アマスポホームページ http://www.amsp.1583.com

アマスポは大阪堺市の町のスポーツのベンチャー的活動です。スポーツ経験のない人や楽しみでスポーツしたい人も参加できます。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

アマスポバドミントン・臨海大会(2009.03.03火/臨海スポーツセンター)

2009年03月04日 07時18分24秒 | Weblog
2月の大会から2週間のちの大会だったので参加が少ないのでは、と心配でしたが16チーム、コート8面で時間待ちしないでゲームが出来る最適なパターンでした。朝の受付の時間まで「どうかこのまま増えないで…」と不謹慎なことを祈ってました。最近は新メンバー新チームの参加もあって「ずいぶん顔ぶれが違ってきましたねえ。知らない人が増えてます」。そんななかでこれまでは安定した実力でいた人達は苦戦することも多く「初心者だと思ってた人たちが伸びてるゥ~、まだ何年かは続けようと思ってるのに大丈夫かなあ」と不安げでした。
その初心者の人達はゲーム結果を書き入れに掲示表のところにやってきますが、なにしろ一日に10試合もするので記入するのも大変です。バドミントンは負けたチームがその役を果す仕組みらしく、当然ながら勝てないチームは何度も足を運びます。しかもその中のメンバーでも後輩格の人がその役を引き受けるので何度もお顔をあわせます。5,6回まではそのたびに声を掛けていてもそれ以上になればお互いに何と言えばいいのか…、ニッコリと目で笑うしかありません。しかしいまベテランといわれてる人達もかつてはこうだったのですから、数年したらたくましく変身されていることでしょう。
先日バレーの人達と食事をしましたが、チームのリーダーが「ウチはバドミントンコートでゲームしてます。2人ずつでやるのよ」。以前に4,5人でやるのがいいと思うとすすめたことがありましたが「ウチのレベルではそんなに入ったらお互いが頼りあって効果がなかったのです。2人にしたらAさんがボールに触ったらつぎは必ずBさんやから気を抜けないでしょ、だからラリーになるのよ」。ママさんになった頃から始めるスポーツは、教室で教えてもらったことをやるだけではダメで、それなりの工夫がいるということです。チームのリーダーのみなさんがコート外で練習方法などを交換出来るのは実践的でいいものです。その効果をアマスポ大会で確認する、というのが最良パターン。いい場に同席できました。4月からもたくさんコートを用意しますからね。
ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
« アマスポ卓球・月曜練習会(2... | トップ | アマスポ・卓球、バレー、バ... »
最近の画像もっと見る

Weblog」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事