ティーンに捧げる宝物

放浪詩人あもんがティーンに捧げることのは

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

達成感は感じるな!

2008-03-15 06:30:17 | こんにちは
♪流れる季節の真ん中で
 ふと日の長さを感じます
 せわしく過ぎる日々の中で
 私とあなたで夢を描く

レミオロメンの名曲
「3月9日」

ティーンのみなさん
卒業 おめでとうございます!

南風が時折吹くこの季節は
ピンク色がもっともお似合いの風景で
涙と微笑みがもっとも舞い散る季節なのではないでしょうか

僕も十数年前にこの空気を体感しました
その時の僕は「やったるぜ感」で充満していました
僕らの時代の卒業ソングは
柏原芳恵の「春なのに」でした
♪春なのに~お別れですか~
春なのに~涙がこぼれます
春なのに~春なのに~
ため息またひとつ
涙と笑顔が似合う名曲です
そして僕たちは打ち上げのカラオケで
尾崎豊の「卒業」を熱唱した記憶があります
♪信じられぬ大人との争いの中で
 許しあい いったい何 解り合えただろう
 うんざりしながら それでも過ごした
ひとつだけ 解っていたこと
この支配からの 卒業
いったい僕たちは何から卒業したかったのでしょうか

だれが決めているものかは分かりませんが
人生にはいくつかの「区切り」が存在します
それは時間によって構成されていますが
その時間の中でどれだけ自分が突っ走ることができるかが大事だと考えています
「やりきる」ということばは
自分がその目標に向かってあがいていた過程が全てであり
結果はそんなに大切ではありません
なぜなら結果は他人が決めることだからです
自分至上主義の論理ではありませんが
結局は「自分がどれだけ納得するか」が大切です
そう考えると他人の評価なんてとっても小さいものだと感じます
「達成感」とは感じたらもう終わりだからなんだか空しいもので
「達成しているぞ感」を感じているときが一番面白くないでしょうか

ティーンに向けて詩を綴り始めて
僕は気付いたことがありました
みなさんに響いてほしいという願望から
自分の過去を振り返ってみたり
街で見かけるティーンをチョイ見してみたり
今の自分をティーンと仮定して世の中を探ってみたり
いろいろ空想してみました
そんな時を過ごすのがとても楽しくなってきました
そこには「へぇ~そうなんだ」ということばがよく出てきました
大人になってひととおりの世の中のことを知ったら
「関心をする」という感情が欠乏してくるものです
知れば知るほど世の中の仕組みには統一性があり
全てを「愛」ということばで締めくくれば安心みたいな感じです
哲学はそれをあえて遠回りをして導いているのでは
なんて幻覚に陥ることさえありました
「へぇ~」の数ほど自分の身長が伸びていると感じ
「だからか!」と言うほど自分の進む道が増えていく思いがします
トリビアの泉を毎週見ていた訳が分かりました
大人になるとこの「関心」が薄れ始め
「無関心」というバリアーを張っていきます
それはそれで心地よい感もあったのですが
一度ティーンに戻った三十路少年あもんは
そこに快楽を感じないようになりました
だから僕もまだ
「少年よ 大志を抱け」ということばに賛同させてもらいます
あもんはここ2,3年で体験欲より表現欲が増えてきました
表現するには体験が必要で
体験したから表現したい
というメビウスの輪の上を走りだしてしまいました
そこには「達成感」はありません
永遠に「達成している感」が存在します

このブログはティーンに向けるメッセージということで開設しました
どれぐらいのティーンが覗いてくれたかは全く不明ですが
まこと自分勝手すぎる判断によると
最近の悲しいニュースでティーンの登場が少なくなってきていると感じます
もちろんあれから多くの方々がティーンに向かってメッセージを送りました
僕もその中の一員にはなれたんじゃないかなと勝手に満足しています
しかし「達成」はしていません
これからも多くの表現で
そしてティーンだけでなく多くの人々に伝えていきたいです
ということで
この詩集「ティーンに捧げる宝物」を区切らせてもらいます
別のブログでいろんな表現をしていこうと思っています
次回は詩のみに限らずいろんな表現をしていこうと思っています
そのブログ名は「アイことば」です
どうか末永くお付き合いください

ティーンのみなさん
これからももっともっと「関心」していってください
「何で?」をいっぱい生み
大人に投げかけてみてください
そうすればきっとあなた達は成長することができます
ティーンのパワーは無限大です
それでは最後の詩「若者よ」をどうぞ
いままでどうもありがとうございました

追伸 「島国からの贈物」「スナフキンにあこがれて」はまだまだ続きます
そちらの方にも遊びにきてくださいね
「アイことば」は春先に開設予定です
このブログでも連絡をするのでたまに覗いてみてください
コメント (2)

若者よ

2008-03-15 06:27:43 | ティーンに捧げる宝物
若者よ
学舎を巣立つ若者よ

テストで他人否定文がでたら赤点をとれ
自分防衛軍は解散せよ

あきらめタイフーンに負けない根を張れ
飛び降りても落ちない翼を手に入れろ

さびしさウイルスに感染するな
友達ワクチンで予防接種しろ

愛を綴るなら鉛筆を削れ
愛を奏でるなら口笛を練習しろ

ドラえもんのポケットは当てにするな
自分遺産にひとつでも多く登録しろ

クイズ番組に出演したら解答者に徹しろ
神経衰弱を腕立て腹筋しながらやってみろ

毎日戦う勇者となれ
戦う相手はもちろん自分だ

毎日ほほ笑む聖母となれ
一日の終わりで笑顔をプレゼントしろ

あらゆる波を跳ね返すつっぱりになれ
大人になっても突っ張れるつっぱりとなれ

若者よ
無限大を持つ若者よ

君たちには
未来へ繋げる使命がある


にほんブログ村 ポエムブログへ

あもんの旅の記憶
島国からの贈物 本日更新 『朝の散歩』
島国からの贈物
あもんのもうひとつの詩集
スナフキンにあこがれて 本日更新 『さくら』
スナフキンにあこがれて
コメント

天使の寝顔とはこのことを言う

2008-03-09 07:56:54 | こんにちは
2008年2月28日
あもん家に新しい家族が増えました
あもん姉の子供が生まれたのです!
新しい家族を迎えたあもん一家には
バカが5人ほどいます
祖父バカ、祖母バカ、親バカ
そしてわたくしこと
叔父バカです

あもん姉が結婚をして5年の歳月がたったころ
新しい命が宿りました
幾種かの治療を受け
待って待ってようやく宿った新しい命
日々大きくなるあもん姉のお腹を見ながら
あもん家一同は自分勝手に未来予想図を描いていました
3月末の出産予定日に向け
勝手な未来予想図がもう少しで描きあがる時でした
突然のあもん母からの電話
「いま 生まれたんよ」
「女の子じゃったよ」

予定より1ヵ月も早く
突然の出血により病院へ向かったあもん姉には
承諾書を書く暇もないくらいの緊急手術
子宮からでは無くお腹から新しい命がうぶ声をあげました
胎盤なんとかかんとかという病名
その経緯を聞いた僕は
「母子ともに元気なん?」と尋ねました
「うん、出産より姉ちゃんの手術のほうが大変だったみたいよ」
あもん母が答えました
少し遅かったらどうなるか分からなかったこの現状
「命の尊さ」というものを身近で感じました
そして僕は空を見上げ
鼻をグスンといわせました
あの時「おっぱい神社」のお守りをあげてよかったと思いました
2400gというちいさな彼女は
大きな声で泣いたみたいです!

サルを想像していたあもんの予想を裏切り
彼女はモチモチのプルプル
微笑んでいる寝顔は彼女の初めての表現です
そんな彼女を見つめる5人のバカたち
とりあえず僕は
自分の子供ではないのに
迷うことなく携帯待受け画面に彼女を登録
見るたびにニヤけるバカです
そして決してあもんおじさんと呼ばせず
あもん兄ちゃんと呼ばせるように教育していくつもりです

それぞれが個人の主張をするようになってから
家族というのは何かがなければつながっていきません
広義で答えるなら愛であると思いますが
狭義で答えるなら全員が共感できるものが必要です
あもん家は一昔前 犬を飼っていました
彼がその役割を果たしていました
愛犬がいなくなってしまった後は
昨年建て替えた実家が役割を遂げました
そして今からは
この新しい命がその役割を果たすのは間違いありません
ひとつの命は家族を繋げるのです
繋がった糸は人間愛に成長していくのです
命は人間にとって必要なものなのです

僕にデスノートはいりません
僕には「いのちノート」があるから
コメント (2)

いのちノート

2008-03-09 07:43:34 | ティーンに捧げる宝物
ひとつめの愛を種だとしたら
ふたつめの愛は大地であり
みっつめの愛はお天道様で
よっつめの愛は慈雨だった

雨は悲しみの代名詞じゃなかったんだ

険しければ険しいほど
嘆く声は元気の源となって
難を乗り越え意志を掲げた時には
神様は必ず授けてくれる

幸鳥(コウノトリ)は きっといるんだよ

輪廻はつまみ食いしたことは無いし
転生も試食コーナーにも置いてはいない
ならば いっそ
あらゆる論語を冷凍保存

命に取扱説明書はいらないんだ

それぞれの道を歩んでいる大人は
家に帰るきっかけを探しているもの
それがもし見つからないのなら
自分で創ろう 帰り道

天使の寝顔は月の引力より強いんだよ

これから綴るノートは
いのちノート
ちいさなうぶ声が
一行目に綴られた


にほんブログ村 ポエムブログへ

あもんの旅の記憶
島国からの贈物 本日更新 『いけないこと』
島国からの贈物
あもんのもうひとつの詩集
スナフキンにあこがれて 本日更新 『しだれ』
スナフキンにあこがれて

コメント

今日、伝えたいこと

2008-03-08 07:05:18 | ティーンに捧げる宝物
この感動をどうすればいいの?
タンスにしまい込んではいけないよ
こんなに素晴らしいことばならば
誰かに伝え分かち合おうよ

明日は白い伝言板
あなたのことばと
あなたのえがおで
明日を描いていきませんか

はじめまして
で さようなら
一期一会の出逢いだとしても
一期末代の思い出でいたいもの

偉人も凡人も
吟遊詩人も幼稚園児も
お家に帰るその前に
伝言ゲームで遊んでおこう

僕があなたに伝えたい
今日のことば

飛べよ!
伝書鳩!


にほんブログ村 ポエムブログへ

あもんの旅の記憶
島国からの贈物 
島国からの贈物
あもんのもうひとつの詩集
スナフキンにあこがれて
スナフキンにあこがれて
コメント

去りゆく時での芽生え

2008-03-07 16:10:55 | ティーンに捧げる宝物
こんなところにある雑草は
幾人の足跡を見てきただろうか
誰のものでもない自分の時を
自分のものでないように使い続けたその時
きっとあなたの頭のてっぺんには
何かが芽生えている

どんな花だっていい
枯れてしまってもいい
ただ何かが芽生えているんだと自負し
あの雑草のように
目の前にある何もおもしろくない
あの足跡をみていこう
きっと花は咲くさ
いつの日か


にほんブログ村 ポエムブログへ

あもんの旅の記憶
島国からの贈物 本日更新 『あもん教教祖あもん』
島国からの贈物
あもんのもうひとつの詩集
スナフキンにあこがれて
スナフキンにあこがれて
コメント

2008-03-06 10:01:15 | ティーンに捧げる宝物
毎日遊んでケンカして
笑って悩んで手を握る
朋を近くに感じると 
ふと朋が邪魔になる

一時遊んでケンカして
笑って悩んで手を握る
朋を遠くに感じると 
ふと朋が必要になる

一緒にいるのが朋ではない
一緒に想うのが朋なんだ

朋達100人できるかなと
歌ったあのときからの
朋の数を数えてみよう


にほんブログ村 ポエムブログへ

あもんの旅の記憶
島国からの贈物
島国からの贈物
あもんのもうひとつの詩集
スナフキンにあこがれて
スナフキンにあこがれて
コメント

初恋心

2008-03-05 16:46:40 | ティーンに捧げる宝物
酔いたい夜もある
つまみは
きみ

酔えない夜もある
わけは
きみ

たったひとコマの会話は
ツメを折ったビデオテープ
たったひとときの笑顔は
CD-ROMに2枚書き込み

あなたのノートに落書きしてもいいですか?
あなたのかばんは空いていますか?
あなたを僕の宝物にしてもいいですか?

いくつになっても
初恋心


にほんブログ村 ポエムブログへ

あもんの旅の記憶
島国からの贈物 本日更新 『ふたつの約束』
島国からの贈物
あもんのもうひとつの詩集
スナフキンにあこがれて
スナフキンにあこがれて
コメント

睡魔から君へ

2008-03-04 10:04:22 | ティーンに捧げる宝物
達成感マニアになった君は
あしたの夢 確かめようと
いま 瞳を閉じた

満腹マニアになった君は
プクプク虫を 旅立たせるために
いま 眠りについた

幸せマニアになった君は
今日の甘さ 噛みしめようと
いま 寝顔で笑む

ネゾウが悪くても いい
イビキをかいても いい

戦士よ いつも 安らかに
戦士よ いつも いとおしく

さぁ 眠れ
僕のそばで

あしたが僕からのプレゼントだ


にほんブログ村 ポエムブログへ

あもんの旅の記憶
島国からの贈物 明日更新します
島国からの贈物
あもんのもうひとつの詩集
スナフキンにあこがれて
スナフキンにあこがれて
コメント

赤い血が継ぐもの

2008-03-03 15:34:14 | ティーンに捧げる宝物
赤い血が継ぐもの
色白
内股
猫背
癖毛
寡黙
勤勉
友愛

みんな
僕のものであって
うれしい
生まれてきて
よかった

この赤い血を継げるのは
僕しかいない


にほんブログ村 ポエムブログへ

あもんの旅の記憶
島国からの贈物 本日更新 『集落の歩む道』
島国からの贈物
あもんのもうひとつの詩集
スナフキンにあこがれて
スナフキンにあこがれて
コメント