インドちゃんの子どもと書くな!子供と書け!!

障がい者と書くな!障害者と書け!!

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

第45回衆議院選挙 総括その1

2009-09-01 00:45:54 | Weblog

といっても、粛清のことではありません。

 

一所懸命応援したのだが、甲斐なく西村眞悟議員は落選となった。

 

幸福実現党よりも得票が少なかった改革クラブ・・・

 

もう、涙も出ない。各政党、立候補者のポスターは歩く度に見かけたが、西村眞悟や改革クラブのポスターは見なかった。ましてや三宅博をや(涙)

 

我が家の壁には改革クラブのポスターを貼ったのですがね。ポスティングも行ったのだが・・・

 

不審な国籍不明船が接岸しているのを知っておきながら、工作員が日本人を拉致しているのを知っておきながら、国家は国民を見殺しにした。奴らに好きなようにやられるままであった。

 

もし西村眞悟前衆議院議員が国会で質問しなかったら、この件はいまだに闇の中。日本国民で拉致された人の数はいまだ増え続けていたかもしれない。

 

拉致問題は国家の主権にかかわる問題である。主権なき国家はもう国家ではない。

 

ただの奴隷だ。必要なときに金を出すATMだ。

 

西村眞悟先生のメルマガ引用

この度の選挙結果に接し、自分が選挙運動中に感じていた実感と結果の相違に愕然とした次第です。

 そして、マスコミが盛んに煽っていた風による現象を確認いたしました。

 そして、いわゆる風が、今の現象をもたらしているならば、風を受けない私、西村へのご支援は、風に左右されない大地の根っこに根差した、まことにありがたいご支援だと心から実感できました。

 よって、私は、これからも「風」のことに右顧左眄することなく、「日本の根」ともいうべきこのご支援を見つめこれから歩んでいきたいと思います。やはり、この「根」に基づいて厳しい国際情勢に対処できる日本を確立していかねばならないと確信しました。

 

 このたびの選挙において、不肖西村をご支援いただき、有りがたく、心よりお礼申し上げます。

 以上、まだ開票中ですが、まず、お礼を申し上げ、次に父から受け継いだ決意をお伝えいたします。

           百難不屈。

   

                     (平成21年8月31日1:30AM)

(引用以上)

 

眞悟先生ありがとう。7月12日、「えらそーに国会議員としてこんなとこに座っているが、拉致の質問をすることによって、めぐみさんの命にもしものことがあったら・・・たった一人も救えなくて・・・」と仰り、涙を流されたあなたの顔を僕は忘れません。

 

日本に西村眞悟がいたことを誇りに思う。

 

そして、必ず復活して、国民のために私利私欲を捨てて働いてもらいます。

 

 

コメント   この記事についてブログを書く
« 民主党政権はダメ | トップ | 第45回年衆議院選挙 総括そ... »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

Weblog」カテゴリの最新記事