あみの3 ラーメン食べある記@地域限定

2014年3月plalaから移管しました。
金沢・富山を中心とした北陸3県とその周辺のラーメン食べ歩き日誌です。

11月のまとめ

2017-11-30 23:59:59 | まとめとカレンダー
11月までに食べた杯数、、、53杯:前月46杯比+7杯
1月からの合計杯数、、、571杯:前年同月508杯比+63杯

石川38杯:前月30杯比+8杯
富山9杯:前月12杯比-3杯
福井4杯:前月4杯比±0杯
その他1杯:前月0杯比+1杯
初訪4軒:前月2軒比+2軒

訪問店リスト(クリックすると大きな画像が見られます)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

17559,560 一世風靡、ご当地ラーメン巡@金沢 11月22日 福座まで来たんなら帰りは当然こうなるね!11月末までの限定食べ納め!一世風靡のさんまの煮干しそばと巡の丸鶏中華そば

2017-11-30 10:40:28 | 石川県(金沢・加賀)のラーメン
一世風靡、前回のエントリーは→こちら
ご当地ラーメン巡、前回のエントリーは→こちら

◆2杯目◆
仕事帰りに福座で牡蛎喰って時計はまだ20時、まだ間に合うな(笑)
11月末で終了となる期間限定の食べ納めに向かったのは金沢の
一世風靡 (いっせいふうび)


さんまの煮干しそば 700円


今回で3回目となるさんまは、
節が前面に出て、塩味と旨味がガツンとくるパンチのある味わい


アルデンテに茹でられた自家製#18ストレート麺のハリとコシは何度食べても美味しい!



◆3杯目◆
ご当地ラーメン巡 (めぐる)
そう言えばこちらも今月末で終了、閉店時間の遅いお店を後回しにしたのは確信犯ですね(笑)

丸鶏中華そば 800円


こちらも11月末で終了予定なので早速リピしました。

今回は流行りのオーバーボイルでオーダー


博多ラーメン専用の#26低加水ストレート麺ザクバツもいいがやわ麺だとたっぷりの鶏油と凄く馴染みがいい!


地鶏の丸鶏と昆布やタマネギ、リンゴで煮込んだ出汁。 今回は2回目の仕込みのスープですが前回よりやや酸味を感じ、感動は初回の方が大きかったかな(笑)

杉の香りの生揚げ醤油 美味しかったよ(^^♪


狭い厨房でよくもこんなにいろんなことに挑戦するわと感心します。 狭いからこそ効率よく能率よくしようと改善する。 そのスパイラルがモチベーションの向上となり美味しいラーメン、多くのお客に愛されるお店になるんだなと感じます。
若いからと言って無理しないで頑張ってもらいたいものですね 応援してるよ(^^)/ 



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

17558 麺や福座@金沢 11月22日 いよいよ牡蛎のシーズン到来! 牡蛎のラーメン第一弾はかき塩ラーメン!

2017-11-29 09:58:48 | 石川県(金沢・加賀)のラーメン
前回のエントリーは→こちら

前回訪問した際に『11月22日から牡蛎のラーメン第一弾を開始するから来てくれるんやろ!』 もちろんです!!と約束した金沢の
麺や福座 (ふくぞ) 仕事帰りにちょっと金沢へ寄り道19:30の入店でしたが中待ちはさすが人気店。 しばらくして大将の目の前の貴賓席(笑)へご案内


本日より提供開始の
かき塩ラーメン 900円


今年も始まった冬の風物詩 牡蠣のラーメン第1弾は「塩」からスタート
例年通り、地元能登の中島産生牡蛎を使った極上ラーメン。


デフォは中華そばで使っている出汁と牡蛎の出汁のアッサリ淡麗塩スープ、もちろんこれだけでも美味しい!


打ち粉をまとわせ軽く煮込んだ牡蛎からタレが染み出したスープはメッチャコクが増す!


昨年までの辛さが主体の牡蛎辣油と違い、今年の自家製牡蠣油はあくまでも「香味油」


香りとコクがグンと高まり、ピリッとした辛みで味が引き締まります。


3段階の味変が楽しめてメッチャ美味しい!

福座では珍しい低加水の中細ストレート麺、ザクっとした食感が良いですね。


貴賓席の特権は大将自ら手渡される渾身の一杯


今年は第一弾「塩」第二弾「醤油」、そのほかに福田さんの腹案(笑)があるそうなのでとても楽しみ! これは気が抜けませんぞ!


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

17557 【新店】 ベジノイロ@福井 11月19日 福井初”ソラノイロ”プロデュース!野菜メニューに拘るお店のベジラーメンは夜だけのお楽しみ

2017-11-28 08:51:54 | 福井市内のラーメン
11月15日福井市高木にオープンした
ベジノイロ こちらでソラノイロ宮崎千尋氏プロデュースの「ベジヌードル」が食べられるという事で早速行って参りました。


ソラノイロと言えばミスドとコラボした夏のメニューを食べに行ったことを思い出しますが、野菜から摂った甘めのスープに野菜を練り込んだ麺の色鮮やかな夏麺だったな~♪
ミスド&ソラノイロの記事は→こちら

こちらのお店、じつは「地元の無農薬野菜、できるだけ添加物を使わない惣菜」をコンセプトに若い女性に人気のデリスタイルcafe
veg・yard (べじやーど)が母体。
それまでの昼のみの営業から、ベジヤード(ランチ)は11:00~15:00まで、ベジノイロ(ラーメン)は18:00~22:00までと二部制に業態変更したものです。


伺ったのはベジノイロとして営業が始まった19時過ぎ、先客は「朝ラー」でお会いした福井の麺友でした。
店内は白を基調として観葉植物を配置した、スッキリとしてハイセンスなレイアウト。


奥まった厨房の手前レジカウンターには、お惣菜やスィーツの冷蔵ケースがあってテイクアウトもできるようです。


今日の目的である「ベジヌードル」のメニュー


2種類もあったんですね。


特製ベジヌードル 1100円と


特製梅塩ソバ 1050円をシェア



特製ベジヌードル (ベジ増し、味玉のせ)

緑・赤・黄色とビビッドな色使いも鮮やかな逸品。


スープは福井県あわら市の農園フィールドワークス産かぼちゃを使ったスイートな味わい。 


麺にも同じくフィールドワークス産かぼちゃを練り込んだ、いわゆるベジ麺となっています。
平打ちのもっちりした麺で、コシは強くないのでゴワゴワ感もなく優しいスープにマッチしていますね。


器のヘリに添えられた「かぼちゃとチーズのペースト」や「クミンシードとキノコの炒め物」をスープに溶かし入れれば濃厚になったり、スパイシーになったりと味の変化も楽しめます。


今回は頂きませんでしたが、〆のリゾットご飯100円も楽しそうですね♪


特製梅塩ソバ (チャーシュー2枚増し、味玉のせ)


こちらは打って変わってオーソドックスなラーメンで、鶏出汁の清湯スープ。


つるつる喉越しの良い細麺


特製はシットリとした鶏胸肉のコンフィー2枚増しの計4枚と味玉が付くが、追い飯でお茶漬けがオススメなのでデフォ(850円)の方が良いかも。


福井特産の梅を使ったは「ちみつ梅」と、「わさび」、「刻み昆布」がトッピングされている。 もちろん溶かし入れればあっさりスッキリ味変になるが絶対お茶漬けが似合う! 


〆のお茶漬けご飯100円は必須のアイテムでしょうね。 もちろんラーメン連食は無しですよ(笑)

◆サイドメニューの
パクチー水餃子 390円(5個入)


もっちりの皮に包まれた餡 パクチーというワードに誘われてオーダー 美味しかった~♪


◆スウィーツ
かぼちゃのモンブラン


テイクアウトもできますが店内で頂きました。


ベジヤードは「かぼちゃ」を使ったメニューの豊富さが特徴で、このかぼちゃのモンブランも人気商品の一つです。
大人のスィーツという感じでオッサンが食べても美味しい♡


ちょうどラーメンを食べ終わった頃にRAMEN Wの店主が来店、なんという偶然でしょう! きっとこのお店が癒しの場になっているんでしょうね♪ 忙しい1日を振り返りラーメン談義に花が咲きました(^^)/

☆ベジノイロを運営する株GAIAの石打社長とお話することが出来ました。とてもチャーミングな方で、「すべての女性のワクワクとした未来と幸せのために」がコンセプト。 野菜に拘ったメニューと事業内容がソラノイロ宮崎千尋氏のコンセプトと合致したので今回のプロデュースに繋がったものと思われます。
ソラノイロプロデュースのラーメンが食べられるのは福井では初、北陸でもこちらだけですね。 しかも「ベジヤード」が得意とする「かぼちゃ」を麺やスープに使っているのは日本中でここだけ! そんな自負と責任感を胸に挑戦し続けていく石内GAIA
これからも目が離せませんね♪

≪ベジノイロ≫
営業時間18:00~22:00
定休日 月・金 祝日の場合は翌日休み
(11:00~15:00はラーメン店ではなく「ベジヤード」として営業)

♪ ♪
お店情報

食べログ情報は→こちら
お店HPは→こちら

店名;Veg.yard (ベジヤード)
住所;福井県福井市高木中央1-405
営業時間;11:30~19:00

❣️ベジ.ヤード(ランチ)11:00~15:00まで
❣️ベジノイロ(ラーメン)18:00~22:00まで

定休日;月曜日(祝日の際は営業、翌火曜日休み)

❣️ベジ.ヤード(ランチ)は月曜が定休日で月曜祝日の場合は翌日お休み
❣️ベジノイロ(ラーメン)は月曜と金曜が定休日となります

駐車場;あり
地図;
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

17556 そらみち、牟岐縄屋、めん屋さる、3店舗合同周年祭『無化調ラーメン店の矜持』初日@福井市めん屋さるにて 11月19日 贅沢素材の特製らーめん

2017-11-27 09:20:23 | 福井市内のラーメン
そらみち2周年、2015年10月グランドオープンの記事は→こちら
牟岐縄屋2周年、2015年11月11日プレオープンの記事は→こちら
めん屋さる1周年、2016年10月グランドオープンの記事は→こちら

かねてより親交のある「金沢そらみち」、「福井県三国牟岐縄屋」、「福井市めん屋さる」の合同周年祭が、初日11月19日(日)福井のめん屋さるの店舗、二日目20日(月)は金沢そらみちの店舗の2日間にわたって開催された。 


訪れたのは初日の「めん屋さる会場」、と言うのもこの日11月19日(日)は同じく福井のRAMEN Wにて朝ラーが開催されそこからの連食と言う訳です。

事前に前売り券を購入し訪問日時を指定したうえで、当日先着順で指定時間帯の整理券を受け取るシステム。

 
RAMEN Wで朝ラーを食べ、めん屋さるに到着したのが9:10 そして受け取った整理券は「11:00 22」30分単位で括っているそうなので11時の22番目は11:30に近い時刻になりそうですね。 まだまだ時間があるので近所のスタバで一旦待機。


11:00を過ぎたころにお店に戻るとこれが大渋滞w 駐車場はもちろん満杯。 「11:00 8」を手にした福井の麺友T君が外待ちしているのでまだまだ先になりそう。

こちらでも先ほどのRAMEN Wのメンバーがほとんどと言って言い位移動していて同じ顔ぶれ(笑)
なので待ち時間も楽しく過ごすことが出来ました。


整理券順番にそらみちさよちゃんに呼び込まれ中待ち。 厨房はさる君、そらみち青山君、牟岐縄屋の吉田さん、洗い物係りはさる君のお母様が担当。究極のコラボ、役割分担です。



『鶏と水』の究極のラーメンを目指し、志を同じくする3店主が提供するラーメンとは

『あの佐野実さんのDNAを受け継ぐ支那そばや・NRフーズさんが私達の為に、2017年ヌーヴォー小麦『春よ恋』で醤油ラーメン用の麺を作ってくださいます。
最高の小麦を最高の製麺技術で練り上げた贅沢な国産小麦麺。
それに合わせるのはとてもとても贅沢な材料を使った、3店が協力して炊き上げる美しい清湯スープとなります。
日本一しょうゆさんの素晴らしい生揚げ醤油をメインに、新しくも懐かしいネオノスチックな醤油ラーメンに仕上げます。
3店が持ち寄る具材にもぜひご注目ください。』。。。牟岐縄屋FBページより抜粋




贅沢素材の特製らーめん 1300円


3店店主が持ち寄った
鶏と豚と野菜の出汁にアゴ出汁や節・昆布といった魚介を合わせた清湯スープ。 鶏油は少な目。
ずっと飲み続けていたいほど美味しい!


和ぶたもち豚の煮豚チャーシュー、丹波黒鶏胸肉コンフィー、能登豚肩ロースレアチャーシュー
後藤一三〇煮玉子、完全発酵メンマ、那須高原白ネギ、九条ネギ
スープ、麺、具材
三位一体の超極選素材
メッチャ美味しい‼️


詳細は写真をご参照願います


暫くは余韻に浸りたい、
待った甲斐がある
食べた人が幸せを感じる
そんなラーメンでした

ありがとう(*´∇`*)

そして、2年目・3年目に向けて頑張って下さい
またこんな美味しいラーメンを食べさせて下さいね(^^)/

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

17555 RAMEN W@福井 11月19日 第3回朝ラー 麺屋庄の&麺屋鶏っぷ夢の師弟コラボにラヲタ集結!岩手かもの塩中華そば

2017-11-26 07:10:04 | 福井市内のラーメン
前回のエントリーは→こちら


毎月第三日曜日に朝ラーメン(8:00~10:00)というイベントを開催している福井の
RAMEN W(らーめんだぶる)

第3回目となる11月19日は奇しくも(そらみち・牟岐縄屋・めん屋さる)3店舗合同周年祭!が福井の麺やさるにて開催される日です。
手っ取り早く両方回れてこれは嬉しいと、安易に喜んでいたのもつかの間。 

東京から麺や庄の・庄野店主が来店、越前市の麺屋鶏っぷとの師弟コンビが厨房に立つ』という事でラヲタの関心も高く、いつも以上に参加希望者が増え、このままでは1軒目のWダブルさんには間に合わないかも知れない!
しかし「SNSでの参加申し込み」という対策を取って頂いたおかげでなんとか予定枠内に入ることが出来ました。

朝4時起き(笑)金沢のお友達と6時に合流し福井を目指しました。当日は冷たい雨風が予想されていましたが、奇跡的に小康状態!
店頭で受付に名前を記入して車の中で暖を取ながら開店を待ちます。
といっても既に知った顔ばかり、みな興奮しているのか寒い中居ても立ってもおられず(笑) 旧交を温める人の輪があちこちでみられます。


庄野さん到着!


定刻を少し過ぎての開店です。
受け付け順に店主から呼び込こまれての入店。 券売機で限定の食券を買い求めます。


岩手かもの塩中華そば


「越前市の麺屋鶏っぷ」が食の道場で学んでいた時の講師が「東京麺屋庄の庄野店主」であったことからの「師弟コラボ」企画!
しかも昨年惜しまれつつ閉店したかつての名店「がんこ一条流 雅」の福田店主が現在はRAMEN Wで腕を振るっているとあって、この日の厨房はまさに夢のステージ。ラヲタのこころ鷲掴みです(笑)


庄野さんの鴨出汁清湯スープと鶏っぷの十勝ヌーヴォー自家製麺とが見事に融合してメッチャ美味しい‼️


澄み切ったスープは昆布の旨みとほんのり魚介が感じられ、鴨・魚介・昆布で味の深みと旨みの相乗効果がいかんなく発揮されています。しかも鴨特有のあぶら臭さがうまく処理され、朝食べるにふさわしいスッキリしたスープに仕上がっています。


鴨チャーシューというか鴨ロースト 表面は芳ばしく噛みしめればジュわっと肉汁が滲み出てこれは美味しい。
添えられた大根おろし、この「おろし金」を探すのに開店が遅れたのは内緒です(笑)


そして「鶏っぷ」が担当した十勝ヌーボー自家製麺はとても控えめで、師匠のスープを邪魔しないような気配りが感じられるような”かろやかな麺”でした。


たくさん友達とも再開して楽しい時間と美味しいラーメンに感動をもらい、暖簾を後にしました♪

庄野さんのサイン入り著書を買い求めるお客さんもいてほのぼのとした雰囲気でした。


このあと次の会場に向けラヲタは駆け巡るのでした、、、つづく。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

17554 ご当地ラーメン巡@金沢 11月18日 待ちに待った能登で育った地鶏の”丸鶏中華そば”

2017-11-25 06:05:49 | 石川県(金沢・加賀)のラーメン
前回のエントリーは→こちら

この日3軒目となる金沢の
ご当地ラーメン巡(めぐる)
短期間限定で大好きな地鶏のラーメンが始まりました。


丸鶏中華そば 800円


11月18日~11月30日期間限定

昨年来取り組んできた地鶏の清湯、醤油ラーメン

能登松波の地鶏「ホシノブラックワン」と
能登宝達の醤油蔵「ヤマチ醤油」2年熟成杉樽木桶仕込みの生揚げ醤油、という地元産に拘った一杯。
ようやく完成の域に達したようです。
本当に美味しかった〜^ ^

地鶏のガラでは無く丸鶏を使っているので肉の旨みが出汁に出てアミノ酸全開!分厚い鶏感が過去最高です。
そして合わせるカエシも酸味が無くなり、へんな甘ったるさの無いキレッキレの生揚げ醤油。木樽仕込みによる杉の移り香が鼻から抜け何とも力強い。
今回は地鶏の鶏油が取れなかったそうで、シャモの鶏油を使っているとの事。次回は是非この地鶏の鶏油でも味わってみたいですね。


熱が入るのを嫌って一旦別皿に退避、豚肩ロースのチャーシューもキレイなピンクで脂とのバランスも良かったです。


麺はレギュラーの博多で使っている低加水の細麺。ザクパツな食感がいいけど、流行りのオーバーボイル&溶け出しの無い専用麺でも食べてみたくなる。


次回は140日後となります。
なぜかって?
この地鶏養鶏家の鶏を全数買い取りしてるからです。
ヒヨコから肥育して地鶏と呼べるまで育つのを楽しみに待っていますよ(*´∇`*)

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

17552,553 麺屋夕介、麺や福座@金沢 11月18日 朝ラーで気まぐれメニュー夕介の台湾と中華そば!福座のニボシオ食べ納め!

2017-11-24 06:36:06 | 石川県(金沢・加賀)のラーメン
麺屋夕介、前回のエントリーは→こちら
麺や福座、前回のエントリーは→こちら


1軒目
朝ラーで10:30の開店待ちして訪れた金沢の
麺屋夕介(ゆうすけ)
でも結局は「気まぐれメニュー」や「本日のおすすめ」に目がくらむんですよね(笑)


中華そば 650円 +肩ロースチャーシュー増し


以前から提供されていたメニューなんですが初めて食べます。
夕介が昔食べた懐かしい味を再現した一杯。 例えば福井の老舗「まるせい」のような鶏・豚清湯スープにラードと化調と胡椒が似合うそんなイメージです。


ほんのり甘めのスープとつるつるっとすする熱い一杯。 


郷愁をさそう味にファンも多く、異例のロングラン限定となっている♪


◆もう一つの気まぐれメニューをシェア
台湾中華そば 700円


ベースは中華そば、それに来湾ミンチとニラ、モヤシがトッピングされた一杯だ。


中華そばのほんのり甘いスープがピリッと辛めの台湾ミンチとマッチしてちょうど良い甘辛さのスープ。


こちらには細麺が設定されている。


辛さに耐性の無い自分にはちょうど良く、身体が温まりました(^^)/

2軒目
もうそろそろ冬の風物詩「牡蛎のラーメン」が始まる金沢の人気・実力店
麺や福座 (ふくぞ) そうなると現在の「秋の限定ニボシオ」が入れ替えで終了となる。 その前に食べ納めと言うわけです♪


煮干塩ラーメン 850円


今回も味薄目でお願いしましたが大将から「今日も薄目やね!」恐れ入りました(笑)
動物系と野菜から摂った出汁にウルメ煮干や節といった魚介を合わせた清湯の塩ラーメン。


煮干し由来の塩味がややもすると強く感じるデフォのスープも「薄目」では節の香りが前面に出て、あとから煮干しの旨味や渋みと言った成分が舌に沁み渡る。やっぱり美味しいわ~(*´з`)


全粒粉入りの縮れ麺もつるモチの食感でとても魅力的。 鶏豚乳化スープのメニューが多い福座で、申し訳ないが「清湯」が好き!


なんとかレギュラーで残してもらいたい思いを胸に、暖簾を後にしました♪



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

17550、551 麺専門店アラキ、ラーメンの万里@富山 11月17日 この集客力とみなぎる活気!人民の店でカレーラーメンを喰らう!万里の和風ラーメン!

2017-11-23 06:32:36 | 富山県東部(富山市周辺)のラーメン
麺専門店アラキ、前回のエントリーは→こちら
ラーメンの万里、前回のエントリーは→こちら

1軒目
2013年3月以来4年8か月振りの訪問となった富山の
麺専門店アラキ


昨シーズンお友達がこちらでカレーラーメンを食べたのを記憶していて、今年のシーズンには絶対食べに行こうと1年待った(笑)


しかしそのお友達によれば、『食べに行ったけどシーズン終了で食べられなかった』そうです。季節限定だったんですね!


カレー中華 小 780円


ドロドロのルーにまみれたツルシコ麺


出汁なしこってりカレー中華


お肉もゴロゴロ(笑)


卓上のすりおろしニンニク入れ放題
するとどうでしょうスパイスと塩気がすっかり丸くなったではありませんか!
クセになるわ〜


残ったルーに別売り「ライス180円」を投入して追い飯カレーも良さげですね(^^♪


11:00の開店に合わせて時間調整したんに、もう食べ終わった人もいて(^^;;


それにしてもこのお店のエネルギーはハンパないわ!
まさにパワースポット!

2軒目
あらきから10分ほど移動して向かったのは
ラーメンの万里 (ばんり)
目的は今週の平日限定


和風ラーメン 850円


鶏出汁とカツオ+今回は焼きカサゴの魚介出汁のWスープ、なので和風なのかぁ~
徐々にシンプルになってきてるのが良いですね(^^♪


しかしそれでは気が収まらない店主w
今回のトッピングはフカヒレならぬ「エイのヒレ」
軟骨のコリッと感が何とも言えませんな~♪


コクのある醤油とツルシコの細麺との組み合わせも久しぶりで良かった。


次回も楽しみです♪


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

17547,548,549 自然派ラーメン神楽、NOODLE KITCHEN TERRA、金澤流麺らーめん南@金沢、野々市11月16日 黒帽子さんをアテンドしての食べ歩き!

2017-11-22 06:43:31 | 石川県(金沢・加賀)のラーメン
自然派ラーメン神楽、前回のエントリーは→こちら
NOODLE KITCHEN TERRA、前回のエントリーは→こちら
金澤流麺らーめん南、前回のエントリーは→こちら

1軒目
冷たい雨が降りしきる中外待ちをしていると「あみの3さん!」とお声かけ頂いた黒ずくめの紳士。
自然派ラーメン神楽で出逢ったのは関西の超有名ブロガー「黒帽子さん」でした。
黒帽子さんのブログ⇒黒帽子日記

宮本店主とお話しながら楽しいランチとなりました。 ちなみに黒帽子さんは念願の「フカヒレラーメン」を食べることが出来感動の面持ち!よかったね~(・´з`・)



自分が頂いたのは前日から提供開始の1日25食限定の


ぷりぷりエビの塩ラーメン 1180円


メッチャ美味い‼️
表面はカリッと香ばしく、中はぷりっぷり 下味が旨味たっぷり! 丁寧な前処理と絶妙な火加減が生んだ逸品です。


海老の旨味、衣の溶け出し具合、塩スープとの一体感はさすがですね。


リニュアルした麺ですが、やはりイマイチ理想とするところに及ばず元に戻したそうです。


帰りには金沢の大御所ノブさんとも久しぶりにお会いしました。次回は是非ご一緒しましょう(*´∇`*)

2軒目
黒帽子さんをアテンドして向かったのは野々市の
NOODLE KITCHEN TERRA(てら)

本日のおすすめ


穴水中華そば 800円 をご一緒させていただきました。


今回は醤油タレの中華そば仕立
鮮魚の旨味だけが丁寧に引き出されメッチャ美味い!

能登穴水の筏釣りもいよいよ初冬のシーズンに入り魚種も限られてきたそうだが、青物や平ものの出汁と醤油のコクが相まってややもすると「魚の煮つけ」みたいな味になってしまうところを魚臭を消してスッキリ仕上げる手法はさすがNOODLE KITCHEN TERRAらしい!


鶏胸肉の白、ピンクの豚レアチャーの真ん中には九条ネギの緑、


赤いトサカノリの彩りも良く目でも楽しめる。



電車とバスで神楽まで移動された黒帽子さんをNOODLE KITCHEN TERRAまでアテンドし、とっても喜んで頂いてよかった~♪
またご一緒しましょうね(^^)/

3軒目
黒帽子さんを金沢駅までお送りし、一人向かったのは野々市の
金澤流麺らーめん南(かなざわらーめんらーめんみなみ)


2枚看板のレギュラーメニューですが、こちらが暫くお休みになるということで急いで食べておくことにしました。
牛煮干しらーめん 塩味”Alchemist”(アルケミスト)


麺は自家製、手ごね、手揉み、手切り麺
もっちりした食感の幅広縮れ麺


もちもち感としっかりコシもあって、前回のまぜそばの時より食べ応えがある。


煮干と牛スープのバランスに試行錯誤している様子がよくわかりますが、どうやらじんわりくるNOODLE KITCHEN TERRAテイストに近い方向性となったようです。 自分としては前回の味付けが南くんらしくて好みでしたが、致し方ありませんね。 


お休み明けの”Alchemist”を楽しみにしています(^^♪
コメント
この記事をはてなブックマークに追加