あみの3 ラーメン食べある記@地域限定

2014年3月plalaから移管しました。
金沢・富山を中心とした北陸3県とその周辺のラーメン食べ歩き日誌です。

19295 ちゃるめらぐっぴー 「鶏醤油ストレート~比内地鶏~」@富山 8月30日 富山で唯一の水鶏系ラーメン!

2019-09-03 05:38:41 | 富山県東部(富山市周辺)のラーメン
前回のエントリーは→こちら
唯一無二の無国籍なスパイスラーメンも楽しめるちゃるめら醤油ラーメンのお店 富山の
ちゃるめらぐっぴー

「スパイシー&チキン」が休止してもこれだけ頻繁に訪問するのは初めてかも(笑)
まだまだ未食のメニューがたくさんあって、しかも醤油もリピしたい。

前回は「比内」が売り切れで「ハラペーニョ」がありましたが
今日は「ハラペーニョ」が売り切れ!


店内連食するつもりでしたが、直前のお店で想定外の「つけ麺大盛り」を喰ってしまったのでちょうどよかった(笑)

鶏醤油ストレート~比内地鶏~ 950円



ほぼ水と鶏だけ、いや! 比内地鶏の丸鶏とガラ、そして濾過水だけで摂った水鶏系ラーメン。
醤油は小豆島産の生醤油。 そして表層の鶏油はもちろん比内。

なんという良い香りでしょう♪
甘く気高い匂いと重厚な旨味。 表層の鶏油は『まほろば』より若干少なめですが、目玉焼きのような(笑)美しい2層のスープ。
鶏油で舌がコーテングされる前に天地カエシ。スープと鶏油が馴染んだところでレンゲにそっと掬い取る。
一口目から圧倒的な旨味が舌を包む。その旨みが最後の一滴まで衰えないから飲み干しても余韻に浸っていられる。
何と言う幸せ、旨味の渦の中に吸い込まれていくような恍惚感(*´ω`)

表層の鶏油はやや少なめ、スープが若干濁りが入っているようにも感じますが旨味は強い。
レンゲの色が黒から白に代わりましたね。
奇麗な目玉焼きを見ることができました(笑)



麺は中太#16~18くらいのボソッとした食感の自家製麺。いままで水鶏系のラーメンにはオーバーボイルの細麺というのが定番の組み合わせのように思っていたので、まったく異次元の感覚で逆に新鮮な感動を覚える。

啜った時の確かな存在感と、口の中で跳ねるような躍動感のある麺です。
食べ終わってもまだ温もりを保つ器からは鶏と醬油の残り香が漂い、暫くそれを抱えたまま立ち上がることができませんでした。



富山で唯一の比内を100%の水鶏系ラーメン。大事にしたいものです。
その矢先、もう牛骨ラーメンに再挑戦している店主。二兎を追うのもいいけど、安定供給をお願いしたいものです(._.)


♪ ♪
【お店情報】

お店のWebページは→こちら
お店(店主)のtwitterは→こちら

店名;ちゃるめら ぐっぴー
住所;富山県富山市上飯野14-5
電話:076-452-4362
営業時間;
[月・水~土]
11:00~14:00 18:00~21:00
[日・祝]
11:00~15:00 17:00~20:00
定休日;火曜日
駐車場;あり
地図;

コメント   この記事についてブログを書く
« 19294 DOG HOUSE 「濃厚つ... | トップ | 19296 麺屋夕介 「冷やし塩... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

富山県東部(富山市周辺)のラーメン」カテゴリの最新記事