アンナdiary~Part2

日々のこと。拓哉のこと。

ALWAYS 三丁目の夕日

2005年11月05日 21時58分41秒 | 過去ログ~2011年2月まで
携帯もパソコンもTVもなかったのに、
どうしてあんなに楽しかったのだろう。

人気コミック「三丁目の夕日」
東京タワーが建設中の昭和33年が舞台。

とっても素敵な映画でした。

オープニング、子供達が飛ばした紙飛行機が空を舞い
「ALWAYS 三丁目の夕日」とタイトルバックが出た時点から
ヤバイ!って思いました。
触れて欲しくないような、触れて欲しいような
ずっと昔に置いてきてしまった何かが心の中で動いた感じ。

気が付くと、自然と涙がこぼれていて
その涙が口に入り「しょっぱかった」
涙って、しょっぱいなぁ。。。
鼻水も出ちゃったよ(笑)
こんなに泣いたのは久しぶりかも。

悲しいんじゃないの。
すごく感動したっていうのとも違うの。
自然に自然に涙が流れていくの。
温かい涙。

面白くてゲラゲラ笑っちゃうシーンもてんこ盛り。
涙あり、笑いありで、ほっこりします。
老若男女!楽しめる作品だと思います。

舞台が当時を再現しているのですが
殆どがCGだというのにも驚きです。
全然違和感なくて、33年に自分自身がタイムスリップ
しちゃったみたいです。
(私は生まれてませんけどね・苦笑)
良く出来てます。

鈴木オートの社長(堤真一)とその妻(薬師丸ひろ子)と
子供・・・この一家がすごくいいんだよね。
この鈴木オートに集団就職でやってくる六子(堀北真希)も
新鮮で、とっても可愛かった。

茶川(吉岡秀隆)が石崎ヒロミ(小雪)に指輪のない
指輪ケースを贈る場面は、とっても素敵です。

テレビが初めて鈴木オート宅に来た時に
近所の人たちが集まって、力道山の試合の模様を見るんだけど
その時のみんなの笑顔が素敵でした。
見ている私までもが笑顔になってしまいましたよ。

見終わった後、誰ひとり席を立ちませんでした。
みんな「幸せな余韻」に浸ってました。

とっても穏やかな気持ちになって映画館をあとにしました。

とってもオススメです!

私の評価は星
コメント (15)   トラックバック (62)   この記事についてブログを書く
« 流星花園~花より男子~ | トップ | アクセス解析 »
最近の画像もっと見る

15 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
タイトルが出る前 (kossy)
2005-11-05 22:05:49
TBありがとうございます。

あのタイトルが出る前の長まわしで俺もウルウルでした。今日は2回目の鑑賞だったのですが、前の上映回でD-51の曲が聞こえたときから涙が出てたかも・・・

私も明日。。。 (アンナ)
2005-11-05 22:11:56
2回目見てきます。

今度は母を連れて行きます。

本当に素敵な映画ですよね。
TBありがとうございました (ミチ)
2005-11-05 22:28:11
はじめまして♪

私が見た回も皆さん着席のままでした。

余韻に浸れる映画っていいですよね。

毒もないし、素直に良かったといえる映画って珍しいですから、たくさんの人に見てほしいです。
初めまして! (アンナ)
2005-11-05 22:42:42
今だに余韻に浸って、穏やかな自分がいます(笑)フツ~の日常を映画にしただけなのに、こんなに泣けるのも珍しい作品です。
Unknown (kaka)
2005-11-16 09:56:25
ここで主題歌の特集やってますよ!

http://www.ongen.net/



kakaさん (アンナ)
2005-11-16 13:17:18
URLありがとうございました。

早速行ってきました
今年No.1候補 (pixy_japan)
2005-11-21 00:18:42
 公開から2週間も経過してから見たのですが、そんな記事にコメントいただきありがとうございました。 今年は昨年までと異なり、邦画ばかりたっぷり見ていますが、(頭の中を整理してないから分かんないけど)今年No.1候補であることは間違いないです。

 とってもとっても素敵な映画でしたね!



 最近は、すぐにDVDやテレビ放送があるから、アクションやSFなどのような大迫力映像の映画じゃないと、映画館で観ることもないかなぁって思っていましたが、これは映画館で観てよかったと思いました。
Unknown (アンナ)
2005-11-21 12:21:39
この映画、そんなに期待して行かなかったから

(地味でしょ?苦笑)

そしたら、とんでもない!素晴らしい映画で

自分自身の気持ちが優しくなれて、感動。

一人でも多くの人に見てもらいたい。

だからこの映画の記事には反応してしまいます
魔法の指輪 (にら)
2005-12-02 15:34:06
それを吉岡くんが小雪さんの指にはめて、手をかざすのに合わせてカメラがパンすると、小雪さんの顔が画面に入ってきて、絶妙のタイミングで彼女の頬を涙が伝うんですよね。



って打ちながら泣きそうですが(笑)、TBありがとうございます。
Unknown (アンナ)
2005-12-02 20:23:22
吉岡君が小雪さんに指輪をあげるシーンは

とっても素敵ですよね。

私もこんな指輪が欲しい。

お金じゃ買えないもん

過去ログ~2011年2月まで」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事

62 トラックバック

ALWAYS 三丁目の夕日 (ネタバレ映画館)
 「戦争も知らないくせに」「ロシア文学も知らないくせに」という会話にドキリ。はい、どちらも知りません・・・  長嶋茂雄が巨人軍に入団した年に生まれていない者でも懐かしく感じてしまう昭和33年の映像。知らない時代でも懐かしく感じてしまう、日本人のDNAを受け継い
映画「ALWAYS 三丁目の夕日」 (ミチの雑記帳)
映画館にて「ALWAYS 三丁目の夕日」★★★★ ストーリー: 東京下町の夕日町三丁目に住む鈴木家に、集団就職のために上京してきた六子(堀北真希)が住み込むことになる。また鈴木家の向かいにある駄菓子屋の店主(吉岡秀隆)も、見ず知らずの少年の面倒を見ることに……。
ALWAYS 三丁目の夕日 (★☆★ Cinema Diary ★☆★)
2005年の最高傑作。この作品に出会えたことを誇りに思い、涙できることに幸せを感じます。
『 ALWAYS 三丁目の夕日 』 (やっぱり邦画好き…)
映画 『 ALWAYS 三丁目の夕日  』  [ 試写会鑑賞 ] 2005年:日 本  【11月05日ロードショー】 [ 上映劇場 ] 監 督:山崎 貴 VFX:   〃 脚 本:山崎 貴、古沢良太 原 作:西岸良平「三丁目の夕日 」     (小学館 ビックコミ
ALWAYS 三丁目の夕日 (It\'s a Wonderful Life)
劇場で予告を観たときに、うわ!面白そう!と思ってましたが、 期待通りの楽しい作品になってました。まさに昔ながらの人情喜劇。 予告でも冒頭「TOHO SCOPE」の東宝マークに始まって、 建設中の東京タワー、都電やミゼットの走る街並み等のイメージがおぉ! っと...
ALWAYS 三丁目の夕日 (ナナシ的エンタメすたいるNet)
続いて日劇東宝で「ALWAYS 三丁目の夕日」を観て来ました。 西岸良平の人気コミック「三丁目の夕日」を映画化した作品で、 昭和33年の東京を舞台に、 家族や近所の人々の触れ合いや人情を描いた作品。 出演は小説家兼駄菓子屋で生計を立てている芥川竜之介に(吉岡秀隆).
もうすぐロードショー!おすすめ「三丁目の夕日」 (「感動創造カンパニー」ダスキン城北の部屋!仕事も人生も感動だっ!)
もうすぐ封切り!おすすめします。「三丁目の夕日」 この映画の原作は、漫画ビッグコミックオリジナルに連載中 作者は、西岸良平氏である。   私は、元祖テレビっ子であるとともに、漫画評論家でもあるので、これは外せない。子供の頃から、星の数ほど漫画を読み
「ALWAYS三丁目の夕日」レビュー (映画レビューTBセンター)
「ALWAYS 三丁目の夕日」についてのレビューをトラックバックで募集しています
映画 : ALWAYS 三丁目の夕日 (青いblog)
試写を見た友達のおすすめだったので観に行った。ビッグコミック・オリジナル「三丁目の夕日」の映画化。 昭和33年の日本。地面は土で野良犬が歩いてて人と人との壁が薄かった時代。建設途中の東京タワーが主人公。 ALWAYS 三丁目の夕日 公式サイトhttp://www.always3.jp/
『ALWAYS 三丁目の夕日』 (京の昼寝~♪)
携帯もパソコンもTVもなかったのに、どうしてあんなに楽しかったのだろう。 ■監督 山崎 貴■原作 西岸良平 ■キャスト 堤 真一、吉岡秀隆、小雪、薬師丸ひろ子、掘北真希、須賀健太、小清水一揮、もたいまさこ、三浦友和□オフィシャルサイト  『ALWAY
こんな素晴らしい映画観た事ない【ALWAYS 三丁目の夕日】 (D i a r y)
『ALWAYS 三丁目の夕日』を観た。実は今まで映画で泣いた事がない。正確に言ったら映画館で泣いた事がない。それは恥ずかしいからとかそういう感情もあるけれど、結果的に私を泣くまでに行かせない映画が多い。ドキュメント番組で泣く事はあってもノンフィクションだからと言
「ALWAYS三丁目の夕日」@イイノホール (旦那にはひ・み・つ (☆o☆))
今年の秋の『泣ける邦画』としてあーちゃんが注目していた2本は不発…という事で今日はめっちゃ楽しみにしていきました。 {/kaeru_cry/}STORY オフィシャルサイト 昭和33年、東京タワーが完成するこの年、夕日町三丁目では個性豊かな住民たちが暮らしていました。そ
ALWAYS 三丁目の夕日 (Rohi-ta_site.com)
映画館で、吉岡秀隆、堤 真一、小雪、堀北真希、薬師丸ひろ子 出演の「ALWAYS 三丁目の夕日」を観ました。 ●ストーリー 昭和33年、東京タワーの建設工事が見える下町・夕日町三丁目に、小さな自動車修理工場「鈴木オート」があった。 この年の春、「鈴木オ
映画館「ALWAYS 三丁目の夕日」 (☆ 163の映画の感想 ☆)
昭和33年、東京タワーが建設中の東京でのお話。 時代設定が、ちょうど母が子供のころだったので母と一緒に観にいきました。母から聞いた話の中に登場するモノたち、たとえば氷を入れて使う冷蔵庫などを実写で見れたという感じでした。私にとっては、懐かしいというか...
ALWAYS 三丁目の夕日 (まぁず、なにやってんだか)
これは観る価値のある映画です。昭和33年の生活をうまく表現していることにまず驚きます。そして、この1本の映画の中に様々な人間ドラマがうまく盛り込まれていて、感動すること間違いなし。 何ヶ月か前に映画の予告を観た時は、原作も知らないし、「観なくてもいいか
ALWAYS 三丁目の夕日 (そこで馬が走るかぎり)
舞台は昭和33年の東京 この年 東京タワーが完成します 「もはや戦後ではない」と言われた頃 青森から集団就職で六子(ムツコ)が 上京してくるところから物語は始まります  公式サイトはこちら     話の軸になるのは 茶川(吉岡秀隆)と淳之介(
ALWAYS三丁目の夕日 評価額・1700円 (Blog・キネマ文化論)
●ALWAYS三丁目の夕日をTOHOシネマ浜松にて鑑賞。 昭和33年の東京。短気
ALWAYS 三丁目の夕日 (ダラダラ生活 日記)
観に行ってきました。 年配の方がたくさん観に来ていました。 映画ですが・・・よかったです{/face_yoka/} ほんわかあたたかい気持ちになる、心地いい映画でした。 「消しゴム」で泣かなかったのに、涙・鼻水が止まりませんでした{/namida/} 昭和33年春から冬までの、鈴
物はなくても豊かだった時代◆『ALWAYS 三丁目の夕日』 (桂木ユミの「日々の記録とコラムみたいなもの」)
11月9日(水)TOHOシネマズ木曽川にて 昭和33年。東京タワーが完成するこの年に、青森から上野駅に集団就職で六子(堀北真希)がやってきた。就職先は鈴木則文(堤真一)とトモエ(薬師丸ひろ子)が経営する鈴木オート。立派な会社を期待していた六子は、小さな町工場だと
ALWAYS 三丁目の夕日 (うぞきあ の場)
私の世代よりもひと世代前の物語。 ゆえに観客もその世代が多かった。 いわゆる“懐かしさ”は感じなかったが、 自分の世代にも、“あったあった”はあった(爆)。 駄菓子屋(ババァはいなかったが)・舗装されていない道・氷屋・・・・。 見所キャスト 鈴木オート(堤
夕日に涙 (ON THE ROAD)
    うっ! ピンポイントで心の一番深いところをえぐられた! ん? 暗闇のあちこちから鼻をすする音。 あぁ~ オレだけじゃない!みんなそうなんだ。 悲しい映画じゃないのに涙があふれてくる。 いいっす !! ALWAYS 三丁目の夕日 このマンガが実写の映画になると
ストレートの感動映画でした...。 (気ままに『建築』コラム!)
『ALWAYS 3丁目の夕日』を見ました。文句なしの感動の作品でしたね。家族で観
ALWAYS 三丁目の夕日 (39☆SMASH)
昨日は友達と夜中まで遊んでました。 で、現在放映中の『ALWAYS 三丁目の夕日』をレイトショーで鑑賞。 もうね、すんごく良かった!! 物語後半は、皆さんの感動してすすり泣く声が前後左右から聞こえてきました。 もちろん私も号泣しましたけど、なにか??...
ALWAYS 三丁目の夕日(gooブログ専用) (ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!!)
今日、僕の家へ新しい家族がやってくる。 集団就職で青森から来た六ちゃん。 怒りん坊のお父さんと、優しいお母さん。 駄菓子屋の茶川さんは、居酒屋のヒロミさんが大好き♪ これは、僕ん家と夕日町三丁目に住む人のお話。 http://yoyupon.livedoor.biz/a
見てしまいました・・・・感動の「三丁目の夕日」必ずあなたも見なさいよ! (「感動創造カンパニー」ダスキン城北の部屋!仕事も人生も感動だっ!)
楽しみにしていた映画を見た。「三丁目の夕日」。 泣いた。 一言で、この映画を述べるのであれば「ぬくもり」であろう。これほど、ぬくもりを感じさせてくれる映画は少ない。 それぞれの出演者がいい味を出しており、BGMが涙を後押ししてくる。特に、駄菓子屋の売れな.
「ALWAYS三丁目の夕日」観賞 (Cafeアリス)
ALWAYS三丁目の夕日観賞しました~。 昭和33年の東京の下町を舞台に描かれたコミックを、映画化された作品。 建設途中の東京タワーは、どんどん出来上がっていき、最後には完成してましたね。 東京タワーが出来てから、47年経っていたんですね。 このコミ...
映画 ALWAYS 三丁目の夕日 (限りなくアメリカに近い福生)
前略。 おふくろ様。 12日(土)のWE LOVE FUSSA PARTY VOL2は 福生好きな皆さまのおかげで大盛況でした。 ありがとうございます!! いやー、福生って街は人肌が温かい。 やっぱりいいところです♪ 思わずTシャツ姿で走り回ってしまいましたよ。(ちょいさむ
ALWAYS三丁目の夕日を見て (落葉松林のデッキの上で)
 広島でのホテルの朝食の折り、ほぼ私と同世代の4人が一つのテーブルに集った。私
◇映画◇『ALWAYS 三丁目の夕日』 古き良き日本の姿。あったかい! (気ままなNotes...)
 昭和30年代前半の日本を描いた傑作。東京タワー建設中の東京に集団就職のために青森から上京した六子が住み込む鈴木家(鈴木モーター)と、その向井の売れない小説家を中心とした、ほのぼのとしていて、そしてクスッと笑える、あったかい話だ。映画館で見るつもりはサラサ
「ALWAYS 三丁目の夕日」 (soramove)
「ALWAYS 三丁目の夕日」★★★★ 堤真一、吉岡秀隆、小雪、薬師丸ひろ子主演 山崎貴監督、2005年 予告編を見た時、 「この映画はやめよう」と 思っていた。 「泣き」の映画の あざとさのようなものを 嗅ぎ取ったからだ。 で、映画館の暗闇で上映開始を待...
ALWAYS 三丁目の夕日 (my life of my life)
公式サイト…ALWAYS 三丁目の夕日 携帯もパソコンもTVも無かったのに、 どうしてあんなに楽しかったのだろう。 昭和33年… 豊かではなかったけれど 明日への夢があった あなたの心の いちばん暖かい場所へ まず、堤真一のキャラが面白かった!堀
ALWAYS 三丁目の夕日 (cinema capsule)
戦後の高度成長期を背景に繰り広げられる人情劇。 人間っていいね、とウェルメイドに浸れる。 ★「ALWAYS 三丁目の夕日」  2005年日本、132分  監督:山崎貴  出演:吉岡秀隆     堤真一     小雪     薬師丸ひろ子     堀北真希 ★Story 昭和
『ALWAYS~三丁目の夕日』 (ねこのひたい~絵日記室)
新聞の映画上映時間案内欄は、映画のタイトルが縮められて表記されていることが多いんですけど、今作の場合「オールウェイズ」なんて略されてるもんだから、判りにくくてしようがない
映画:「ALWAYS三丁目の夕日」の感想 (Mr.Ericの感じたままで)
西岸良平の原作マンガは、連載されているビッグコミック・オリジナルを購入した時は欠かさず読んでいます。昭和30年代の時代背景をベースに、ネタが尽きる事なく毎回心温まるエ
ALWAYS 三丁目の夕日 (toe@cinematiclife)
泣いたわよ。 まさかと、自分でも思ったけど、泣いたわよ。 まぁ、最近、涙腺ゆるゆるだけどね。 でも、きっとまだの人も、見ると泣くかもよ。 <STORY> 戦後間もない東京下町、東京タワーのすぐ近く。 いろんな生活がそこにはあった。 駄菓子屋・茶川商店の茶川竜之介(吉
★「ALWAYS 三丁目の夕日」 (ひらりん的映画ブログ)
久しぶりに映画館のはしごをしてきました。 こちらはチネチッタ川崎で鑑賞。 なななかおじさん連中には評判のようだったので・・・ 2005年製作のファミリー・コメディ・ドラマ、133分もの。 あらすじ 昭和33年、東京の下町、夕日町三丁目が舞台。 町場の修理工場・鈴木
ALWAYS 三丁目の夕日(映画館) (ひるめし。)
携帯もパソコンもTVもなかったのに、どうしてあんなに楽しかったのだろう。 CAST:吉岡秀隆/堤真一/小雪/堀北真希/もたいまさこ/三浦友和/薬師丸ひろ子 他 ■日本産 133分 最近映画館で邦画ばかり観ている今日この頃。 実はこの映画まったく観る予定じゃなかった
ALWAYS  三丁目の夕日 (DRIVE ME NUTS)
見てきました。面白かったよ。昭和33年の東京を舞台にした映画です。その時代の日常...
「Always三丁目の夕日」(少しだけストーリー) (B級人生)
ようやく、見ることができました。日本テレビが制作に絡んでいるので、「『SHINOBI』みたいにがっかりさせられんじゃないか」なんて思ってたんですが。すごく良かったです。テーマは、絆なんですね。主なストーリーは2つ茶川竜之介と古行淳之介の絆。飲み屋のおかみの石橋...
ALWAYS 三丁目の夕日 今年の234本目 (猫姫じゃ)
ALWAYS 三丁目の夕日 泣いた、、、 ホント、久しぶりに映画館で見た。札幌で、夜の出撃に備えて、英気を養うためにぶらぶらしていたんだケド、この映画の評判が良いのは知っていたので、たまたま通りかかった映画館へ。 SFXとは、こういう使い方をするんだぁ! 年代は
ALWAYS 三丁目の夕日 (季節が無い毎日 ~映画の影をめざして~)
製作:2005年、日本 原作はビックコミックオリジナルで30年以上も連載し続けている漫画。 舞台は昭和33年の東京。東京タワーも建造中の最中。 VFXでの東京タワーや、東京の街並みの復元は、すばらしい! 自分はまだまだ生まれてもいない。 小さい頃でも、この映画に出て
映画「ALWAYS 三丁目の夕日」感想 (CHONのアポヤンド的日々)
2005年12月8日観賞 in MOVIX倉敷。 うぉ~~~、なんだこれは!す
「ALWAYS 三丁目の夕日」 (雑板屋)
氷屋の親父の悲しそうな表情ったら・・・。 冷蔵庫を購入した鈴木家に捨てられた粗大ゴミを眺める氷屋の親父の姿・・・。ああいうの、弱いなぁ~ ということで・・・。 高評価されている邦画なので、期待が高過ぎたのか物語の始まりは退屈で正直「はずしたか・・」と思.
「ALWAYS 三丁目の夕日」・・・昭和30年代グラフティ (おしゃれ手紙)
ミゼット、駄菓子屋、ちゃぶ台、力道山、街頭テレビ、汽車、フラフープ、舗装されていない道路、広場、子どもたちの歓声、タバコ屋のおばあさん、戦争の傷あと、東京タワー、「別れの一本杉」、「ダイアナ」、ロカビリー・・・。映画「ALWAYS 三丁目の夕日」には、そんな...
ALWAYS 三丁目の夕日 (時計仕掛けのオレ BY ザ・ワールド)
ほのぼのとしたいい映画でした{/fine_sim/} 思ってたよりもずっとおもしろかった{/up/} 感動させられたなぁ 薬師丸ひろ子のお母さん役はかなりハマってました そして堤真一はやっぱり大好き{/hearts_pink/} あの親子には何回も笑わされました{/face_yaho/} テレビが家にや
ALWAYS 三丁目の夕日 (すりこ木日記)
みなさんは師走のお忙しい中、どうされてますか? 私は年末気分を楽しんでいますよ。朝から普段観れない映画やTV番組、DVDを貪るように観ています。今日は映画館に足を運んでみました。
「ALWAYS 三丁目の夕日」 (トリ猫家族)
 昨日の夜は家族で「ALWAYS 三丁目の夕日」を見てきました。 昭和大好き、つねづね昭和30年代に青春を送りたかったと思ってる私には 本当に楽しい映画でした。  感想は・・・まあ、佳作というか、贅沢だよな~って感じですかね。 あの頃の雰囲気が忠実に再現.
ALWAYS 三丁目の夕日 (泥海ニ爆ゼル)
「ALWAYS 三丁目の夕日」 今年映画館1本目の作品。誰かが観客の8割以上が最高点の評価を付けていたとか言ってた。何かの罠だろうと思っていたけど、多分大手の映画情報ページでも見たんだろう。Moviewalkerのレヴューなら大抵平均が高いからあまり当てにもならなさそうだし
「ALWAYS 三丁目の夕日」 (ストーリーの潤い(うるおい))
昭和33年の日本人が、明るい未来を信じることができたのは、どうしてだろう? もしかしたら、以下のような理由によるのかもしれません。 ウソをつけば罰せられ、 自分が間違っていることに気づけば、大人も子供相手に素直に謝り、 勤勉な者は必ず報われ、 怠惰な.
ALWAYS 三丁目の夕日 (Extremelife)
西岸良平の人気コミック『三丁目の夕日』を映画化した人情ストーリー。誰もが明るい未来を信じていた昭和30年代の東京下町を舞台に、個性豊かな人々が織りなす心温まる人間模様を綴る。広大なロケセットに加え、「ジュブナイル」「Returner リターナー」の山崎貴 ...
ALWAYS 三丁目の夕日 (東京ミュービー日記)
ALWAYS 三丁目の夕日 監督:山崎貴 出演:吉岡秀隆/堤真一/小雪/堀北真希/もたいまさこ ほか? 毎日、雨続き。 梅雨ですかね? うっとうしいなぁ・・・。 なんとかならんですかね。 今週末に広島出張を控え、バタバタです。 ? さて ...
ALWAYS 三丁目の夕日 (土曜の夜は・・・)
story 西岸良平の人気コミック『三丁目の夕日』を映画化した人情ストーリー。誰もが明るい未来を信じていた昭和30年代の東京下町を舞台に、個性豊かな人々が織りなす心温まる人間模様を綴る。広大なロケセットに加え、「ジ
映画 「ALWAYS 三丁目の夕日」 鑑賞レポート (STABLO.G|スタブロのブログ)
久しぶりに暖かい良い映画を観ました。 今回、選んだのは、劇場公開当時から友人より勧められていた映画「ALWAYS 三丁目の夕日」。 原作は、連載開始から30年以上たった2006年現在も連載が続く西岸良平の「三丁目の夕日」。 監督は山崎貴。 夕日町三丁 ...
【DVD】ALWAYS 三丁目の夕日 (まぁ、お茶でも)
冒頭から、セピア色の懐かしさが、画面いっぱいに広がる。コンピュータグラフィックと判っていても、昭和30年代、東京タワーが、半分出来ている光景は圧巻である。
【邦画】ALWAYS 三丁目の夕日 (ハサウェイのシネマ!シネマ!シネマ!)
A+  面白い A     ↑ A- B+ B    普通 B- C+ C     ↓ C-  つまらない 『評価』  A- (演技4/演出3/脚本4/撮影4/音響3/音楽4/美術4/衣装4/配役4/魅力3/テンポ3/合計40) 『評論』 あれ
だって主演が嫌いなんだもん『ALWAYS 三丁目の夕日』 (|あんぱ的日々放談|∇ ̄●)ο)
『ALWAYS 三丁目の夕日』芥川龍之介ならぬ茶川竜之介なる主演のY氏が嫌いなので、テレビ放送まで待っていた(爆)まぁ『椿山課長の七日間』で泣かせてくれた須賀健太くんが見たかったんだけどさぁ、やっぱ巧いさすがROBOT CGと模型を上手く組み合わせてる~本物 ...
初めてシュークリームを見た私は腐っていると注意されたのに我慢できずに食べてしまい激しく嘔吐した。(堀北真希) (キッドのブログinココログ)
1950年代の終わり頃の日本(主に東京の下町)を描いた1970年代のコミックの2
ALWAYS 三丁目の夕日 (kasumidokiの日記)
always 三丁目の夕日 発言者:→宵里、
50年後も綺麗な夕陽・・・「ALWAYS 三丁目の夕日」 (取手物語~取手より愛をこめて)
昭和33年、東京の下町。ある日、町工場の鈴木オートに、集団就職で上京した六子がやってきた。大きな自動車会社を想像していた六子はイメージとのギャップに、少しがっかりした様子。その鈴木オートの向かいにある駄菓子屋の店主で、しがない小説家の茶川竜之介 ...
ALWAYS 三丁目の夕日~昭和バンザイ!珠玉の名作!! (名作玉手箱!~映画・テレビ・ゲーム・漫画・小説など)
ALWAYS 三丁目の夕日、見ましたが震えました。前評判が良いのは知っていましたが、これは予想以上のデキで、穴が無く、笑えるし、感動しっ放しで、珠玉の名作だと思います。
ALWAYS 三丁目の夕日 (2005年) (シネマテーク)
【コメント】★★★★★★★★☆☆ 昭和33年。私にとっては知らない時代の話。だ...
ALWAYS 続・三丁目の夕日 (アートの片隅で)
「ALWAYS 続・三丁目の夕日」の試写会に行って来ました。 前作が大好きな妻と一緒です。 前作から4ヶ月後、既に完成した東京タワーをバックに始まります。 このオープニンがとても楽しいです、(内容は書けないけど、、、) 山崎監督のこういう感じの作品も観てみた...