アンナdiary~Part2

日々のこと。拓哉のこと。

教場 前編

2020年01月05日 17時23分33秒 | diary

たかが占い・されど占い。

アッコにおまかせ見てたらマインドナンバー占い2020年
総合1位が拓哉とタッキー

今年は躊躇せず、やってみたいことをやろう!

このふたり、努力が実を結び開花するんじゃない?って気がする。

まあ、占いだけどさ。
占いでもなんか嬉しい

 


昨日の教場 前編

息をのむってこういうことかも。
緊張しっぱなしで引き込まれた。

面白かった。

後編も一気に見たかったなぁ。

これ映画館で試写見た人がドキドキした、緊張した、面白かったと
口々に言ってたのがすごいわかった。

テレビだとNHKではない限りスポンサーあっての番組なので
CM入るのは致し方ない。

仕方ないのはわかるけど、多過ぎ。

多分、スポンサーさんも見てて感じたと思う。
ものすごい緊張感を持って見る作品なので、いいところでCMが
「やたら」入るのでその度にテンション下がる。

でも、ものすごい緊張感のある作品なのでCMがないと
息が出来ずに酸欠になるwww
なのでCMも必要かも。

うー、じれんま。

CMカットした録画を今日ひたすらリピしてる。

面白い。

主役は木村拓哉なのだけど、グランメゾン東京と似てる。

主役なんだけど、そこに光が当たり過ぎてない。
HEROものではない。

拓哉の出演時間は決して長くない。
なのに、圧倒的な存在感で余韻が半端ない。

風間公親を自分に寄せるからか、風間公親を生きるからか
本当に存在しているかのようで、リアルで怖い。

あのカリスマ性は演技がうまいだけでは存在出来ない。
グランメゾン東京のシェフ、マスカレードホテルのホテルマンに
扮した潜入捜査官.....そして警察学校の教官と、どれも違ってすごい。

ドレミファドンを見た後だったので、あの無邪気にニャニャニャと
言ってた人と同一人物とは思えず、それこそ頭の中カオス状態


30名の教場の生徒と教官。
ひとりひとりに色々な人生、人間模様がある。

警察官でなくても、なるほどなぁって勉強になることが
沢山あった。

重いものに長時間挟まれていたら、すぐに取り除いてはいけない。
どのくらい挟まれていたのか質問すること。
4時間以内なら瓦礫を取り除く、でもそれ以上であれば手を出すな。

挫滅症候群という症状が現れる。
長時間圧迫されれば細胞が崩れ、血液が濁る。
そんな時に瓦礫を取り除けば、濁った血液が一気に体中を駆け巡る。
意識は混濁し、下手をすれば死に至る。
苦しんでいる人がいても、レスキュー隊の到着を待つこと。


知らなかった。こわい。すごい勉強になった。

職務質問も、自分が良かれとして行った優しさも
相手の為に必ずしもならない。

ひとつひとつの事例が、他人事ではないなって気持ちで見てた。

面白い。

それにしても宮坂(工藤亜須加)は人が良すぎる。
これで警官、大丈夫なんだろか。
平田(林遣都)は不気味で気持ち悪かったけど個性が光ってた。
でも、脱落。親が警察官であることへのプレッシャーに
潰れているのか?

岸川沙織(葵わかな)も警官には向いていなかったので
脱落。人への依存がすごい。もう少し自立しないとなぁ。

調達屋になってた樫村(西畑大吾)も脱落。
なにわ男子の大吾は、なかなかやるなぁって思った。
この役に抜擢されたのも納得。今後が楽しみ。

前半ではこの3人が脱落したけど、後編ではどうなるのか?

都築(味方良介)が警察官に恨みがあると言ってたが
彼は後編キーになりそうな気がするくらい、光るものがある。

風間教官も警察に恨みがある、自分ほど警察を恨んでいるものは
そうそういないと。

風間教官の過去に何があったのか?
あの義眼は怪我?事故?

原作は読んでいないので、後編がものすごく楽しみ。
メッチャ!楽しみ過ぎて困るw

きっと卒業式のシーンで風間教官の思いが伝わるんだろうなぁって
思ってる。

そうそう、1つ気になるのが....冒頭の雪山のシーン

車ごと落ちたのは宮坂だったけど、おまわりさんに救われたので
憧れてこの道にと言ってたけど、そのシーンを生かすためだけの
冒頭じゃないよね?何か意味があるんだよね?って自分の中で
ちょいとスッキリしない。後編でわかるのか?それともそんな深い
意味はないのか?w

予告
人を傷つけたことがあるものは、人を守ることが出来る。
ああああああ、後半が楽しみ過ぎるので早めに夕飯とお風呂済ませなきゃw


元フジテレビアナウンサーの笠井さんのブログ

「木村拓哉の底力」


昨日kokiちゃんもお父さんの教場を見てたみたいね。
インスタストーリーにアップしてた


家族みんなで見て欲しいドラマかも。

警察官になるには生半可な気持ちじゃなれないんだなぁ。
当たり前だけど「忍耐」なんだなぁ。

 

中江監督のインタビューがいいのよね。

『教場』で木村拓哉と16年ぶりタッグ、中江功監督が見せた演出の軌跡 

木村拓哉は「行動がいつも早い」『教場』中江功監督に来た“内緒”の連絡

『教場』中江功監督が語る“戦友”木村拓哉「裏切れない気持ちに」 

 


FLOWでは今年初めての書初め

今年は挑戦ということで「挑」

色々なことに挑戦し続けて行って欲しいな。
いつまでも好奇心を失わず、色気のある可愛い男性で
いて欲しい。

また、新しい作品を待ってます。
グラメと教場を見てさらに思いが強くなりました。

1月のゲストは槇原敬之さん!

やった~~~!マッキーと拓哉があまり接点ない感じに見えて
このふたりの会話が弾むんだろうか?ピンとこないので
すごい楽しみです。私はマッキーのアルバムよく聞くので
楽しみだなぁ。


休みの間、ずっと1日2食。
起きるのが遅いのでブランチと夕方の夕飯のみ。

ブランチと言っても、キノコのパスタとサラダ。
しかも食べてる最中に「あっ、写真!」っていうぐらい
最近写真を撮ること忘れるのが頻繁で

写真を撮らない習慣がついてしまったマズイ。

 

今日も見に来てくれて、ありがとう

この記事についてブログを書く
« BABA嵐....そして教場 | トップ | 教場 後編 »
最新の画像もっと見る

diary」カテゴリの最新記事