あみの3ブログ

ラーメン食べ歩きとお城歩き、その他感動したことを写真で綴る雑記帳
更新は不定期です

117杯目 これが最後か 古海魯肴@石川県能都町 醤 3月24日

2015-04-03 07:55:29 | 石川県(能登地方)のラーメン
前回のエントリーは→こちら

本年4月15日をもって36年の営業に幕を降ろすと宣言した石川県能登町の古海魯肴(こみろな)スペイン語で「ごちそう」という意味だそうだ。そのご主人の素朴な人柄と地元食材にこだわった美味しいラーメンに出会い一回だけではもったいないとさっそくの再訪問。これも能越自動車道路と、のと里山海道(旧能登海浜自動車道路)のお蔭です。


海の醤(うみのひしほ)650円。


能登産大豆を100%使用し杉樽で3年熟成させたというその名も「海の醤」という地元醤油を使った醤油ラーメンです。この醤油はほんのり甘味があって、とにかく杉の香りがふわーっと漂う他では味わったことの無いまろやかな醤油味。当然旨みも口中に広がります。出汁はミネラル豊富な「能登海洋深層水」を使い、魚介「アゴ・昆布」と動物系「豚・鶏」の合わせ出汁。甘味を出すために「能登野菜」をじっくり煮込んでアッサリながらもコクのある一杯に仕上がっている(メニュー能書き)


本当にこれだけの食材と手間をかけ、地元にこだわり、地元を愛する「能登の海が生んだ本気のラーメン」が消え去るのは忍びないですね。消滅する直前で出会えただけでも感謝です。ありがとう。閉店までにはもう来れないと思いますが長い間ご苦労様でした。



コメント   この記事についてブログを書く
« 116杯目 関西らの道&神樂15... | トップ | 118杯目 もう一度 うれしの... »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

石川県(能登地方)のラーメン」カテゴリの最新記事