あみの3ブログ

ラーメン食べ歩きとお城歩き、その他感動したことを写真で綴る雑記帳
更新は不定期です

166杯目 山中温泉姑娘(くうにゃん)

2014-06-13 09:38:25 | 石川の中華屋さん・食堂系・呑み屋さん
加賀温泉郷の一つ山中温泉。
片山津温泉と山代温泉は過去何回も行っているのに
山中温泉だけは行ったことがありませんでした。


こじんまりとして、秘境の感じが残りしっとりとした
味わいのある街です。


姑娘(くうにゃん)はそのど真ん中にありました。
山と谷に挟まれた地形で平地が少なく、余分な駐車スペースがありません。
お店は共同駐車場に1台だけスペースを確保していますが
そこをあてにするのは難しいでしょうね。
自分は平日の11時頃に訪れたため、偶然空いていたのだと思います。


お店はスナックのような外観。
店内はカウンターを中心に小上がりもあって


やはりお酒のボトルがたくさん並んでいるの観ると
夜はラーメンが食べられる酒場、という感じ。


短髪でキリッとした、おにーさん風の店主が開店の準備をしておられた。
駐車場を尋ねるとわざわざ誘導して頂き感謝です。


営業時間は11:00~15:30 夜の部は17:30~03:00と深夜まで営業。
不定休とのこと
もともとは先代(お父様)が創業、その後後を引き継いだとのことで
山代温泉にある「クーニャンⅡ(ツー)」は店主のいとこに当たり
先代のお店で修業したのち開業したそうである。
なので経営的には全く別組織ということになる。


ラーメン
鶏がら出汁、薄口醤油の透明清湯スープ。
あっさり中華そば的ラーメンで
シンプル。
出汁の旨みもシンプルで深みは感じない。
甘味、酸味はほとんどなく塩分は控えめ。


麺は角断面の中太ストレート麺。
いわゆる黄色い中華麵の一種で、特別なこだわりは見られない。


具材は茹でモヤシ、薄味のメンマ、プリッとしたロールチャーシュー
赤い渦巻のかまぼこ
山代の「クーニャンⅡ(ツー)」はナルトが使われ差別化されている(笑)

相対的に呑んだあとの〆のラーメンとしてはちょうどよいのではないでしょうか。







コメント   この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« ラヲタの遠足in上田 | トップ | 167杯目 山代温泉クーニャン... »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

石川の中華屋さん・食堂系・呑み屋さん」カテゴリの最新記事