ごまたまご

2013-09-25 10:26:28 | Weblog
上から読んでも下から読んでも
ごまたまご



東京ごまたまごの姉妹品。
ごまたまごというプリン。
卵の容器を開けると
メープルのようなカラメルのようなカスタードプリンの下に
黒ゴマペーストがたっぷり入っています。
お気に入りが増えました。

コメント

オクトーバーフェスト

2013-09-24 11:16:53 | Weblog
少し前に、椎名誠さんのお話を聞く機会があり、
そこで、ドイツのミュンヘンで開催されるオクトーバーフェストの
お話をとても楽しく聞かせていただきました。
私も十数年前にミュンヘンのオクトーバーフェストに行ったので、
美味しく楽しい思い出がよみがえってきました。

日本でも色々なところでオクトーバーフェストと言って、
ドイツのビールを飲めるお祭りが開催されています。
この連休に、天王寺公園で開催されているオクトーバーフェストに行ってきました。

とても良い天気で、公園の緑とビール屋さんのカラフルなテントがとてもかわいらしく
大阪の天王寺にいる気がしませんでした。

楽しいライブ音楽も流れていて、ご機嫌においしいビールをいただきました。
はじめに食べ物を買い、そのあとにビールを買ったので、
ビールがまだ手元にないときに
食べ物の写真は撮りましたが、
ビールが来たら、すぐみんなで乾杯をしてごくごく飲み、
また買いに行っては、乾杯をしてごくごく飲み、
ビールの写真を撮るのを忘れていました。

ムール貝、ザワークラフト、アイスヴァイン、ポテトサラダ、
ソーセージにプレッツェル。
どれもすごぉ~く美味しかったです。





ビールを飲む前に動物園も行きましたが、
お天気過ぎて暑かったので、動物は日陰で寝ているのが多かったです。

大きいカバは日に当たってぴかぴかでした。



シマウマとキリンはのんびり草を食べていました。
キリンは最近天王寺動物園に来たばかりの子供のキリンで
すごくかわいかったですが、元気に動き回っていて
写真を撮れませんでした。

天王寺を満喫の休日でした。
コメント

フランス土産

2013-09-16 13:46:56 | Weblog
フランスに行ってきた生徒さんからかわいいお土産をいただきました。



とても外国っぽい牛の型抜きクッキー。
裏面にはナッツペーストのきいたチョコレートがっコーティングされています。
クッキーが甘すぎず、香ばしいくとてもおいしいです。

パッケージも綺麗な薄紫色の背景に、かわいいクッキーが。



そして気になったのが、
牛ちゃんから吹き出しで、
「MoOoo・・・」と書かれています。
フランスの牛も「モ~!」っていうんですかね?
コメント

ゴーヤを収穫

2013-09-13 10:27:08 | Weblog
二年前に育てたゴーヤの種がプランターに残っていて、
今年自然に発芽したので、そのゴーヤを育てていました。
すくすくと伸びて、葉っぱも茂り、花が咲いて風に揺れているのを見ながら
ナンディンとお昼寝をするのが心地よい夏でした。



二階のベランダのゴーヤにカマキリがいました。
どこから来たのでしょうか?



カマキリも葉っぱと一緒に風に揺れていました。

今年のゴーヤの収穫は、二つ。



ボールペンより小さいゴーヤが二つでした。トホホ。
「ゴーヤができすぎて困る」
と、言ってみたいなぁ。

ゴーヤの収穫をカーテン越しに見守るナンディン。

コメント (2)

安齋肇還暦博覧会・大坂の陣

2013-09-10 10:52:17 | Weblog
安齋肇還暦博覧会・大坂の陣
anzai expo 60
に行ってきました。



春ごろテレビで安齋さんの還暦祝いの個展を東京で開催されると聞いて、
頑張って東京まで見に行こうかなぁ。と、考えていました。

バタバタとしていていけなかったのですが、
大阪でも開かれると聞いて、
もうワクワクで行ってきました。

会場は梅田ロフト。
みうらじゅんさんが個展をされた時も写真撮影自由。
安齋さんの個展も同じく写真撮影自由でしたので
何枚か撮りました。

入場してすぐ、大きなオブジェが。



そして、子供のころ描かれた絵や、作文なども展示されていていました。
「しか」の作文がとても印象に残りました。

作品や収集物などが、安齋さんのコメント付きでいろいろと展示してあり
「ぷっ!」と笑い出してしまいそうに何度もなりながら
じっくりを楽しませていただきました。



9月10日(火)今日まで梅田ロフトで開催しています。

コメント

丸森のやしまやさん

2013-09-09 10:28:11 | Weblog
丸森町のやしまやさんという直売所で
インド舞踊とインドの太鼓のイベントを開いていただきました。





直売所の二階はやしまやさんの名物「干し柿」を干すための場所で
壁が取り外しできて、四方にとてもきれいな景色が広がります。



綺麗な緑を見ながら、心地よい風を感じながら、インド舞踊を踊らせていただきました。









そして、踊りの後はインドの太鼓の説明と実演。







丸森町の町長さんも来てくださいました。



太鼓をたたいていただいたりした後は、
サリーの着付けの体験。









やしまやさんの二階は、インドのサリーを着た女性でいっぱいになりました。

イベントの後はやしまやさんのビアガーデンでお疲れさんの一杯。











丸森の皆さんと交流できて、とても楽しい一日でした。



やしまやさんの看板猫の代理猫。
とても楽しそうに笑い転げる猫です。
やしまやさんに行けば、店員のお姉さんがこの猫芸を披露してくれます。
笑えますよ。
コメント

ポポー

2013-09-04 11:10:38 | Weblog
ポポーというフルーツをいただきました。



10年以上前、朝日新聞でこの果物の記事を読んで
食べてみたいなぁ~。と思っていた果物。
その後、苗を売っているのを発見、
とっても高い苗でしたが、
思い切って購入。
しかし、
実がなることもなく、
枯らしてしまいました。

ポポーを食べることはないんだろうなぁ、と思っていましたが、
数年前にポポーを育てている方と知り合い、
分けてくださるので、とっても幸せです。

皮をむくと、マンゴーのような見た目になります。



種は、何個もまんべんなく入っています。



味は、マンゴーとバナナとカスタードクリームを足したような味。
インドで食べれるカスタードアップルという果物にも似ています。
思わず顔がにっこりしてしまう味です。
コメント

あいも文化交流会館で

2013-09-03 11:56:15 | Weblog
先日、あいも文化交流会館で行われた
オカリナ 歌 ピアノ
むさしのアンサンブル13番音楽祭

ゲスト出演させていただきました。



作曲、歌、オカリナを明石六郎さん
ピアノを宮本喜四子さん
オカリナを岩井三和子さん
クラッシクから世界の音楽を楽しいお話を交えて
聞かせていただきました。



ネパール語の先生でもある明石六郎先生から、
ネパール歌謡「Gajaru ti」にインド舞踊で振りをつけてほしいと
ご依頼をいただきまして、振付をいたしました。

アムリッタ・ダンス・カンパニーのネパール語を勉強しているメンバーが
この日はソロで踊らせていただきました。

鏡を見て、額に赤いティッカをつけている様子。



明石六郎先生が、ジャンベをネパール語の歌を
そして、九州から来られた岩井三和子さんがオカリナで盛り上げてくださいました。





休憩時間にアムリッタのメンバーと明石六郎先生で記念撮影。



楽しい一日でした。
コメント

斎理幻夜

2013-09-01 13:56:08 | Weblog
斎理幻夜の第二回目のステージは、野外で踊らせていただきました。



ステージの床がスノコ状になっていて、はだしで踊る私たちのことを気遣っていただき
お昼のきつい日差しの暑い中、しっかりとカーペットを固定してくださったり、
出演中に衣装の早着替えがあるので、ステージと控室を見物客の多い混雑の中を
誘導していただいたり、
舞台を作るプロの素晴らしさを感じるオフィスQの皆さんや
斎理幻夜を支えるボランティアスタッフの皆さんに
本当によくしていただき、気持ちよく本番を迎えることができました。

野外ステージでの本番は19:20頃スタートでしたので
色々な照明で踊りを盛り上げていただきました。
一曲目は「プシュパンジャリ」
お花で舞台を清め、この日のイベントの成功を繁栄を祈る踊り。







二曲目は「四天王の踊り」
音楽は福島県相馬のミュージシャン荒利美さんのオリジナル音楽。
振付は、アムリッタ・ダンス・カンパニー主宰の福田麻紀。
仏陀の教えを守る四天王をインド舞踊の表現方法で踊りにしました。





三曲目は「ハリリハ」
クリシュナとラーダーの物語を表現する踊り。









四曲目は「祈り」
音楽は福島県相馬のミュージシャン荒利美さんのオリジナル音楽。
振付は、アムリッタ・ダンス・カンパニー主宰の福田麻紀。
2007年に福田麻紀が作った創作舞踊「ブーヴァナパーヴァニ:世界を清めるもの」
のなかのラストの演目を東日本大震災の後、作り直した作品。







今回は相馬のミュージシャン荒さんの生演奏で踊ることができませんでしたが、
斎理幻夜で踊らせていただくことになり、何度も電話でお話をすることができて
福島の現状をいろいろとお話を聞かせていただけました。
これからも東北に伺い続けたいと思います。

アムリッタ・ダンス・カンパニーのメンバー一同、心を込めて踊らせていただきました。
ありがとうございました。

コメント (1)