あみの3 ラーメン食べある記@地域限定

2014年3月plalaから移管しました。
金沢・富山を中心とした北陸3県とその周辺のラーメン食べ歩き日誌です。

麺や福座@続またまた福座→TERRA11/30

2012-11-30 16:12:38 | 石川県(金沢・野々市他)のラーメン
すみません、またまた、また、福座からTERRA です。

麺や福座

福三(ふくさん)ラーメン¥650 チャーシューまし¥200
動物系の濃厚スープ。
フレッシュな背油が入ってとろっとしています。
チャーシュー増しにしたので、
丼の周りに花びらのように盛り付けられ見た目に豪華です。
1枚はそのまま食べ、残りはスープに浸してとろけさせます。
一気に突っ込んだせいか、スープの温度が下がったようです。
脂身はとろけましたが、肉の食感は充分に味わえます。


コシのあるストレートの細麺は、この濃厚なスープと一体となって口の中に啜りこまれます。
しばし噛み切る食感を楽しみます。
先日の限定味噌と打って変わって、少々塩分強めに感じましたがうまいです。


次が控えているので汁はちょっぴり残して
ごちそうさまでした。



コメント

白神ごちそうさまでした

2012-11-25 15:10:07 | 愛知・岐阜・三重のラーメン
帰省していた子供を名古屋に送り届ける途中に
少し寄り道をして
岐阜県関市 麺屋白神(はくしん)
昼食をとる事にしました。


連れ合いは 軟骨そば


子供は えびそば

自分は

ミニそば




つけ麺 つけ醤油 を頂いてきました。
濃厚、旨味凝縮。
大きな塊のほほ肉もシチューのようでほろっと崩れ、
とっても柔らかくて美味しかったです。
途中でつけ汁に焼け石を投入してもらい
最後までアツアツで頂きました。

コメント (2)

白神に来ました

2012-11-25 12:53:49 | 愛知・岐阜・三重のラーメン
DVC00004_M.JPG
今年の北陸ラーメン博に出店、
2日目に頂いた白海老つけ麺がとてもおいしかったです。

純米無濾過生原酒さんも訪れたということでしたね。
そのアイデアいただきます。(笑い)
3連休で帰省していた家族を名古屋まで送り届けることになり
それを幸いに関市で途中下車して
自分の我がままを通させてもらうことにしました。
コメント

麺蔵冬の限定味噌

2012-11-25 05:14:28 | 富山県西部(高岡市周辺)のラーメン
麺蔵(めんぞう) 高岡本店。


ここは濃い口醤油(富山ブラック亜流)の麺蔵ラーメンがおいしい。



今回は定番を外して、冬の限定(1日30食限定) 麺蔵こくうま味噌 ¥700 を頂いた。


大盛り¥150+味玉トッピング(TJ誌クーポン)
白味噌仕立ての旨みがじゅわぁっと沁みる一杯です。
縮れの入った中麺はスープとしっかり絡んでおいしいです。


具材はモヤシ、ネギ、とろとろのチャーシュー、半玉。
しかしながら、限定と謳うだけの差別化が見えてこないのが少々残念でした。

次回は、とんこつに挑戦したいと思ってます。
ごちそうさまでした。
コメント

リベンジ光のパイタン

2012-11-18 16:27:24 | 富山県西部(高岡市周辺)のラーメン
先週、砺波の らーめん光(みつ)でパイタンを食べ損なったので
今日はリベンジです。
助っ人に連れ合いを引き連れ高速を利用して乗り込みました。
11:35頃の入店、先客7名、同時に2名入りそこそこです。


連れ合い パイタン醤油 ¥750

自分は パイタン塩 ¥750
昨日は淡麗コウ旨系、清湯スープの塩味を充分に堪能したので
今日の鶏白湯塩味はややマイルドに感じます。
濃厚さはなく、良く言えばさらっとしている。
濃度MAXをドックハウスとすれば婦中の多が味
米粉のとろみを抜いたような、しいて言えば”富山らぁうめん”の白湯のような感じです。
もう少し塩分を加えるといいかなと自分は感じました。


麺は縮れ細麺。
麺も限定で仕入れているということか。
具材は三つ葉、ネギ、ニンジンの千切り、半玉、下味のしっかりしたチャーシュー。
彩りが綺麗です。
葉物をチャーシューといっしょに食すればなお旨し。

1日10食の鶏白湯出汁。
醤油と塩の味の変化は楽しいけれど、定番にするほどの確証が掴めていないといった様子。
ほんとTERRAさんや福座さん、切磋琢磨というか狭い小さいながら、いろいろ試して挑戦しておられます。
是非ともロスを少なく、しかも味の真の変化・多様性(ホンノモ)で私たちを楽しませて欲しいものです。


と、言いつつ汁完飲
ごちそう様でした。
コメント

TERRA@野々市 11/17福座→TERRA

2012-11-17 16:17:59 | 石川ビブグルマン神樂・のぼる・TERRA
福座さんからNOODLEKITCHEN TERRAへ移動。
12:10ころの到着。
狭い駐車場がいっぱいです。
ちょうど1台出ました。
目的の竜宮そば??


出ました、TERRA特選 ”きまぐれメニュー”本日は「鶏しょうゆSOBA
丸鶏と利子昆布の出汁に かめびし醤油の清湯スープ。
どうしよう、定番の竜宮そばはいつでも食べれるけど、鶏しょうゆSOBAは今度いつ出会えるかわからん。
最近は、こんなに悩むことは仕事でもありません。
結局、初心を貫くことに致しました。
で、なければ福座の塩が浮かばれません。
食べ比べが今日のテーマなのですから。
罪な てら 




竜宮そば ¥700
100%魚介。動物系を一切使わない繊細な出汁。
「鯛煮干、羅臼昆布他11種類の魚介だしに天然塩、香味油にはキャノーラ油を使用、、、」
繊細な出汁を堪能するため余分な具材は一切乗っかってません。さびしいくらいに。素らぁ麺です。
鯛煮干など未だかつて味わったこともないので、そうだと言われても解らないのですが
とにかくあっさり、魚の臭みなど一切無く上品なすまし汁のような味わいです。
塩がくどくなくまったりと、いい加減です。
無化調でこんなにコクと旨みが出せるなんて、和食の粋です。
とっても身体にいいと飲んでみて解ります。


麺は中太の縮れの入った平打ち麺。
もっちりとした食感で、お吸い物の具材のようにも思えます。

シンプルぅ・イズ・ザぁ・ベストですってぇ~と福井訛りで。


汁完飲
ほんとうに、ほんとうに ごちそうさまです。

 
2連食にも関わらず、すっきりしたお腹の調子。
もう1杯位は行けるが、もったいない。
この味わいの余韻を楽しもう。

福座TERRAを食べ較べるというすばらしい機会を与えて下さったことに感謝いたします。


コメント

麺や福座@金沢 またまた福座→TERRA11/17

2012-11-17 15:02:54 | 石川県(金沢・野々市他)のラーメン
思い込んだらどうしようもありません。
毎週このリトライが続きそうです。
今週の企画テーマは

巨匠VS若き味の探求者淡麗コク旨塩ラーメン&らぁ麺

麺や福座(ふくぞ) 冬季限定塩ラーメン

2NOODLEKITCHEN TERRA(ヌードルキッチンテラ) 竜宮そば

です。
ちょっと遅れて家を出たので、高速を利用しました。550+150=¥700の経費。
(関係ないけど高速¥700、福座¥700、TERRA¥700、「7・7・7」らっきー!!)
福座到着11:35ながらも第1ロット、6人目として着席できました。冷たい雨の中客足は出遅れ気味?
第2順目になって塩が自分だけとあり後客の後回しとなり11番目位の提供となりました。



季節限定 塩ラーメン 鶏チャーシュー増し
「鶏がらベースのスープに魚出汁をほんのり効かせたコクのあるスッキリしたスープに仕上げた、、、」
と、ある通り綺麗な清湯スープでいい魚介の香りが立ちのぼってます。
前回の味噌が少々塩加減がマイルドかなって思っていたら、今度の塩はしっかり「塩してます」


全粒粉入りの細麺は香りも良く、噛み締めるとおいしいです。
それとどっかで読んだ記憶があるんですが「前歯でプツンと噛み切るときの食感がいい。」という表現がすばらしい。
福座の全粒粉入り細麺の為にあるようなコメントです。
自分のように飲むような食べ方をする人間には、もったいないような麺ですね。


鶏ささ身のオイル漬け+ブラックペッパーまぶし、脂身のないすごく淡白な肉は柔らかくて香ばしい。
仕事の丁寧さが伺えます。
スープに混じってしまわないうちにストレートな味わいを2枚。
スープに充分浸して汁と共に2枚。
白髪ネギ、柚子の皮と共に2枚。
充分に堪能いたしました。
ちょっと塩っけが後を引きましたが、


汁完飲。
ほんとうにごちそうさまでした。


この狭いお店のさらに狭い厨房。
客を飽きさせない豊富とは言わないが、充分なメニュー。
それに対応した出汁、麺の種類が見事に揃い
コンパクトにセッテングされている。
さらに、きちっと準備された具材。
仕込みという言葉があるが、
こちらはほんとうに周到に仕込みされていると思います。
そこが調理師たる所以だと感じます。

TERRAへつづく。
コメント

コウ開店1ヶ月

2012-11-16 10:01:51 | 富山県西部(高岡市周辺)のラーメン
10月16日に新装開店した、麺飯店 コウ
ちょうど開店1ヶ月です。
前回と同じく19:45の入店。
金曜日の夜とあってか結構入ってます。
駐車場は7割くらい、客席もだいたいその位です。
スタッフは男性4名、女性4名結構多いですね、応援組が引き揚げてもっと少ないかと思ってました。
入り口に近いカウンター席に座り、注文の品が出てくるまで15分位かかった。
もう少しスタッフの動きを整理整頓する必要があるのかな?


今日は二郎ブラック¥750 麺大盛り(1.5玉無料)
を頂きました。


定番・富山ブラック¥700の野菜ましバージョン。
半玉が削除されているのでプラス¥50のメリットはあまり感じないぞ。(笑い)
昨日のキラリさんのやんちゃ流らーめん(無料トッピング全部のせ¥700)を頂いた後だけに
プロフィールも貧弱であえて「二郎」を冠するのはいかがなものかと、、、。
「富山ブラック」と「二郎」と、2個もインスパイアしちゃって、、、。
ようするにシャレでしょうね。
こんなのもあるんでよー。みたいな。
たっぷりの野菜ラーメン(濃い口醤油)¥750では
インパクトがないですもんね。


その富山ブラック¥700よりは、野菜が多い分スープを濃くしてあって
たっぷり浸して、しっかり食べることができました。
やっぱしっかり味がついたチャーシューがうまかった。


汁お残し。
ごちそうさまでした。


コメント

キラリでG系デビュー

2012-11-15 06:08:46 | 富山県西部(高岡市周辺)のラーメン
第6回北陸ラーメン博にも出店していた
射水市坂東のらーめん キラリ夜の訪問は初めてです。


夜限定メニューがどうしても食べたくてやってきました。
入店は11月15日の20:00ころです。
店内すでに満席状態。
ちょうどお帰りになるグループが2組あってカウンターに2席、小上がりに1テーブル空きができました。
自分はカウンターに、小上がりもすぐに後客で埋まり再び満席、中待ち状態がずっと続いていました。
お客様の顔ぶれがほとんどヤングで占められています。
若い店主ご夫妻とバイトの女子2名、めっちゃ忙しく動いておられます。
すごい熱気と活気を感じます。


週末に近いといってもまだ木曜日、なのにこの人出は何なんでしょう。
夜限定 やんちゃ流(る)らーめん」です。
しかもほとんどの人が「無料トッピング全部まし」。
そうでない人は、オーダーを通す際あえて「ノーマルです」といって区別されているようです。

以前ワタシがヤングだったころ、暴走族全盛でシャコタン、オーバーフェンダー、全塗装、爆音マフラー、5連フォーン、
以上の改造アイテムを施して初めて一丁前の暴走車両の出来上がり。
その改造アイテムが1つや2つでは「ノーマルやね」と揶揄されたものだ。

G系ラーメン=暴走車両
トッピングメニュー=暴走改造アイテム
麺大盛り、野菜まし、肉まし、脂まし、ニンニクまし、からめまし=シャコタン、オーバーフェンダー、全塗装、爆音マフラー、5連フォーン
全部まし(食べきれるだろうか苦痛の完食)=全装着(脱法行為)=カッコイイ=優越感=連帯感
あのころのヤングは、ノーマルと揶揄されたくないので改造をエスカレートさせていったのだ。

で、昔ヤングだったワタシは初めてのG系ラーメンで少し緊張しながら
全部食べきれるだろうか?若干の不安を胸にしながら「無料トッピング全部のせ」(お値段そのままが嬉しい)
=標準装備のエアロパーツ装着車(ノーマルではないが暴走入門車両くらいでしょうか)
を注文いたしました。


やんちゃ流(る)らーめん無料トッピング ¥700 +味玉(クーポン)
なるほど、丼の下に敷いた受け皿にはあふれ返った汁やモヤシなどがすでに溜まってます。
この山を取り崩す際にどれだけの量がこぼれるのだろうか。
山の頂に乗っかったニンニクやからしが、うまくまぶせない。


それとからめ(醤油たれ)の濃淡を感じさせられながら掘り進めると、ようやく平打太麺に到達。
クドめのスープがこのコシのある麺にしっかり沁みてうまーいです。
野菜をスープに浸して味を付けまたほうばります。
サクサクと食べ進めることができました。

汁のあるラーメンは3杯でも連食できるのに、いわゆるG系ラーメン(二郎、二郎インスパイヤ、インスパイヤ系)
に恐れをいだくのか。
それは数年前、金沢のG系「神やぐら」(神仙グループ2号店)がまだ開店まもない頃に訪れ
大盛り野菜ましを頂いたのですが、食べ切れませんでした。
食べ残すなど、今までに無い屈辱を味わいました。
それ以来、野菜を噛み締めるのは満腹中枢を刺激して、食欲を抑制するのだとの理解です。

それがなぜG系を食してみようと思ったのかといえば
キラリさんが「カネシ醤油」を使っているとTJ誌で知ったからです。
いろんなお店でいろんなG系ラーメンが提供されていますが
外観(極太麺・大盛り・厚切りの肉、ギトギトの脂、野菜を山のように盛り付ける)だけのいいとこどり(インスパイヤ)しているが
絶対欠かせない条件、常習性の秘密ともいえる「カネシ醤油」という
化学調味料を使っているかどうか?
カネシ醤油といっても二郎直系専用の「紫ラベル」、二郎出身・亜流店が使用する「緑ラベル」など
何れも黄色いポリタンクに入っているのが特徴だそうです。
キラリさんのは写真で見る限り「緑ラベル」だが1斗缶のようです。
それらの違いは知る由もないのですが
ミーハー感覚で、どんなものだろうという好奇心です。

やっぱり悪魔の食べ物です。(笑い)
絶対からだに悪そう。
でもすごく常習性があって、また食べたくなるのも事実。
今度はチャーシューまし+¥250を食したいです。


さすがに汁お残し。
ごちそうさまでした。














コメント

誠や限定メニュー

2012-11-13 22:25:51 | 富山県西部(高岡市周辺)のラーメン

高岡 誠や で季節限定メニューが提供されていると聞き訪ねてました。
19:45の入店、前客3組6名。
久しぶりのカウンター席へ。
厨房の様子が良く見えて特等席です。


ジンジャー麺 ¥750
鶏ベースの清湯出汁に塩ダレ、おろし生姜それと、とろみを付ける材料を加えひと煮立ち。
それを茹で上げた麺にかけます。


仕上げにネギ、三つ葉、メンマ、鶏肉、中国山椒。
鶏の香りと生姜の香りがすごくいい。
このとろみがなんとも言えないですね。
片栗粉を使ったあんかけではなく、ポタージュのようなまったりした感じです。
米粉(上新粉)を使ったもののようです。
ストレートの細麺がとろりと絡んで、ずるずる入ってきます。
塩分がやや濃い目に感じますが、すごくうまいです。
この鶏肉はすごくコリコリした食感で、噛み締めるほどに旨みが出てきます。
聞けば能登鶏のモモ肉だそうです。
中国山椒のエスニックな辛味がいいアクセントになっていると思います。
汁完飲。
ごちそうさまでした。






コメント