あみの3 ラーメン食べある記@地域限定

2014年3月plalaから移管しました。
金沢・富山を中心とした北陸3県とその周辺のラーメン食べ歩き日誌です。

キラリで夜専ジャンクメニュー

2013-03-28 22:23:12 | 富山県西部(高岡市周辺)のラーメン
先ほどの「さむらい」で修行されたという店主さん。
ラーメン キラリ は凄く元気がいい。
昼時はランチで満席。
夜は限定のジャンクメニューでこれまた満席。
普段はこういったメニューはあまり頂かないのだが
一回も喰ってないというのも何だから、
というノリで
恐る恐る、頂いてます(笑)
昨年は、「やんちゃ流」と称するいわゆる J系ラーメンを喰らいました。
ほんとにカラダに悪そうな喰いもんです。

きょうはその第2弾


特製まぜそば+ニンニク ¥900
を喰らいました。
こちらもカネシを使った自慢のジャンク。
しかし店内は圧倒的に「やんちゃ流」ですね。


まぜそばの比較では富山一鶴より濃い目、ドックハウスより控えめ。
(そのドックハウスのまぜそば=ドックそばが3月31日で終了するとのこと、残念ながら食べ収めに行くこと叶わず。追悼の意味で食す。)
干しえびの香ばしさと
カツオブシの旨み
チーズとえびマヨと卵黄の濃厚さ 
そしてカネシ
さらに化調
しびれるような
メンバーです。
オニオンチップ、フライドガーリック、生ニンニク
汗からエキスが溢れ出そうです。


太目の平打ち麺にねっとり絡んで
カルボナーラinカネシ
絶対ビールが欲しくなります。


ちなみに麺は2玉。


オヤジ完食(汗)

血糖値、中性脂肪、血圧、小腸・大腸に不安のある
中高年の皆さんはまねしないでね。
コメント (2)

さむらい和歌山風とんこつラーメン

2013-03-26 22:49:41 | 富山県西部(高岡市周辺)のラーメン
和歌山風ってことは
和歌山のようなってことで
和歌山であるとは言い切れない
和歌山インスパイア系??

高岡市海老坂、二上万葉ライン登り口近く。
接骨院やスナックなんかのお店が連なった長屋風のつくり。
駐車場は基本、お店の正面のスペースのみ。
スナックの前には「西ドイツ製高級車」が止めてあるので
間違ってもそのあたりには駐車なさらないように、、、。

こちらは屋台のラーメン屋さんとの「二足のワラジ」
最近元気なお店で2012年北陸ラーメン博にも出展した「キラリ」の店主は
こちらの屋台で修行されたそうだ。

久しぶりにフラッグシップ・メニューの


さむらいらーめん(1日限定30食) ¥1000
を頂く。


見た目にりっぱなチャーシュー、スープに浸せば脂身は溶け出し
トロトロです。炙ってないので若干スープはぬるくなる。
味玉、海苔、オニオンチップが入るのでいわゆる「特製」的なメニューです。


和歌山ラーメンといえば井出商店、そしてその直系といえる金沢の神仙
なんかの濃厚豚骨醤油ラーメンをイメージするのですが
こちらは、さらっとした飲み口の豚骨白濁スープ。
適度な脂と縮れ麺が、富山風にアレンジしてあり
食べやすい。

最近ではブラックや、魚介などメニューも豊富になり
お得なランチメニューもある。

表面のスープは少し甘みを感じ、最後のほうでは
醤油のクドサが残ったように感じたのは
スープと元タレがうまく馴染んでいなかったのかも知れません。




コメント

高岡で本格家系、元喜家

2013-03-25 22:23:12 | 富山県西部(高岡市周辺)のラーメン
富山県西部で本格的、横浜家系ラーメンといえば
ジャスコ高岡店向かいの
元喜家高岡店(げんきや たかおかてん)
麺メニューはラーメンのみ。あとトッピング。
夏場に「つけ麺」が登場するが券売機は「×」のまま。


きょうは並盛りで海苔をトッピング。
しかし
海苔の盛り付けがちょっと味気ないので


手直ししました。


麺硬め、脂普通、濃さ普通。
富山県における家系ラーメンの頂点「魚津のはじめ家」には、
そんなにしょうちゅう行けないけれど
それに近い雰囲気を味わえる、手頃なお店。
ガツンとくる豚骨醤油、
背脂のコク
もっちりしたストレート麺
けっこう満足します。


コメント

岩本屋富山二口店@コンサート帰りに岩本屋で新メニュー

2013-03-24 11:30:12 | 富山県東部(富山市周辺)のラーメン
富山のラーメンといっても
岩本屋さんは
福井県が本拠。
石川県には多数出店、
富山にもここ最近2店目が出店した。
テレビCMで話題の極濃煮干そば
NETの口コミでも話題となっているので
コンサート帰りに


岩本屋富山二口店(いわもとや とやまふたくちてん)に寄ってきました。



いろいろ情報が錯そうしていて(商品名、ビジュアル)
どれがほんとうなのか
若干の迷いがあったので
デフォで注文。


極濃煮干そば ¥780
ぷーんと煮干の匂い。
岩本屋では初めて目にする細麺。
具材がシンプル。
スープが凄く少なめ。
表層にしっかり脂がある。
麺の大盛り、硬さの指定は出来ない。
チャーシューが薄い。
などが
初見の印象。
スープをひとくち。
魚粉の粉っぽさはなくさらっとした飲み口、
煮干しの香りがすごくいい。
そして、脂が力強さを与えてくれる。
ぐいぐい飲める、そして旨さが口に広がる。


細麺はぷつんぷつんとした食感の
喉越しのいい麺です。


スープを飲み終わる頃には
丼の底に煮干しの銀鱗などが残り
たくさんの煮干しを使っていることが伺える。
おいしかったです。
ごちそうさまでした。

コメント (2)

TSUKEMEN

2013-03-24 10:50:05 | 映画・コンサート・博物館
TSUKEMEN(つけめん)
といっても
つけ麺ではない?
と、
これがいいたくて
行ってきました。






富山県民会館大ホール
2013年3月23日17:30開演
主催:北日本放送
入場料:全席指定一般¥4,500

バイオリン2本とピアノの(イケメン男子3人)
インスツルメントユニット。
公式HP
http://www.tsukemen3.jp/profile.html

要は、生楽器の生演奏の魅力を
オリジナル作品や映画音楽、ジャズのスタンダードなども
交え、迫力イッパイ、そして
楽しく伝えてくれる。
2010年目メジャーデビュー。
年間幾多のツアーをこなす。
今回は3月22日の石川公演を皮切りに2013年ツアー開始。
3月26日にはテレビ朝日系列「徹子の部屋」にも出演、放映決定。

メンバーの一人は
富山の桐朋学園大学院大学

で2年間を過ごし、
いわばホーム。(地元民としては、そう言われればちょっと嬉しい)
あと
桐朋音楽大学出身のピアニスト、
東京音大出身のバイオリン
の3名。

テクニックはもちろん、トークも楽しく
会場の中高年や、それより若干年少のご婦人方には
カンリュウスターのようなビジュアルにもかなりご満悦の様子。

もちろん自分も充分楽しみました。

コメント

氷見ラーメン亭閉店のお知らせ

2013-03-24 09:59:24 | 富山県西部(高岡市周辺)のラーメン
ラーメン亭


氷見漁港の近くに古くからあるラーメン屋さん。
漁師や漁港関係者が多く集まる、地元に密着したお店。
アルコールや肴も勿論ある。
お昼には近くのお店の従業員や家族連れで賑わう。
創業30余年、営業時間は7:00から15:00、定休日は日曜日と、
ほとんど漁港と共に商いを営んでいるということ。
そのラーメン亭さんが


2013年3月31日(日)をもって、営業を終了、閉店するとのこと。
なんでも、店主(おばちゃん)の高齢、健康上の問題、だそうだ。
後継者も居なかったのでしょう。
残念です。

3月24日(日)は休み。
3月25日(月)から3月31日(日)まで営業。
朝ラーでもOK

自分としては今日3月23日(土)が
訪問できる最終日なので
思い出に連食してきました。(いつものように、笑)


1.味噌ラーメン¥650
麹味噌でしょうか、すごく懐かしい匂いと味。
たぶん皆、慣れ親しんだ味。
裏ごししてないので、白いみそっかすがスープに漂い
味噌汁を思わせますが、ピリ辛で甘みもあり
しっかり出汁も利いています。
うまいです。


炒め野菜(ピーマンも入って彩りはきれいです 笑)
の油が味にコクを与えているようにも思います。
ハフハフしながら一気に完食です。


2.チャーシューメン(しょう油)¥600
デフォのしょう油ラーメンが¥500


しっかり噛み応えのあるチャーシューが5枚入ったチャーシューメンで¥600
お値打ちです。
どこがこだわりかといえば
そんな難しいものはなく
外仕事で冷えた身体を暖めてくれる
そんな、やさしいラーメンです。
ほんのり甘みがするしょう油は近所の
堀埜醤油店謹製かもしれません。


こちらも出汁がしっかり利いて
自分は好きです。
飲み干せるスープです。


3杯目に今まで未食の塩ラーメン¥650
を頂こうかと思ったのですが
歯応えのあるチャーシューをたくさん食べたせいで
満腹中枢が刺激されたらしく
野菜の入ったラーメンを完食する自信がなくなり
残念ながらもう永久に食べる機会を無くしたようです。


そんなにたくさん通ってはいなかったけど
30年間ご苦労様でした。
ありがとう
ラーメン亭。
ありがとう
おばちゃん。






コメント

いまも健闘 龍峰

2013-03-19 14:54:33 | 富山県東部(富山市周辺)のラーメン
麺専門店アラキ
そういえば、2009年訪問時は
手延べ製麺のアラキ(意気込みが感じられた)
だった。
そこから海岸方面へ
大広田SC向かいという
当時としては好立地。
今では、残念ながら大広田SCは売りつくしセールの真っ最中。
今後はどうなるのやら。
そんななか


らーめん、やきとり 龍峰中田店(りゅうほう なかたてん)
は生き残っていた。
ちなみに
龍峰中河原店とは全く別とのこと。
中田店と表記することで差別化を図っているとのことだが
余計系列店の印象を受けるのはワタシだけ?

2009年訪問時はうすくち正油チャーシューメンを頂いた。
すごく美味しかった記憶がある。
今回は


濃いくち正油チャーシューメン ¥790 を頂く。


ちなみに ラーメン¥540 凄くリーズナブルです。


真っ黒のスープ。
見た目は富山ブラック。
しかし、味はまったくマイルド。
微かに酸味と甘みを感じる濃いくちしょう油。
塩分濃度は低く、飲み干せる。
表層の香味油も多くなく
クドサはない。


中細のやや縮れ麺はスープを吸って褐色に染まっているが
ちゃんとコシがある。
チャーシューはスープに沈めて脂を溶かし出すと
コクが出ておいしい。
箸でつまむとホロホロに崩れるが、食感は残っている。
細切りメンマは見た目柔らかそうだがサクサクとした食感が気持ちいい。
一気に完食です。


 

店内は整然としているのだが
夜メニューの焼き物のせいか
油っぽくべたついた感触があり、炭火焼きの薫香が染み付いているので
その点、お含み置きを。


コメント

アラキのホル中

2013-03-19 14:09:43 | 富山県東部(富山市周辺)のラーメン
2009年以来の訪問。
富山市住友町 (岩瀬運動公園向かい)


麺専門店アラキ
ドエライ混雑するやろうから
11:00の開店を待って入店。
すぐに10人位入ってくる盛況ぶりはいつも通り。
ほんとうは小盛りで充分なのだが
前回と同じメニューで、内容・ホルモンの量を比較したくて
敢えて並サイズに。


小盛りが¥550から¥600に値上げ
並盛りが¥650据え置き(さて、ホルモンの量やいかが?)


ホルモン中華(並)、通称”ホル中” ¥650

 
比較参考2009年4月の画像
表面的に見る限り、ホルモンの量は変わらないかな。
けど
2009年訪問時は、底のほうから次々とホルモンが出てきて
凄いたくさんあったなーという印象が強い。

問題は品質


ホルモンの味付けは、ビックリする位無味。
肉質は柔らかいけどパサパサ。
大鍋でトロトロに煮込んだあの味はどうしたというのだろうか?
ホルモンの部位もなんだか違っていますね。
スープ
出汁の旨みが感じない。
甘み、酸味、塩分が伝わってこない。


自分の正面に着席した男性、
手馴れた手つきで、胡椒と追加調整用のタレを取り出し
これでもかとぶっ掛ける。
ちなみにこのタレはうどん・そば・中華兼用のタレです。
こうまで味を濃くしなきゃ喰えないラーメンって??
気持ちは解ります。


300gの自家製玉子麺
当時はプリプリした食感だったが
今日のはコシがなく
クタッとして
確かに¥650でお腹はいっぱいになります。
しかし量だけが売りとしか思えない。
残念です。

コメント

なんとなく”くり坊”

2013-03-17 15:36:04 | 富山県西部(高岡市周辺)のラーメン
高岡市駅南
新幹線のホームが建設中の目の前。
少し前までは、まるたかやがお隣にあった。
はす向かいは、椿家。
商業集積地となりつつある地域。
日に日に変わりつつある一帯。

土曜日の18時
どうしてもここでなきゃいけないこともなかったんですが
なんとなく
仕事帰りにイッパイ(もちろんお酒ではありません)
高岡市京田 らーめん くり坊(くりぼう)


醤油豚骨らーめん ¥680
こちらは
基本醤油豚骨らーめんと
つけ麺の2本立て
あとはトッピング。


ごわっとした感じの縮れ麺と
背脂が入ったやや甘みを感じる醤油味。
自分としては
高岡市駅南の真風とともに
好きなお店です。
麺固めまではいつも通りだったんですが
何を思ったか
味濃い目で注文してしまい
汁完飲できませんでした。


平日限定「DBらーめん」
なんですか?
いわゆる二郎系の
ガッツリしたメニューらしいが
POPでは少々インパクト不足かな。
今度挑戦してみたいです。


コメント

2013年度”まるかん”営業開始

2013-03-17 15:08:24 | 富山県西部(高岡市周辺)のラーメン
3月15日
高岡市二上万葉ライン つけ麺屋 まるかん
店主さんのブログをチェックしていると
いよいよ「本日より営業再開いたします」との書き込みが。
さっそく行って参りました。
二上万葉ラインはすっかり雪も溶け
夜道もなんのその
高岡の夜景を楽しみながら登りきり、到着。
昨年11月以来ですが
一冬明けての営業ということで
なんだか凄く懐かしく
春はまるかんの営業からっていう感じでしょうか。







特製、並盛り¥1080
季節やその日の気温で塩分や、味付けを調整するというが
今日の麺は塩分がずいぶんと控えめで
つけ汁の甘みも抑えたように感じた。
今年は味の変化を何回味わえるか
楽しみに通いたいと思ってます。

コメント