ありのまま。あむのまま。

次男のあむあむは、知的障害・水頭症・てんかんなどを持つ男の子。わいわいどたばた、賑やかな我が家の日常♪

角化嚢胞性歯原性腫瘍 vol.7:抜糸、診断結果

2019年01月25日 | あむあむの手術や入院、通院のこと
2018年11月20日 手術。


2018年12月4日 抜糸
外来で、手術部位の抜糸をしていただきました。

さらに、腫瘍を取り除いた部位に詰めていたガーゼの交換。

穴に詰めるガーゼを少しずつ小さくしていき、
自然に肉が盛り上がって穴がふさがるようにしていくそうです。

この日はまだ、詰めていたガーゼを取った時に、軽く出血がありました。


医師いわく、まだ「生傷」の状態だそうです。
じゅくじゅくはしていないけれど、まだ何かあれば出血する状態。





2018年12月14日 診断結果

気にしないようにと思いつつ、
やっぱり、ずっと気になっていた診断名が、ようやくわかりました。

っていうか、すでにこの一連のブログのタイトル名に出してますが(笑)


↓診断書






正直、この診断書を読んでもさっぱり意味がわからなかったので、
帰宅後、いろいろと調べてみました。

・・・が、それでもよくわからないのですが(苦笑)


あむあむの顎の中にできたのは、
角化嚢胞性歯原性腫瘍(かくかのうほうせいしげんせいしゅよう)というものでした。


本来は歯になるものが、嚢胞状(袋状)の腫瘍となり、
顎の骨を溶かしながら増殖する病気のようです。

自覚症状がない場合が多く、気づいた時にはかなり進行している例もあるようです。


あむあむも全く自覚症状なかったのですが、
たまたま、虫歯の治療のためのレントゲンで口の中が黒く映っていて、
この病気が見つかりました。


悪性の腫瘍(ガン)ではないものの、
再発する可能性が割と高く、
もしも再発したときは、再び手術で取り除くしかないようです。



ともかく、今後も3か月に一度、外来を受診して、
骨が再生しているか見ていただくと同時に、
再発していないかどうか、経過観察を受けていくことになります。



あぁぁぁぁぁ。

あむあむの病名が、また一つ増えてしまった・・・。




あむあむの既往歴については、

こちら


に、まとめてあります。







コメント

角化嚢胞性歯原性腫瘍 vol.6:退院

2019年01月25日 | あむあむの手術や入院、通院のこと
2018年11月22日。

↓手術から翌々日の、朝のあむあむ。




なんだか、頬だけでなく、まぶたとか唇もむくんでいるような?


朝の9時頃に、執刀医の診察がありました。

手術前は、「退院は週明け(11月26日)かなぁ」と言われていたのですが、
手術後の傷の状態が順調だったので、退院許可がでました。


手術後の歯磨きは怖いし、まだ、普通食に戻ってないけど、
あむあむも退院を望んだので、退院決定♪


↓退院が決まったとたん、スマホで遊びだすあむあむ。
それまでは、ひたすらどよ~んとして座るか寝ているだけでした。





↓荷物もまとめ終わり、後はパパの迎えの車を待つだけ♪の時のあむあむ。
平静な顔をしようとしつつ、うれしさが隠せない(笑)





退院にあたり、医師から処方されたのは、
痛み止めと、神経の薬(顎のあたりの感覚が鈍くなっていたため)、
消毒用のうがい薬でした。


退院後、何日かは主食はおかゆかうどん。
おかずも、グラタンや柔らかめの煮物などを食べさせました。



ちなみに、11月25日ころまでは、まだ頬が腫れていました。
(手術は、11月20日)




↓11月26日。
手術から6日目のあむあむ。

頬も、笑顔もすっきり♪

この頃は、硬いお肉などは出さないようにしていましたが、
それ以外は少しずつ、家族と同じ食事を食べられるようになっていきました。










→ 角化嚢胞性歯原性腫瘍 vol.7 :抜糸、診断結果 に続きます

コメント

角化嚢胞性歯原性腫瘍 vol.5:手術翌日

2019年01月25日 | あむあむの手術や入院、通院のこと
2018年11月21日。

手術の翌日。

病院の朝食の時間は、本来の面会時間より早いのですが、
あむあむが心配だったので看護師さんに許可していただき、
朝から病院へ。



↑手術後、初のご飯。


手術前に医師から
「一週間ぐらいで普通食にもどせますよ」とは言われていたものの・・・。


いや、一応、おかゆがきてるけど。

おかず、これ、普通食じゃね???
いきなり、菜っ葉なんて食べさせて良いのか???


まぁ結局、あむあむが食べたのはおかゆを数口と、煮豆と卵焼きのみ。
だよね~。

いきなりモリモリ食べられないよね。



ちなみに、↓手術翌日の朝の9時ころのあむあむ君。

少し右の頬が腫れていますが、まだ目立たず、笑顔も見られた。







そして、数時間後。
↓手術翌日の、昼過ぎのあむあむ君。



だんだん、頬が腫れてきました。


・・・そして、だんだん、ご機嫌、悪くなっていきました。

とにかく気持ちが落ちていて、
ひたすらどよ~んと暗い表情でした。

そして、声を荒げるとかはないものの、
あむあむが私に話しかけたのに気づかないとか、聴き取れなかったりすると、
めっちゃイライラした顔をしてました(;'∀')


・・・ンなこと言ったってさぁ。

あんた、もともと滑舌が悪いのに、
口の中が痛いからかいつも以上に滑舌悪いし、
どよ~んとしてて、声が小さいし~。

一発で聴き取るの、なかなか難しいんだってば(滝汗)




そんなどよ~んとした空気を一新するべく、
あむあむと院内の散策に行ったら、院内の図書室を発見♪

もう、何にも考えないで読める本が読みたくて、
選んだのが、「ゆかいな誤変換。」という一冊。


正:本サイトは今日で終了です
誤:本妻とは今日で終了です

とか、

正:今日、お前が当番じゃん!
誤:今日、お前が豆板醤!

とかwww



ありがとう。
おかげさまで、随分、笑えました。





そんなこんなで、結局、朝から夜近くまであむあむに付き添い、
手術翌日の面会を終えて帰宅しました。






→角化嚢性胞歯原性腫瘍 vol.6 :退院 
 に続きます



コメント

角化嚢胞性歯原性腫瘍 vol.4: 手術の日

2019年01月25日 | あむあむの手術や入院、通院のこと
2018年11月20日。

入院二日目。
いよいよ、手術の日です。
とはいえ、手術は午後2時ぐらいからなので、
昼ぐらいに行けばいいかなぁ、と思っていたら、
朝の8時ころに、あむあむのキッズ携帯から電話があり、
「いつ来るの?」と不安げな声で聞いてきました。

・・・うっ、仕方がない(苦笑)

「もうすぐ出るよ~」と返事をして、
ちゃちゃっと病院へ向かいました。

そして、あむあむからの電話から30分後には、病室に到着。


・・・あむあむ君。
朝から絶飲食だから、やることもないし。

青白い顔で悲壮な顔をして、すでに気分は「まな板の上のコイ」状態でした(;'∀')





ちなみに、今まで、何度かあむあむが脳神経外科の手術を受けた病院は、
我が家から、電車を乗り継いで、2時間弱の距離です。

でも、今回の口腔外科の病院は利便性と、まあまあの知名度で決めたので、
我が家から今回の病院へは、車で15分ぐらいの距離。

近いと、やっぱり便利です。




午後の2時過ぎに、看護師さんに案内をしていただいて、
手術室の前まで、あむあむを見送りました。
(あむあむは、ストレッチャーで看護師さんに押してもらって、移動)

そして、約2時間半後、あむあむが病室に戻ってきました。





酸素マスクをあてていました。

全身麻酔での手術だったので、まだ麻酔でウトウト。


まもなく執刀医がきて、今回の手術で取り除いた、
あむあむの右あごの中にできていた腫瘍を見せてくれました。

2~3センチ大の白い塊でした。

触っていないので、硬さはわかりませんが、
見た感じ、ぼこぼこした白い消しゴムみたいな?



これから検査に回して、病名をはっきりさせると告げられました。

私がネットで調べた範囲でも、口の中の腫瘍はいろいろと種類があるみたいで、
でも、なんとなく、実際に取り出してみたら、見た目で病名がわかるのかと思ってました(>_<)




夜になり、一瞬、目を覚ましたあむあむに「そろそろ帰るね」と告げたところ、
「かえんないで~」と思いっきり泣かれました。

あんたの泣き顔、久しぶりに見たわ・・・。

手術前は気が張っていたけれど、終わって気が緩んだんだろうなぁ・・・。


後ろ髪をひかれつつ、再びあむあむがウトウトしている間に
病室を後にしました。


こんなことなら、手術の日の夜だけでも個室にして、
一緒に寝てやれば良かったなぁ・・・。




→ 角化嚢胞性歯原性腫瘍 vol.5:手術翌日 に続きます。



コメント

角化嚢胞性歯原性腫瘍 vol.3:入院初日

2019年01月25日 | あむあむの手術や入院、通院のこと
2018年11月19日
朝、10時頃に入院手続きを済ませ、入院しました。

今回の病院で入院するのは初めてですが、
入院や手術自体は何度も経験している、あむあむ君。

そんなに緊張した様子もなく、荷物の整理を終えると、
すぐに、ベットの上でくつろいでいました。





あむあむを病院に残し、私は、夕方ころに帰宅しました。

帰宅前にあむあむに伝えた連絡事項は、下記の3点。


1、次の日が手術なので、飲食は夜の9時まで。
(あむあむは、時計はあまり良くわかっていないので、
「夜ご飯でご飯はおしまい。
夜ご飯のあとは、うがいはしていいけど、飲み物は飲まないでね」と伝えました。


2、手術までのトイレの回数をチェックすると、看護婦さんから言われたので、
おしっこ、う○ちの表を作った紙をあむあむに渡し、
一回出るごとに、自分で○をつけるように言いました。




3、とにかく、困ったら、ナースステーションに行くか、
ナースコールを押して、看護婦さんに来てもらうこと。

それか、ママに電話すること(入院中だけ、キッズ携帯をレンタルしました)。





→角化嚢胞性歯原性腫瘍 vol.4:手術の日 に続きます








ランキングに参加しています。
よろしかったら、応援クリックお願いします。

古い記事にでもかまいませんので、
コメントも、お気軽にお寄せくださいね♪
にほんブログ村 子育てブログ 障害児育児へ
コメント