お絵かき

2013-02-28 10:10:50 | Weblog
インドに滞在中、チャンドラシェーカー先生の孫で8歳の女の子が
絵を描いてくれました。



どの国でも子どもの絵はなんともかわいいですね。

日本語で私の名前を教えてほしいというので、
カタカナで「マキ」と書くと、
その下に何度も練習していました。
何度も書いているうちに「ヌキ」となってきました。
コメント

私のグル

2013-02-27 11:26:00 | Weblog
一月の下旬からインドに行ってました。
私の先生は数年前にパドマブーシャンという賞を受賞されました。
(日本でいうと人間国宝のような賞でしょうか。)







そして、その授賞式には私が以前プレゼントした綺麗な緑色のシルクのクルタを
着て行ってくださいました。



「これを着ようと思ったとき、麻紀は喜ぶだろうなぁ。」と思いながら着たよ。
と、超うれしいことを言ってくださいました。

チャンドラシェーカー先生は今年で78歳。
しかし、超忙しくされています。
朝は7時半からレッスンが始まります。
来られる踊り手の方は、世界各国で舞踊学校をしておられる先生方がほとんどです。
そして、一日中電話が鳴り、来客もじゃんじゃん来られます。
忙しい先生ですが、すべての皆さんを快く迎えられ、
しんどい顔やめんどくさい顔は決してされません。
朝早くから夜遅くまでアクティブです。
娘のような年の私が、
「最近は年やからしんどいなぁ。」とか
「どこやらが痛くて、ちゃんと踊られへんなぁ。」
とか思うのが申し訳なく、反省します。

舞踊家としても今もなお、基本を大切に気を抜くことなく真摯な姿勢で踊られ、
指導者としても、普通の人としても素晴らしいチャンドラシェーカー先生に
ついて踊りを勉強できることをとても幸せに思います。







コメント

東成区 文化サークル活動発表会

2013-02-26 16:27:44 | Weblog
この間の日曜日、東成区民ホールで行われた
東成区文化サークル活動発表会で南インド古典舞踊を
発表させていていただきました。



アムリッタ・ダンス・カンパニーの鶴橋教室のメンバーで
二曲踊らせてもらいました。

はじめに「ガネーシャ・ストゥーティー」
インドのヒンドゥー教にはたくさんの神様がおられます。
その中でも最も人気のある神様「ガネーシャ神」を讃える踊りです。
前半では舞台を清め各方角の神様に祈り、
後半はジェスチャーでガネーシャ神を讃えます。







そして二曲目には「アラリップ」というリズム舞踊。
目や首を横に動かすインド舞踊独特の動きから始まり
様々なステップを組み合わせた踊りです。





この日に向けて、自主練そして補講クラスと、
熱心に取り組んでくれた鶴橋教室の皆さん
お疲れ様でした。
次の目標に向けてまた、がんばりましょう!!
コメント

2月24日

2013-02-21 08:48:34 | Weblog
2013年2月24日(日)
第十七回 東成区文化サークル発表会で
南インド舞踊を発表させていただきます。
会場は、地下鉄千日前線「今里駅」すぐの
東成区民センター(東成区大今里西3-2-17)
二階にある大ホールです。
12時スタートで17時まで
三味線、コーラス、フラダンス、バレエ、上方舞、民謡など
色々なサークルが日ごろの成果を発表します。

アムリッタ・ダンス・カンパニーは9番目。
1時ごろの出演予定です。

コメント

バンコクの空港で

2013-02-13 23:20:43 | Weblog
1月末からインドに舞踊のお稽古をしに行ってきました。
タイ航空で行きましたので、バンコクの空港で乗り継ぎをします。
そこでしばらく時間があるので
マッサージをしたり、ちょっとしたものを食べたりして過ごします。
今までなかった新しいお店で超お気に入りを発見。



プレッツエルです。
昔、ドイツのオクトーバーフェストというビールのお祭りに行ったときに
ビールのあてに食べたプレッツエルのあまりの美味しさにもう、
虜になってしまいました。
それからというもの日本のパン屋さんでもプレッツエルを見つけると
すぐ購入です。



タイの空港のはちょっと柔らかくデニッシュっぽい感じもありますが、
プレッツエル独特のあの香りとパリッともっちり感も残っています。
あまりの美味しさに、もう一つ買いに走りました。
黒ビールでもあったら超うれしかったのですが。

バンコクの空港の楽しみが一つ増えました。
コメント