ドイツのクリスマス

2012-12-27 17:21:49 | Weblog
今日、梅田スカイビルのシネリーブルに「シェフ」を見に行って来ました。

スカイビルのドイツのクリスマスまだ開催されていたら良いのになぁ。と、密かに期待をしながら向かいました。
が、たくさんの方が撤去作業をされていました。

ドイツのクリスマスは又来年のお楽しみに決定しました。
コメント

年末ですね

2012-12-27 10:53:11 | Weblog
今年のインド舞踊のイベントはすべて終了で、ほっとしすぎです。
クリスマスや餅つきなど楽しいイベントがありましたが、
写真を撮ることも忘れ、ただ飲んで食べて楽しんでいました。
たくさんの友人が、遊びに来てくれることは幸せだなぁ・・・。
と、思いながらまた一口。
ゴクリ。パクリ。
お正月の前に、一回り大きくなっていそうです。

毎年12月に空中庭園の下で開催されているドイツのクリスマスのイベントに
今年こそは行きたい!!
と、思い続けていますが今年も行けずにクリスマスが終わってしまいました。

ドイツに行ってきた友達がお土産にくれたチョコレート。



とってもかわいいです。
来年こそは、行ってみたいなぁ。
コメント

Cafe Slow Osaka さんでの公演を終えて

2012-12-17 15:37:35 | Weblog
12月6日(木曜日)十三にあるCafe Slow Osakaさんで
アムリッタ・ダンス・カンパニーの自主公演「STUTHI」を
終えて、ほっとしていると10日もたっていました。



おかげさまで満席の会場は、お客様にあったかムードを作っていただき、
気持ちよく踊らせていただきました。

公演は「ガネーシャ・ストゥーティ」という演目からスタート。



あらゆる障害を取り除き、物事を成功に導いてくれるヒンドゥー教の神様
ガネーシャ神を讃えるサンスクリット語の詩を
ジェスチャーで表す演目です。


次の演目は「アラリップ」というリズム舞踊。







インド舞踊独特の目や首の動きを使います。
短い曲ですが、南インド古典舞踊バラタナティヤムの大事な動きを楽しめます。


次の演目は「パンチャ・デーヴァ・ストゥーティ」。
パンチャは、「数字の5」
デーヴァは、「神」
ストゥーティは、「讃歌」という意味です。
5つの神様を讃える踊りが組み合わさった演目です。






次の演目は、「シャブダム」
戦いの神、日本では「韋駄天」として知られている、
ヒンドゥー教の神「カルティケヤ」を讃える演目です。





神様を讃える詩をジェスチャーで表す舞踊と、リズム舞踊の組み合わせの演目です。


次の演目は、「スローカム」
神様を讃えるサンスクリット語の詩をジェスチャーで表します。






次の演目は、「ハリリハ」
「ギータゴービンダ」のクリシュナとラーダの恋模様をジェスチャーで表します。








最後の演目は「ティラーナ」
バラタナティヤムの公演の最後を飾る華やかな演目です。








ごあいさつの「マンガラム」
お客様、神様、師匠、演奏者、皆様に感謝の気持ちでごあいさつします。
音楽はとてもおめでたいラーガで奏でられます。








会場のお客様が、本当に暖かい目で見てくださり感謝の気持ちいっぱいです。
ありがとうございました。












コメント

今日から12月

2012-12-01 09:24:51 | Weblog
早いもので今日から12月、あとひと月でお正月に。
今年も早かったなぁ。
12月は6日に十三で自主公演、
8日は大阪国際交流センターでのイベントで踊らせていただいて、
今年の公演は終わりです。
しっかり踊らせていただこうとお稽古に励んでおります。

大阪も寒くなってきたので、なんだか喉が痛いような気がします。
病は気から・・・とあまり気にしないでいますが、
体を冷やさないよう気をつけています。

先日作った黒糖生姜ゆずジャムや、
金時生姜葛湯など、
あれこれあったまり食を楽しんでます。



寒さに負けず元気に過ごしましょう!!
コメント