あみの3 ラーメン食べある記@地域限定

2014年3月plalaから移管しました。
金沢・富山を中心とした北陸3県とその周辺のラーメン食べ歩き日誌です。

229杯目 今年もつけ麺やさんですよ 麺屋鶏っぷ@福井 煮干し醤油つけ麺 6月26日

2015-06-30 05:50:59 | 福井市内のラーメン
前回のエントリーは→こちら

昨年のつけ麺やになりましたの記事は→こちら

そうです、昨年の6月13日でした。衝撃的なニュース、人気ラーメン店が突如つけ麺やに業態変更!! そして今年もそのシーズンがやってきたのです。福井の若き店主、今年はつけ麺とまぜそば専門店鶏っぷ(とりっぷ)です。

6月23日から提供開始のつけ麺を頂いてきました。今年のつけ麺は昨年に引き続き「海老つけ麺」と新たに「煮干し醤油つけ麺」が追加となり二本立てです。


頂いたのは「煮干し醤油つけ麺」麺は昨年と同様の三河屋製麺つけ麺専用極太麺。もっちりした食感で食べ応えと喉越しのバランスがとれた茹で加減です。(余談ですが、金澤つけ麺鈴(廃業)も全く同じ麺でしたが、茹で加減の違いで食感が見事に変ることを実感しました。) 


つけ汁は濃厚魚介鶏白湯の醤油味。特徴はじっくり煮出した煮干しのペーストが入ったニボパイタン。コラーゲンもたっぷりのネロッとした濃厚つけ汁に仕上がっています。ただ煮干しが強いためやや塩分高めですが、その分輪郭がはっきりしているともいえます。


後半トッピングのレモンを麺に絞りるとほぐれやすく、爽やかな酸味が味変になって飽きることなく食べられます。トッピングの鶏チャーシューは燻製されとってもスモーキーでしっとりした仕上がり。豚バラスライスチャーシューとの2点盛りで昨年より豪華。三つ葉の彩りも美しくつけ汁に入れれば香りも楽しめます。


食べ終わったらもちろんスープ割。今年は「7種類の煮干しで深みのある多層的な旨みが味わえます」って誰のキャッチコピーやねん都会的やわー(笑)


参考までに↓、2015年今年の「海老つけ麺」


2014年昨年の「海老つけ麺」↓  潔さを感じます。



以前の看板↓は緑色 鶏白湯のラーメン専門店というイメージ


お店の袖看板が変りました↓ 赤色に変更 白湯以外もある、ラーメン以外につけ麺やにも対応する内容だ!! 


赤色は勝負色とも言われています。今年に賭ける店主の意気込みが感じられます。応援してるよ。
コメント

227,228杯目 今日の限定は500円でどや! 麺屋夕介@金沢 鶏そば、ピリ辛ブラック 6月26日

2015-06-29 06:03:26 | 石川県(金沢・野々市他)のラーメン
前回のエントリーは→こちら

今日も限定の二文字に誘われてやって参りました、金沢の麺屋夕介(ゆうすけ)。金沢のラーメン、リピート率1番でないやろか?(笑)
先日からSNSにて告知されていた、鶏ガラ清湯スープで500円ポッキリ!ワンコインの数量限定・期間限定のラーメンです。当初利益率が低い為13時以降(福座流アフタヌーンメニューwww)の提供との事だったが急遽開店と同時に提供する旨告知があった。
訪れたのは提供初日の開店待ちしての一番のり(グループw)、この時点では連食可能でしたが後刻お一人様一杯限りに変更されたそうです。


先ずは味の薄いものから、鶏塩そば 500円


鶏ガラ透明出汁の塩味清湯スープは黄金色に輝いています。サラッとしたスープに表層の鶏油がとっても甘く芳ばしい香りを漂わせ食欲を刺激する。コラーゲンがたっぷり抽出された、まったりとしたスープの旨みがサッと口に広がる。旨みと塩加減がちょうどいい塩梅。 合わせる麺は低加水の中細ストレート麺。パツンとした食感は無いもののスープとの一体感のある麺です。具材はメンマ・チャーシューを省いた代わりに鶏ミンチがトッピングされ見た目を豪華にしています。下味はほとんどなく出汁に使ったものなのかも知れませんが、よくまとまったラーメンで美味しい。



店内連食の2杯目は、ピリ辛ブラックそば 500円


出汁はもちろん共通、濃口の醤油にピリ辛の鶏ミンチをトッピングしたものでどこか台湾ラーメンを意識したような味わい。この醤油、見た目の黒さに反してかなりライトな味わいで短い余韻は大野のオーガニック醤油にも似ている。特徴は鶏そばにも使われていた鶏ミンチをラー油で炒め甘辛く味付けした、なんとなく台湾ミンチのようなトッピング。この油のコクや辛さが味の決め手。最初は醤油スープだけを味わい、徐々にピリ辛鶏ミンチを崩しながら溶かし入れれば味のグラデーションが楽しめてこれまた美味しい。


麺は共通で、醤油スープの吸い込みも良かったです。


今回の500円でどや!!(笑)は画期的な取り組みだと思います。これだけの品質のラーメンを赤字覚悟で提供して頂いたことは消費者として素直に感謝です、ごちそうさまでした。

濃厚豚骨ラーメン屋さんが鶏白湯に挑み、今回は鶏清湯スープにまで幅を広げた恰好です。ただ500円での提供の意味はどこにあるのかはわかりませんが、今回の取り組みが商品力状況に繋がるのは間違いないと思われます。課題は店主を代行するスタッフの育成でしょうか?この業界も健康問題が結構深刻で、腰や肩を痛めて休業に至る事案も耳にします。業界の競合と人材の確保、なかなか難しい課題でしょうが健闘を祈る次第です。
コメント

226杯目 またも新製品 ラーメンla.la.la.@内灘 汁なし担々麺 6月25日

2015-06-28 08:43:09 | 石川県(金沢・野々市他)のラーメン
前回のエントリーは→こちら

先週あさりのラーメンが発売になったばかりのラーメンlalala(ららら)さん、こんどは汁なし担々麺に挑戦。店主が開業前に広島県を食べ歩いた際に発見した、広島ご当地ラーメン(広島B級グルメ)広島では汁なし担々麺の専門店がたくさんあって、ゆるキャラや雑誌まで製作されているそうだ。


今回は店主が感銘を受けた広島・汁なし担々麺をlalalal風にアレンジしての提供です。


低加水のパツンパツンの温かい麺にラー油ベースの特製タレを絡ませ、


白ネギ、青ネギ、炒め挽肉をトッピング。味と辛さの決め手は山椒の仲間の花椒 辛味は後からじわじわと押し寄せてくる。唐辛子の刺すような辛さとは対照的に 痺れるような辛さ。


辛いものが苦手な自分は控えめに注文したが、こちらの店主もじつは辛いものが苦手。辛いものが苦手な客と店主がなんで辛い担々麺なのー(笑)
辛さの設定は3段階、花椒の量で調整するそうだ。

広島県以外では、汁なし担々麺と言うよりラー油ベースの「油そば」と言った方が適切かもしれない。そのくらい油といろんな調味料が配合され、ゴマや甘辛の挽肉の出番は少ないようだ。店主が惚れ込んだ麺料理、どこまで北陸の消費者に支持されるか?無理のないように頑張って下さいね。麺がツルシコの多加水麺だったら好きかもです。(笑)

コメント

225杯目 NOODLE KITCHEN TERRA@野々市 塩まぜそば 6月25日

2015-06-27 05:24:33 | 石川県(金沢・野々市他)のラーメン
前回のエントリーは→こちら

昨日食べた神楽さんの「塩味まぜそば」が今季終了でもう一度食べたくなり、自分的に元祖塩まぜそばと思っているNOODLE KITCHEN TERRA(てら)へやってきました。
塩まぜそば+燻製玉子 味変卓上調味料


小麦香る全粒粉入りの細麺は流水で〆られ、適度なコシとムチッとした食感がとってもいい。たっぷりの燻製刻みチャーシューと少しオイリーな塩タレが絡んで極上の美味さです。今回の全粒粉入り小麦は北海道産から長野県産に切り替えたそうで、石引製粉。まさに小麦の香り立つ逸品です。


鶏と豚の燻製刻みチャーシュー。芳ばしくてジューシー、このままビールのおつまみに最高。そうそう鶏皮の燻製は脂がのって旨い過ぎ(笑)、レタスやわさび菜の葉物が清涼感があって、濃い目の塩タレの味の調整にピッタリ。柔らかくでクセが無く、歯に挟まらんところがいいね(笑)


こちらでは必ず注文する燻製玉子。白味はコリッとして黄味はゼリー状の仕上がり。〆に味わって頂くのが自分流。


店内の保温庫には製麺した麺が寝かせてあるそうだ。色々な粉と配合比率を変えながらスープやタレに最適な条件を見つけるのだとか。まるで研究者のような店主。その情熱は飽くことがない。
コメント

223,224杯目 ついに出た夏メニュー 自然派ラーメン神樂@金沢 6月24日

2015-06-26 08:11:05 | 石川県(金沢・野々市他)のラーメン
前回のエントリーは→こちら

昨年のまぜそばの記事は→こちら

昨年の冷やしラーメンの記事は→こちら

先日肩の痛みから再起したばかりの 自然派ラーメン神樂(かぐら)。 自家製麺からメーカー委託麺に切り替えて再出発となったが、麺の変更がスープのリニュアルに繋がり結果として「いわゆる神樂らしさ」から遠のいたという印象は否めない。冷やしや、まぜそばを考える余裕はないと店主は言っていたのだが、満を持しての夏メニューのレシピが出来上がったようだ。

ようやく提供開始の夏の限定メニュー「塩味まぜそば」と、「「冷やしラーメン」



まず1杯目は、6月16日から提供開始の「塩味まぜそば」


XO醤風味の冷やしまぜそばですが麺にはあらかじめ下味が付いており自分で混ぜて味を整える必要はない。なので「和えそば」と言った方が適切かもしれない。具材はシンプルでジャンクさはないがXO醤に含まれる乾物や紹興酒?オイスターソースなどの中華的風味が何とも食欲を刺激する。


メーカー委託麺は流水で〆られ、そこそこコシもあってもっちり感も無いわけではないが全体として緩い感じは免れない。一昨年、昨年のワイルドさは感じられず全く別物の「和えそば」だが、初めて口にしたと思えばXO醤の風味とフライドガーリックの香ばしさが上手に融合した中華の雰囲気を感じる他所では味わえないまぜそばで、間違いなく美味しい。


開店と同時に注文したが、なんとその数分後には完売のお知らせが、、、。予定通りなのだろうが、予告なしなのは辛い(;^ω^) 今回は運よく頂くことができましたが食べられなかった皆さんには申し訳ありません🙇



続いての夏メニュー、店内連食2杯目は 「冷やしラーメン」出汁の効いた酸っぱくない冷やしぶっかけラーメン。


「キンキンに冷えた」いえキンキンではありません(笑) 常温より少し低めの黄金色のスープは旨みたっぷり。動物系のコクと魚介のまったりとした旨みが口中に広がり、スープを飲み込んだ後は煮干しの風味が鼻から抜けて強烈に美味い。先ほどの塩まぜそば同様フライドガーリックが強烈に個性を主張している。 こんなに旨みが強く個性が前に出たスープは神楽では初めてかも知れない。


こちらも流水で〆られある程度のコシは感じるものの、やはりやわ麺の印象が残る。


自家製のプリプリ麺の記憶が強烈なだけにどうしても比べてしまうが、最適なレシピを提案して私たちを楽しませてもらいたいものです。






コメント

222杯目 新店達グループ4号店 金沢麺屋 達@金沢 ラーメン 6月23日

2015-06-25 08:24:28 | 石川県(金沢・野々市他)のラーメン
金沢の人気店 麺屋達(たつ)の4号店が6月9日、金沢市久安 元ラーメン轍(わだち)跡地にオープンした。金沢工業大学周辺のラーメン激戦区にまた一つライバルが加わり、消費者としては選択の幅が広がりありがたい限りだ。


旧店舗(轍)のイメージを払拭するかのように店舗全体を白木の格子で覆うという斬新で簡易な発想(笑) 店内のレイアウトは変えずに壁紙・クロスを張り替えてイメージチェンジ。相当節約したのかな(笑) メニューは基本のらーめんとチャーシュー麺で、スープは1種類のみ。落ち着いたらメニューを増やす戦略のようだ。


訪れたのは開店から2週間たった平日の12時。工大関係のお客で店内満席、外待ち10人以上と言う人気ぶり。やはり「達」ブランドは浸透しているようだ。
頂いたのはらーめん並680円


達らしいシャバっとした豚骨醤油ラーメン。シャバっとしながらもじっくり旨みが抽出されキレがあってコクのあるスープはさすが。必要以上の油が無いので安心(笑)
麺は真四角の断面のストレート太麺。もっちりした食感でスープとの相性もいい。このクタクタの茹でほうれん草の良さが初めて分かった。歯に挟まらないW。スープに馴染む。いい箸休めだ。


麺屋達グループの躍進は留まるところを知らない勢いだ。白山市の3号店、こちらの4号店、なにやら次の動きもあるやに聞いておりますが、一人一人のお客を大切にして足元を固めて頂きたいものです。



コメント

221杯目 夏の限定 味噌専門麺屋大河@金沢 冷やし味噌スキまぜそば 6月23日

2015-06-24 08:14:56 | 石川県(金沢・野々市他)のラーメン
前回のエントリーは→こちら

昨年のまぜそばの記事は→こちら

毎回開店待ちの時間が早くなる金沢の人気店、味噌ラーメン専門店 麺屋大河(たいが) 前回は早く到着し過ぎて駐車場の車で時間つぶししてたら、いつの間にか行列が出来ていて一番乗りだったのに10番目という屈辱を味わった。(笑) 今回はそのリベンジ、絶対気を抜かないぞと30分前に到着。駐車場に車をいれて一息ついたのが間違い。まさかと思って表に出るといつの間にか先客が順番付いてる。えーっつ!!平日なのにそんなに早く並ばなくてもいいじゃん!!と心の中で叫びながら2番手に甘んじて列に付く(泣) 聞けば小松市からJRでやってきたのだそうだ。早く着いたのでとりあえず店の前に来たとの事。迷惑なんですけどー(笑) 結局11時に並んで3人目以降が来たのが11:15ころ。それまで二人っきりで無駄に行列しました(笑)


さて今回の目玉は昨年に引き続き提供開始となった、夏季限定冷やしまぜそば。


今年は”溶き玉子に麺や具材をつけて”食べるスキ風。


自分は生玉子の卵白のドローッとしたのが苦手なので写真撮影だけ済ませ


混ぜそば本体に卵黄だけ分離して乗っけました。


昨年はペースト状の豆腐の上に卵黄がのっていたり、野菜が賽の目に刻んであったり、食べすすむうちにレモンスライスが出てくるサプライズがあったのですが、今年はだいぶ変わっています。
豆腐は四角くカットされ崩さずにトッピング。キュウリやニンジンはスティック状で浅漬けされているのでパリパリとした食感や塩味が付いておかず感覚です。豚バラも一旦湯通しされ余分な脂が落ちてしゃぶしゃぶ肉のようです。


むっちり茹で上がったあつあつの平打ちの太麺は甘辛の白味噌ベースのタレに絡んでそのまま食べても充分に美味い。これをたっぷりの具材と混ぜ込んで食べると、トマトの酸味や甘辛の味噌の味わいが口の中で交錯して五味を刺激して堪らなく旨い。魚介系でもない、濃厚動物系でもない、シャキッとした野菜と芳醇味噌のマリアージュ。食べ方を選びません♪
コメント

220杯目 新店初訪 大吟豚@金沢 ラーメン 6月22日

2015-06-23 08:03:39 | 石川県(金沢・野々市他)のラーメン
金沢市神宮寺にある 横浜家系ラーメン吟とん(ぎんとん)の2号店として5月上旬にオープンした 横浜家系 大吟豚(だいぎんとん)。場所は金沢市八日市町、もとの元八です。(元八は結局未訪のままでした)

本店同様ド派手な看板


某SNSで話題?になった、「雨の日は滑りやすい店内の床」はフロアーマットが敷き詰められ、それが事実だったことを裏付けている(笑)


先ずはメインメニューのラーメンを油、濃さ、麺の硬さ、オール普通で注文 ウズラの玉子が好きなのでトッピングしました(笑)
家系風の豚骨醤油ラーメン、結構豚骨臭ありますね。大判海苔3枚とかほうれん草とか表層の油とか細かい注文にカスタマライズしてくれるとか、卓上の味変アイテムが揃っているとか、太目の短い麺だったりとそれらしく作ってあるんですがスープのキレ、こみあげてくる感動?(笑)がやや足りないかな。


平打ちの太くて短い麺は縮れが入ってスープとの絡みが良く、啜るとそこらじゅうにスープが飛散。モグモグ食べてる実感のする麺でした。


金沢では豚骨醤油ラーメンが好まれると聞いたことがある。真打、夕介、元喜家、六七屋、衣歩、一心屋、麺屋じゅん、つち田、豚蔵、樹、剛力。そして麺屋達グループが4店舗目を出店したことでもそれが裏付けられていると感じます。
まだまだ需要があるという事なんでしょうか? その反面新店の影で消えていくお店もあるわけで、競争があるのは消費者にとってはありがたいことですが、地元に愛され定着するお店を目指して頂きたいものです。
コメント

219杯目 待ち焦がれたこの一杯 中華そば響@野々市 ニボまぜそば 6月22日

2015-06-22 14:14:37 | 石川県(金沢・野々市他)のラーメン
前回のエントリーは→こちら

昨年のニボまぜそばの記事は→こちら

今日から始まった『ニボまぜそば(温玉付)』22,23,25,26,29,30日の6日間限定です。


特煮干しそば同様にガツンと煮干しが効いた唯一無二の混ぜそばは煮干し番長の真骨頂。


ねろっとしたタレに麺が絡んで口じゅう旨味が広がります。


機会があれば何度でも食べたいですね🎶
コメント

218杯目 豚鶏歓@射水市 トマトチーズ担々麺 6月14日

2015-06-21 05:34:10 | 富山県西部(高岡市周辺)のラーメン
前回のエントリーは→こちら

まるたかや出身のご主人が「麺屋かぐや」跡地に豚鶏歓(とんちんかん)というお店を出店してもう1年が過ぎました。


レギュラーメニュー、限定メニューなども着実に増やして、今では地域のお店として親しまれているようです。


今日は久しぶりにYOUちゃんとデート。お好みはあっさり中華そば、なのでこちらへお連れしました。彼にとっては「麺屋かぐや」時代以来6年ぶり位の再訪です(爆)


自分が頂いたのは チーズトマト担々麺


こちらの店主イチオシの担々麺(一度頂きましたが、熱意は伝わりましたw) 限定メニューに「チーズ担々麺」があって、それよりレアな「トマトチーズ担々麺」がレギュラーメニューというのもよく分からないのですが(笑) 練りごまとすりゴマの中間的スープ。ゴマの芳ばしさと芳醇なチーズの香り、トマトの酸味、挽肉の甘辛が混然一体となり五味を刺激する。イノシン酸とグルタミン酸の相乗効果で旨みが2倍3倍と口の中に広がります。

ただ惜しいのは1種類の麺を使いまわしているため、濃厚な担々麺には少々頼りない。


YOUちゃんにも概ね満足して頂いたようなので、良しです(笑)
コメント