デリーの日本山妙法寺で舞踊を奉納

2007-12-28 11:19:50 | Weblog
11月13日にデリーの日本山妙法寺仏舎利塔落慶法要の前夜祭で、バラタナティヤムを奉納させていただきました。
ほかにも踊りを奉納される方いらっしゃると思っていましたが、当日になって私だけと知り、急にドキドキしてきました。
夜空には満月が輝き、建てられたばかりの大きく真っ白な御仏舎利塔が、大きな公園の中に光輝いて浮かび上がっていました。
会場は、インド国内外の僧侶の方々や、日本山妙法寺の一門の方々で満員でした。
伴奏には、南インドチェンナイから私の師匠、C.V.チャンドラシェーカー先生がヴォーカルとナトゥワンガム、バルーサーがムリダンガム、ムトゥクマールがフルートを奏でてくださいました。
はじめに、チャンドラシェーカー先生がシュローカムを唱え、ガネーシャストゥーティ&アラリップとダシャ・アヴァタラ(ヴィシュヌの10化身)を奉納させていただきました。ダシャ・アヴァタラは、30分くらいある長い演目ですが、皆さん熱心に見てくださいましたので、無心で踊ることができました。
踊らせて頂いた後は、その当日も次の日の法要の日も、会う人会う人にお褒めの言葉を頂き、とても嬉しかったです。褒めていただいているのを、横で先生が嬉しそうなお顔をしてくださっていたのも、また、嬉しかったです。
素晴らしい機会を与えてくださいました日本山妙法寺の皆様に感謝しております。
コメント (2)

ダライ・ラマ氏

2007-12-28 10:56:26 | Weblog
日本山妙法寺デリー仏舎利塔落慶法要には、たくさんの方が来られていました。
デリー州総督、インド元副首相、ダライ・ラマ氏が、祝辞を述べられた、インド国内外の聖僧、日本山妙法寺の一門の方など、大勢の方々が世界の平和を祈り参列されました。
ダライ・ラマ氏は、橙色の大きな傘をさされて入場され、参加者のすべてから注目を浴びながら着席し、そのあと、祝辞を述べられました。
そばで拝見することができ、とても魅力のある方ということが感じられました。
コメント

大掃除

2007-12-25 23:09:34 | Weblog
今日はアムリッタ・ダンス・カンパニー今里教室の大掃除の日でした。
お天気を気にしていましたが、晴れ女さんがいてくれたのか、雨が降らずに助かりました。
教室の畳を上げ、シャッターを洗い、神様グッズ、本、テープ、たくさんのもの運び出したり、磨いたり、たくさん仕事はありました。
何年もしているためか、チームワーク、段取りすべていい感じで、女性だけでしているので、重いものもたくさんあり大変なのですが、年々スピードアップ&ピカピカ仕上げで掃除は終わりました。ご苦労様でした。

インドの私の先生は、お掃除好きで、毎週日曜日は掃除の日です。
月曜日から土曜日まで、朝の7時から夕方までひっきりなしに生徒さんが来てお稽古をしたり、ダンサーや舞踊関係の方が遠方から訪ねた来たりと、お客さんが絶えない忙しいおうちです。
先生は、朝から晩まで忙しくされています。
その先生が、日曜日はお稽古がなく生徒さんたちが来ないので、朝は掃除をするんだ、といって自ら、雑巾を持って掃除をされます。
私がインドにいる間くらいは、私が掃除をするから先生はゆっくりしてください。と、思うのですが、先生は一生懸命掃除をし、きれいになると、すごく嬉しそうにされます。
先生の嬉しそうな顔を見たいので、私も一生懸命ぴかぴかになるようにいろいろなところを磨いたりします。

今日は、寒くて風邪をひいていたり、おなかの調子が悪い人もいましたが、一生懸命一年間がんばったお稽古場をきれいにしてくれて、とても嬉しい気持ちになりました。来年も皆で楽しく、厳しく、インド舞踊の魅力を味わえたらいいなぁ。

お掃除の後は、クリスマスケーキを食べました。
皆で、「メリー・クリスマース」と言いましたが、そのとき全員の手がアンジャリ(合掌)の形になっていて笑ってしまいました。

その後は、やはり忘年会となりました。楽しかった。

コメント (2)

パンジャビ

2007-12-21 17:54:25 | Weblog
今日は鶴橋のインド舞踊教室の今年の締めくくりのクラスでした。
先日知り合いの方に、インドの民族衣装パンジャビを数着頂いたので、鶴橋教室の皆さんで着てもらうことにしました。
ジャンケンで好みのを選んでいきましたが、それぞれの好みのが上手に当たりました。
インドの舞踊は、奥が深く興味深いですが、インドの民族衣装も地方の特色や手工芸を駆使されていて興味深いです。
コメント

オーガニック

2007-12-19 09:30:28 | Weblog
デリーにはオーガニックレストランがありました。(都会だなぁ)
そこで初めて食べたラギという雑穀のクッキーはとても美味しかったです。ザラッとしていて、独特な食感と香りがとても気に入ってしまいました。
ラギはチェンナイでもてにはいるそうなので、次回チェンナイに行く機会があれば探してみようと思います。
そこで購入したお茶で、トゥルシ・チャイというものです。
トゥルシという葉は、バジル系の葉で、心臓や血圧、糖尿病などいろいろ体にいいそうです。
私が買ったのは、トゥルシ・チャイというチャイマサラが入ったものでしたので、ミルクで煮出しても美味しそうでした。
この冬はトゥルシ・チャイを楽しもうと思います。
コメント

天神さん

2007-12-19 09:16:23 | Weblog
先日久しぶりに大阪の天神さんに行って来ました。
門の上に可愛い干支が飾り付けられていました。イノシシ年も駆け抜けるようにして過ぎて行っています。そしてネズミ年がそこまでやって来ました。一年は早いですね。
コメント

宮城県での公演

2007-12-15 10:18:12 | Weblog
先週、テレビ番組「鶴瓶の家族に乾杯」で鶴瓶さんが訪れていたのは、私が9月に公演をさせていただいた、宮城県丸森町でした。
今年一番リラックスできた、癒しの場所「丸森町」を思いがけずテレビで見ることができてとても嬉しかったです。
お世話になった皆さんが映らないかなーと、ワクワクしながら見ていました。

その後日、丸森町のまゆちゃんから届きものがあり、その中に山堂での公演の写真のCDRも入っていました。
ありがとうございます。

来週も「鶴瓶の家族に乾杯」で丸森町を紹介されます。
楽しみにしています。

来年は生徒さんたちとツアーを組んで、丸森町に遊びに行きたいと計画中です。
コメント

ガネーシャ・ストゥーティー

2007-12-15 10:02:57 | Weblog
象の頭をした神様、ガネーシャがテーマの演目。
シヴァ神の息子で、障害物を取り除き、物事を成功に導いてくれる神様、ガネーシャを褒め称える演目。
大きな象の耳を表している場面。
コメント

シャブダム

2007-12-15 09:58:53 | Weblog
シャブダムという曲目です。
カルティケヤという神様がテーマの演目です。
シヴァ神の息子で、戦いの神様、孔雀を乗り物とする、ハンサムでプレイボーイのカルティケヤ。
カルティケヤのことを想い慕っているのですが、カルティケヤが自分のところに来てくれないので、恋の痛みに悩んでいる場面。
コメント

公演終了

2007-12-15 09:51:15 | Weblog
山堂での公演が終了すると、観客の男の子たちがお花をくださいました。
ありがとうございます。
コメント