ナヴァラトリ

2014-11-05 15:53:43 | Weblog
今回のインド研修旅行は、ちょうどインドのお祭りナヴァラトリの時期でした。



26年前初めてインド研修旅行に行った時も、
同じくナヴァラトリの時期で、
グジャラート州のバローダという町でインド舞踊を習っていました。
その頃は、私のグルジー、チャンドラシェーカー先生は
バローダMS大学の舞踊学科で主任教授としてインド舞踊を教えておられ、
先生のお宅は大学の教授用の宿舎で、
とても古くてかっこよい建物でした。
石造りでイギリス軍が何かに使っていた建物と聞いています。
(英語があまりわからなかったのと、記憶力の低下で忘れました。)
とっても天井が高くて2階以上の高さがあったと思います。
バローダは砂漠に近いのでとても暑い街ですが、
先生のお宅に入るとひんやりとした石の冷たさがありました。
天王寺の大阪市立美術館のような石造りのおうちの中で
立派なナヴァラトリのゴルが飾られていたのを思い出します。

ナヴァラトリは奇数段のひな壇に神様の象やお人形を飾り
女神さまに家族の健康や家の繁栄を願います。
ナヴァは9を、ラトリは夜の意味で、
はじめの3日間は不浄なものを打ち砕くドゥルガー女神に
つぎの3日間は富を授けるラクシュミー女神に
最後の3日間は知識や芸術のサラスヴァティー女神に祈ります。
ナヴァラトリは女性のお祭りで
日本の雛祭りととてもよく似ています。
コメント

ひがしなり街道玉手箱2014

2014-11-04 17:55:47 | Weblog
ひがしなり街道玉手箱2014が11月1日2日3日と3日間行われました。
地下鉄の新深江の駅でチラシをもらいましたら、
チラシではなくりっぱな地図になった公式ガイドでした。



東成区全域で色々なイベントが行われている、本当に玉手箱のようなお祭り。
最寄駅は、西側はJR森ノ宮、玉造、鶴橋
南側は、JR鶴橋から地下鉄千日前線の今里、新深江
東側は、内環状線から少し東側まで
北側は、中央大通りから少し北側まで
を四角く囲った中でライブやクラフトバザール、落語会、アート縁日などなど。

私たちアムリッタ・ダンス・カンパニーは
深江歴史文化まつり2014という深江エリアに参加しました。
インド舞踊を4曲踊らせていただきました。
司会は落語家の桂福車さんがされていて、
私たちインド舞踊の説明も
とっても趣のある楽しい解説をしてくださいました。
面白いので幕が上がる前に板付きで待っているときも
にこにこ笑顔になりました。

小学校の理科室が控室で、とても懐かしかったです。

カメラを置いて自動で撮ろうとして1枚目はタイミングが合わず失敗。



2回目はうまいこといきました。



みんなすましてるけど、手は切れていました。
うまいこといってなかったです。
コメント