餅つき大会

2011-12-28 10:05:13 | Weblog
毎年恒例のアムリッタ・ダンス・カンパニー餅つき大会をしました。
お天気は良かったのですが、冷たい風が吹く寒~い日曜日でした。
アムリッタのインド舞踊の生徒さん、ご近所の皆さん、
昔からの友人が遊びに来てくれて30数名の餅つき大会です。







ガレージでお餅をつき、七輪でするめ&熱燗、その横にはたくさんのお餅&お酒に合う食べ物が並んでます。



つけたお餅は、お稽古場で「お餅丸め隊」の皆で粉まみれになりながら丸めます。





インド舞踊の生徒さん達は、ステップのお稽古の掛け声にあわせて、









餅つきベテランの方も、初心者の方も、







7臼か8臼ついて、大根おろしもち、きな粉もち、梅もち、納豆もち、ぜんざい、冬瓜煮や味噌汁に入れたり
漬物や塩辛で食べたり、最後はえびもちをつきました。



お昼12時からスタートしたお餅つき大会は夕方にはつき終わり、
その後、お稽古場で大宴会。
そして、夜も遅くはこんな感じで、上田正樹さん&有山じゅんじさんの古いアルバム
「ぼちぼちいこか」のメドレーの歌声喫茶のようになってました。



今年も楽しい餅つき大会でした。
コメント (2)

多文化共生フェスティバル

2011-12-22 11:33:21 | Weblog
12月10日(土)あいも文化交流会館で行われた
第2回 多文化共生フェステイバルに今年もお招きいただき、
アムリッタ・ダンス・カンパニーのメンバー3人で、
南インド古典舞踊を3曲踊らせて頂きました。



第一部は、多文化共生・講演&公演というプログラムで
ドキュメンタリー映画「ピュア」の上演と
講師のココラットさんが講演されました。

次に、講師のリングフォーファーさんが
「ブータン難民と総幸福量(6NH)」公演をされました。

第二部は、民族音楽&民俗舞踊のプログラムで
アムリッタ・ダンス・カンパニーの南インド古典舞踊
丸田恵都子さんのアルパ演奏
ろくろ&キヨコさんのオカリナ、歌、ピアノの民俗音楽演奏

そのあと参加者で交流会がありました。
参加者の皆さんが、独自に活動されているお話を聞かせていただき
とても刺激になりました。

私達が踊らせて頂いた「プシュパンジャリ」という踊りの
内容は、まず始めに会場を清めます。そしてそのあとは、
今日お集まりの皆様を讃えます。
素晴らしい方々が集まったこの会は益々発展するでしょう。
と踊ります。
まさにそのような気持ちになりました。
第3回多文化共生フェステイバルが今から楽しみです。

コメント

忘年会シーズンスタート!

2011-12-20 08:39:10 | Weblog
12月も中旬を迎え、アムリッタ・ダンス・カンパニーにも忘年会シーズンが到来です。



お稽古のあと、9月に行った発表会のビデオを見ながら反省会&忘年会。
持ち寄りパーティーでテーブルにはのりきれないご馳走や飲み物が。



ネパールカレー、なにわの味!王将の餃子とから揚げ、チーズにサラダ、焼き鳥、コロッケ、
高槻猫猫さんの黒米シュウマイ、
手羽とジャガイモの五香粉煮、パラパラチャーハン、デザートにはGOKOKUのクッキー、
年末だけ開くお店の絶品ロールケーキ、
小学生の女の子の手づくりマンゴープリン、和三盆ロールケーキ、イチゴなどなど。

ソムリエの生徒さんがおいしいイタリヤワインをもってきてくれました。





サイン入りです。先日イタリヤからワインの作り手の方が来日されていて、このワインを紹介していたそうです。
始め、プラカップで飲んでいましたが、香りも楽しもうとグラスに入れ替えて楽しませてもらいました。
皆で大興奮するくらいおいしいワインで、この喜びをそのイタリアの方にお伝えしたいくらいでした。

この日は、お酒を飲むメンバーは7名でしたが、ワイン7本、純米吟醸無濾過生原酒「天虹」1本、ビール12缶ほどがキレイになくなっていました。

美味しく楽しい忘年会でしたので、次の日も爽快で目覚めれました。
忘年会モードで、ビデオ反省会はしなかったような気がします。

来年も楽しくお稽古して少しでも上手になりたいですね。

コメント

このへん!!トラベラー

2011-12-10 09:41:40 | Weblog
昨年の10月に朝日放送「このへん!!トラベラー」の今里編で、
アムリッタ・ダンス・カンパニー今里教室に来てくださり、
インド舞踊体験をしてもらいました。
チュートリアルもノンスタイルも
テレビで見るよりいい感じの方々で
一度あっただけなのになんだかとてもファンになってしまいました。
テレビで出ているのも、花月に出てるのを見ても
親戚の子が出ているような気持ちで応援してしまいます。
今里に来てくれたとき、
チュートリアルの福田君はお酒をたくさん飲んでいたようで
なんだか仲間意識が湧いて、
福田君が福田バーに行ったら楽しんでくれるだろうなぁ。
と想像していました。
すると、今日の夜中1時からの「このへん!!トラベラー」は
高槻編で、福田バーに来てくれるそうです。
福田君はやく体がよくなって美味しくお酒が飲めるようになるといいなぁ。
コメント

ナンディン親子

2011-12-02 10:00:38 | Weblog
11月16日は我が家の愛犬ナンディンの一人息子のお誕生日でした。
毎年お誕生日には親子のご対面の日で、パーティーをしています。



左が母のナンディン、右が息子ピックちゃん

顔はどちらも超美形でそっくりなので、
2匹が動き回っていると、どちらがどちらなのか見分けにくいほど。



その日の見分け方は、胴回りがまんまるの丸太棒のほうがピックちゃん
ほんの少しだけくびれがあるのがナンディンです。
どっちもどっちなので見分けにくかったです。

飲んだり食べたりと3時ごろまで宴は続きました。

犬好きな私の楽しみの一つ、朝日新聞の木曜の夕刊の
「ますみ先生のにゃるほどジャーナル」と「かぞくの肖像」という動物のコーナーです。
昨日の「かぞくの肖像」はとても心に残りました。

哲学者の鷲田清一さんが飼われている犬についてお話されていました。
犬が毎日エサを持ってきてくれる近所のおばあさんのことを、
玄関で30分前からずっと待っているそうで、

「前文省略・・・「キイヒンノトチャウカ」なんてつゆ疑わず。人間はそれができひん。妙に期待して待つからイライラする。邪推もする。最初に浸された感情に素直に身をゆだねていればいいのに。イヌは感情の賢者やね。感情に対して一途でけなげ。人間が忘れたことをしてはる。・・・後文省略」

ほんとにその通りだなぁと思いました。
そして、待っててくれるのを幸せだと思います。



「ナンディ~ン
と、夕刊を読んでナンディンを撫でまくりました。
コメント (2)