お昼ね ナンディン

2011-05-29 22:45:37 | Weblog
小学2年生の女の子が
我が家の愛犬ナンディンの絵を描いてくれました。
ナンディンがインド舞踊のお稽古中、
生徒さん達が一所懸命踊っているのに
グーグー居眠りをしているところです。
いいところを見ています。
お稽古中、いつもこんな感じで寝ています。
そして、お稽古の終わりのナマスカール(ご挨拶)を
生徒さんがすると、
「ア~~ン。」と、大きな気の抜けるあくびをして
伸びをしながら起き上がり、
「あ~、頑張ったね~。」と言う顔で、
生徒さん達のティータイムに参加します。
なんともお気楽なナンディンです。
コメント (2)

朝日カルチャーセンター 南インド古典舞踊教室

2011-05-28 09:18:43 | Weblog
朝日カルチャーセンター 南インド古典舞踊教室で
体験講座キャンペーンを実施!!

6月22日(水)13:00~
北堀江の教室です。
無料講座は一日限定5名様までの受付です。
お申し込みはお電話で

朝日カルチャーセンタープロジェクト事業部
℡ 06-6222-5224

この機会に、インド舞踊にチャンレンジしてみませんか?
お待ちしております。
コメント

メヘェンディ

2011-05-27 11:04:07 | Weblog
インドの結婚式に参加して、手にメヘェンディをしてもらいました。

ムリダンガム奏者バルーサー(花婿ムットゥのお父さん)の親族一同
手を染めていました。
男性はヘナの生葉をすりつぶしたものを使って
指先と手のひらの真ん中を丸く、赤色に染めていました。

女性は市販のもの(ケーキを作る時、ホイプクリームの搾り出し袋のようなもの)
で、細かいデザインを手のひらから腕まで染めていました。
ペーストは深緑です。



それを手のひらにデザインしてのせ、
1時間くらい放置しているとカリカリになります。
そこにレモン汁か砂糖水を塗って、反応させます。
しばらくして水で洗い流すと、オレンジ色に染まります。
もう2,3時間するともっと濃いレンガ色になります。



細かいデザインですが、20分くらいで両手デザインをしてくれました。



2週間くらいたちますが、手のひらはまだ残っています。
指先は水仕事でよく使うためかだいぶ薄くなってきました。

楽しい体験でした。

コメント

南インド料理

2011-05-26 08:28:43 | Weblog
先日南インドのチェンナイで結婚式に参加し
ご馳走になった南インド料理の昼ごはんです。



まず始めに、バナナの葉っぱがテーブルに配られます。
(パタンと二つに折った形で)
テーブルにバナナの葉っぱが出てくると、
南インドに来たなぁ。という気持ちになります。
バナナの葉を広げると、お水が配られます。
そのお水でバナナの葉を右手でサット洗います。
洗い終わると給仕の男性がジャンジャンお料理を配ってくれます。
バナナの葉の上段左から
キール(お米をミルクと砂糖で煮たスィーツ)
ピクルス(辛いインドのお漬物)
大根やニンジンなどの煮物(辛くないです)
インゲンとココナッツを炒めたもの(辛くないです)
バターミルクで野菜を煮たもの
下の段左から
紙コップはお水
パパード(豆の粉のチップス)
ワダ(米粉と豆粉で作ったドーナツのようなもの、塩味)
ご飯(長くてぱさっとしたお米、カレーに良く合います)
オクラのサンバル(南インドの豆カレー)(ちょっと辛い)
ダール(豆のカレー)(あまり辛くない)
キール(細いパスタをミルクと砂糖で煮たもの)
この後
ラッサム(南インドの水っぽいカレー)
ヨーグルト(ご飯に混ぜる)
ピクルス(インドの辛いお漬物)
など
ジャンジャン注ぎに来てくれます。



結婚式場の食堂はこんな感じでテーブルがびっしり並べられ
席につくといつでも食事ができます。

結婚式の儀式は1週間くらい続くのか
新郎(ムットゥ)の家には20人くらいの親戚がずっと滞在しています。
その間の家での食事の時、バナナの葉っぱをお皿に使っていました。
食後葉っぱを捨てるだけで良いので
片付けが簡単でいいですよね。
人が多く集まる時はバナナの葉っぱを使うそうです。


コメント (2)

インドの結婚式

2011-05-24 08:11:15 | Weblog
南インドの音楽カルナーティック・フルートの売れっ子ミュージシャン
ムットゥクマールさんの結婚式に参加してきました。


何日も儀式は続くようです。
メインの結婚式は奥様の住む町の結婚式場で2日間行われました。
40度を超える暑さの中、御坊さんがいろいろなプージャを
結婚するお二人と進めていきます。
南インドの結婚式では、生まれてから結婚するまでの成長の過程を
再現するそうで、
結婚式場には子供の頃にブランコに乗って遊ぶ様子を再現するために
二人乗りの大きなブランコが置いてあります。
(暑過ぎてボーっとしていたので写真を撮るのを忘れましたが)

式場にはナーガスワラムという南インドのお寺で儀式の時に
演奏をするミュージシャンが演奏をしています。
シャナイという長いチャルメラのような笛の音、
乾いた音の太鼓で独特なムードです。
ヒンドゥー教のたくさんの神様がニコニコして
二人を祝福しているような感じがします。



ムトゥクマールは南インド古典舞踊バラタナティヤムの演奏も数多くしているので
舞踊界の大御所、わが師匠C.V.チャンドラシェーカー先生ご夫妻(向って右側)
ダナンジャヤン先生ご夫妻(向って左側)もお祝いに来られていました。
新婚夫婦のすぐ右側は、南インドの両面太鼓ムリダンガムの名手でムトゥのお父さん
バルーサーご夫妻です。

コメント

インドに行ってました

2011-05-23 13:17:17 | Weblog
先週の1週間ほどですが、インドに行ってました。
5月の南インド、チェンナイ(前の名前はマドラス)は超暑いです。
かる~く40度を超える気温。
そして、毎日一時間の計画停電。
(以前は前触れもなく停電が始まり、いつまで続くのか・・・。で困りました。)
いつもなら汗みどろになりながらインド舞踊のお稽古、ですが。
今回は結婚式に参加するためでしたので、
汗みどろのお稽古はありませんでした。

滞在は師匠C.V.チャンドラシェーカー先生のお家。
かれこれ24年くらい毎年のようにお世話になり、
師匠ご夫妻への尊敬は、年々増す一方ですが、
いつも家族のように良くして下さるので、
インドの師匠のお家に行くと、
実家へ帰ったような気持ちになります。

奥さんのジャヤさんはお料理がとても上手なので
台所から良い香りが漂ってくると
すぐに台所へ行き、お料理を教えてもらいます。
今回もとっても美味しいお料理を沢山頂いたので
体重が増えて帰ってきました。
(しっかりお稽古して戻さなくては。
コメント (2)

東日本大震災復興支援 チャリティー公演

2011-05-11 16:19:07 | Weblog
この度の東日本大震災により、被災された方々に謹んでお見舞い申し上げます。
皆様の安全と一日も早い復興を心よりお祈り申し上げます。

このような未曾有の災害に対し、
私達アムリッタ・ダンス・カンパニーでは何ができるのか?
メンバーで真剣に話し合った結果、今回チャリティーの公演を
開催させていただくことにいたしました。

当日は、南インド古典舞踊をご覧頂いた後、インド舞踊の練習用サリーを
着用していただき、ストレッチやインド舞踊の所作を体験して頂きます。
Tシャツ・動きやすいズボン・腰ひも(サリー着用時使用)・タオル・飲み物を
ご持参下さい。(足元は素足となります。)
今回はサリーを着ての体験レッスンとなりますので、女性のみの参加となります。
沢山の方のご参加をお待ちしております。


東日本大震災復興支援 チャリティー公演
日時:6月18日(土)
   18:30開場  19:00開演  20:30終演
会場:クレオ大阪中央 4Fセミナーホール
   大阪市天王寺区上汐5-6-25 ℡06-6770-7200
   (地下鉄谷町線「四天王寺夕陽丘前」駅 1.2番出口より徒歩3分
参加費:1000円
    要予約です。
    ※参加費は全額日本赤十字社に義援金として寄付いたします。
お申し込み、お問い合わせ:アムリッタ・ダンス・カンパニー
             TEL&FAX 06-7493-4001
主催:アムリッタ・ダンス・カンパニー
コメント