アンナdiary~Part2

日々のこと。拓哉のこと。

あしたの、喜多善男 最終回

2008年03月19日 00時24分48秒 | 過去ログ~2011年2月まで

すべての真実を突きつけられた善男(小日向文世)は、いよいよ死ぬ決意を
固めて行方をくらます。善男を止めたい平太(松田龍平)だが、善男が話していた
みずほ(小西真奈美)と善男の心がつながった場所を、みずほは思い出すことが
できない。一方、夫殺しの容疑が掛かったみずほと接見した杉本(生瀬勝久)は
みずほの夫殺しに使われた携帯電話のトリックから事件の真相を突き止め
ある場所へ乗り込んでいく。 ~goo番組ナビ



喜多さんは、死ななかった。


まあ、予想通りだけど。。。

全体的に淡々と、まったりした1時間だった。
もっと劇的な終わり方をするのかな?って思ったりもしたけれど
こういう終わり方も、らしいかなぁ。。。って。

 

死ぬ決意をした喜多さん。
みずほとの心が繋がった場所。
二人が好きだった絵「クリスティーナの世界」


喜多さんの死を止めたのは、平太さんだったけど
その場所を突き止めたのは。。。しのぶ。
しのぶ最終回は大活躍(笑)


決定的な言葉が「カレー」(苦笑)そして最後は、カレーから母親へと
繋がるのは良かったと思うけどね。
美味しい!って両手を口にする喜多さんのリアクションを今度マネして
みるかなぁ~(笑)

 

ネガティブ善男は、現れなかった。
喜多さんは、乗り越えたんだよ。

 

平太さんのお父さんは自殺したんだね。
そんな父親を許せないでいた平太さん。
弱いヤツはさっさと消えてしまえと思ってたけど、喜多さんと出会って
自分が父親を許せないと思ったのは、弱いからでなく死んでしまったから。
平太にとっても、喜多さんとの出会いは運命を変えたんだね

松田龍平の演技が、まだ青い(笑)
喜多さんの死を思いとどまらせるシーンもそうだけど
リカを抱きしめるシーンを見て思った。
でも、まだぎこちない演技が吉高由里子もそうだけど
逆に新鮮だった。。。これからが楽しみなふたりですね

 

あの屋根から、平太さんが滑り落ちそうになったけど
あれで平太さんが落ちて死んだら、どんなあしたになったんだろう?


今回涙してしまったのが、喜多さんと平太のシーンではなく
宵町しのぶのシーン
あれは台本か何か?
まるで素人のような棒読みなセリフだったけど
だから余計にくるものがあった。
このセリフを言いながら涙した宵町しのぶに涙してしまった

 

人は人を恨み、怒り、裁いて罰を与えようとする。

怒りに身をゆだね、行動することは、それほど困難なことではないのだ。

人間にとってもっとも困難なこと、それは他者をそして自分を許すことなのだ。

その先にこそ、調和があると知りながらも

人は許すことをなかなかできない。

誰もがその内側に黒いものをかかえている。

誰かを傷つけることもある。

罪を犯すことも。

悲しみにうちひしがれることもあるだろう

だが、その同じ人間が純粋に愛を求めることがある。

本当の愛を手に入れたいのであれば

許すことを知りなさい。

他者を、そして自らを。



いいセリフだね。

喜多ちゃんはキャバ嬢のアイドルになったし(笑)
平太さんという新しい友達も出来た。

 

終わるはずだった俺の明日がまた始まった。
数えるには多過ぎるほどの明日が

悲しい明日もあるのかもしれない
だけど、笑える明日もきっとあるような

そんな気がするんだ。


今まで使っていたボストンバックをゴミ箱に捨て
新しいリュックをしょって、さっそうと歩きだす喜多さん。
みずほにも、笑顔で決別しましたね。
何も言わなかったけど、喜多さんは過去を振り返るんじゃなくて
前を見て歩きだしました。 

 


えっと。。。杉本さん大活躍でしたね。
でも、保険金殺人の件は途中からどうでも良くなった

 

ネガティブ善男かぁ。。。

自分にもいるのかな?ネガティブアンナ(笑)

 

コヒさん初主演、お疲れさまでした

 


公式サイト


自由死刑 (集英社文庫)
島田 雅彦
集英社

このアイテムの詳細を見る
真夜中のBoon Boon(初回限定盤)(DVD付)
山崎まさよし,山崎将義
UNIVERSAL J(P)(M)

このアイテムの詳細を見る
あしたの、喜多善男 ~世界一不運な男の、奇跡の11日間~ DVD-BOX(6枚組)

東宝

このアイテムの詳細を見る


コメント (15)   この記事についてブログを書く
« SMAP×SMAP(3/17) | トップ | 卒業式~ダイエット222日目~ »
最新の画像もっと見る

15 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
良かったね (くう)
2008-03-19 00:41:28
何か感動したわ~。。。
しのぶちゃんが読んでた台本をバックに
クリスティーナの世界の家に向かう平太の
シーンに涙。
自分の気持ちを全部吐きだした、みずほに涙。
本当に良いドラマだった(^.^)
こんばんはです (ikasama4)
2008-03-19 00:50:59
ネガティブ善男が
善男に送る最悪の絶望って

善男の願いを叶えない事=生き続けさせる事

のような気もしたんですけどね(; ̄∀ ̄)ゞ

やっぱり喜多さんと
どこぞの「お花屋さん」とイメージが重なりますが
喜多さんの方に共感できるのは

心から誰かを信じようとする気持ちを
喜多さんが持ってるからかもしれないですね。

自分もネガティブさんがいますよ。
よく、分厚い書類で会社の誰かさんを
ブン殴りたっています。

あくまでもう一人の自分の妄想ですけど(爆)


たしかに宵町しのぶには私もヤラれました(T▽T)

後、こんなんも作ってみました↓
http://www7a.biglobe.ne.jp/~dessin-ikasama/ikasama/h_c/gll/gll/img/g0230.gif

後日、キッドさんに連絡です(笑)


あのリュックを背負う姿に
自分は「僕生き」のクサナギさんがふと重なりました。
Unknown (あんぱんち)
2008-03-19 12:07:46
アミューズの女優部門の今年のイチオシは、吉高由里子みたい。
今BSだかCSだかでやってるドラマが見れないw

視聴率は惨敗だったけど、やっぱ中身が濃かったからドラマファンには受けたかな?
次があるのかないのか・・・


良いドラマでした (AKIRA)
2008-03-19 12:14:25
しのぶの本読み良かったですね~。

タイトルにある「奇跡の11日間」からして,
最後は読めましたが,
それでも,心に響く終わり方にはグッときたぜよ。w

カレー食べてるシーンも入れてほしかったな。
Unknown (ミマム)
2008-03-19 13:33:18
しのぶの詩、良かったですよね。
彼女のこれからの女優業にも大きな力になってくれる文言でしょう(^^)

いい終わり方をしたと思います。
今朝も見直したけど、また最初から見たいドラマになりました。
平太さんも良かったよね♪
Unknown (きこり)
2008-03-19 15:01:49
しのぶの本よみの場面はやっぱり泣けてしまいました。
しのぶの純粋で無垢な思いが伝わってきて・・・
吉高由里子さんいいですよね~
これから楽しみです。
それと、無精ひげの松田さんはツボでした。
別の役を演じるところもすぐに見てみたいです。
こんばんは。 (SHINGO。)
2008-03-19 18:08:24
>でも、保険金殺人の件は途中からどうでも良くなった
ホントそうでした(笑)
みずほに罪を着せるカラクリも、けっこう単純だったし(笑)
善男、平太、しのぶ、この3人を見てるだけで
楽しかった、満足でした。
続編もなけりゃ、スペシャルもないだろうけど、
おそらく永遠に記憶に残るドラマになったと思います。
よくぞ、こんなドラマを作ってくれた!と感謝したい。
こんにちは (アンナ)
2008-03-21 09:23:25
■くうさん

>しのぶちゃんが読んでた台本をバックに
クリスティーナの世界の家に向かう平太の
シーンに涙。

私もココが一番感動しましたね。
泣けました。
しのぶの、たどたどしい喋り方が余計に
グッときたね。
喜多さんの死を止めたのは、宵町しのぶだと
思う。

みずほもイヤなヤツじゃなくて良かった。
しみじみしたいいドラマでした。
何故か。。。 (アンナ)
2008-03-21 09:29:30
このドラマの感想は男性が多かった(笑)

■ikasama4さん

早速、ikasaam4さんのイラストを玄関に置きました。
魔よけです(笑)

>あのリュックを背負う姿に
自分は「僕生き」のクサナギさんがふと重なりました

このふたりは、どこか雰囲気がかぶりますね。
颯爽と歩く姿は、以前の喜多さんじゃなかった。
人って、出会いやちょっとしたことで変われる
ものなんですね。

■あんぱんちさん

>視聴率は惨敗だったけど、やっぱ中身が濃かったからドラマファンには受けたかな?

うん、視聴率が悪いのもわかるんだ。
ちょっとマイナーな感じだからね。
私は音楽と演出が好きだった。
そしてぎこちない生き方の喜多さんと平太さんの
コンビが良かったよ。

吉高由里子は、私もイチオシ!
AKIRAさん (アンナ)
2008-03-21 09:32:09
しのぶの本読みはホント、良かったね。

ものすごく喋りの上手な役者さんが言うより
数倍心に響きました♪

これで死んでしまったら、ただ絶望感が
残るだけなので、それはないなと思ったけど
中身の濃い11日間でしたね。

平太さんの父親を恨んでいたのは
「死んでしまったから」
この言葉にきました。

過去ログ~2011年2月まで」カテゴリの最新記事