんな集まって笑顔の誤差なし!
あれは何じゃ?


報道ステーションで富川アナが「誤差なし!」やってて
メッチャ!ハマってて無邪気で可愛いけど隣の小川アナが
少し呆れてる顔してたwww

いいぞ、富川アナ!( *´艸`)


蹴られてボコボコにされてる木村さんが
傷ついて血が流れてる様は万次で(*´ω`)もっともっと(違)
クライアントにクビ宣告されてからは
まるで安堂ロイドで、いきなりシュッ!パッ!シュッ!
ツボった(*´ω`)o。

やっぱアクションのキレがイイ!!!
かこいいー!


島崎は静かだけど強い、そして優しい。
ものすごくカッコイイわけじゃないけど
結局、カッコイイって、こういうこと言うのよねってなる不思議。


BGのLINEを買ったので、島崎さんとあそぼ

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« カリスマ | トップ | 人に夢を与えてきた人間は、... »
最近の画像もっと見る

diary」カテゴリの最新記事