あみの3 ラーメン食べある記@地域限定

2014年3月plalaから移管しました。
金沢・富山を中心とした北陸3県とその周辺のラーメン食べ歩き日誌です。

18336 自然派らーめん蓮@富山県射水市 8月13日 開店1ヵ月フォロー!「ワンタン麺」「黒辛味ワンタン麺」

2018-08-15 06:10:59 | 富山県東部(富山市周辺)のラーメン
前回のエントリーは→こちら
四十にして一念発起、幻の名店『竜豊』の味を求めたどり着いた先にあったのは無化調ラーメン。無添加・無化調の『万里』で修業した
自然派らーめん(しぜんはらーめん れん)

7月4日のグランドオープン以来1か月ぶりの訪問。

到着したのが13時過ぎでしたが駐車場の空きを待って入店、中待ちするくらいの盛況ぶり(^^)/


今日は夏休み中の内弟子を伴ってのランチ(^^♪


メニュー一新
ラーメンは辛いペーストが入った「黒辛味麺」(四川風)と「らーめん」(いずれも900円)「チャーシュー麺」の3本柱、それぞれに「ワンタン麺」が新たに設定されました。

夜限定メニューは、達人直伝の「ギョーザ」も含め居酒屋使いのアルコールのおつまみ類が中心で「焼売」は近日提供予定。
夜の部の集客が今後の課題なんでしょうね。

ワンタン麺 1100円


鶏ガラベースに煮干しと昆布を中心とした魚介乾物、さらに今回は干し椎茸の風味がしっかり効いた無化調出汁。
富山県西部小矢部市にある『畑醸造』の無添加本醸造醤油を中心にしたタレを合わせることにより、やや酸味を感じるキリっとした独特の味わいになる。


今回は新たに加わったワンタンがトッピングされている。
皮は麺と同じ高岡のシクヤ製麺製でトルントルンの滑らかなのど越しはまさに雲を呑む「雲吞」そのもの。
そして餡は中から脂がにじみ出てくるジューシーなもの。 聞けば鴨肉を使っているとのこと。鶏のスープには鶏の具材で統一感を出そうと言うお考えのようですね。コストは高くつくが美味しいものを提供したいという店主の心意気が感じられます。


万里を彷彿とさせる平打ち縮れ麺はシクヤ製麺の傑作ですね。これを食べて思うのは『万里』の自家製青竹打ち麺の強靭なコシ。機械打ちではできない職人技を改めて感じます。


新メニューの
黒辛味ワンタン麺 1100円


以前万里の限定で出されていた辛ペーストをレギュラーメニューに取り入れたもので、単に「らーめん」に入れただけというものではなく、チャーシュー麺と同じようにそれを加えることにより全く違うスープになるという意味で別メニューとして成り立っている。

辛さに耐性の無い自分でもなんとか飲めるスープ。それ以上の辛さが欲しい人のために自家製辣油が別添えされている。


デフォのスープに比べ辛味が加わることにより、塩味より旨味が前に出て旨辛スープが癖になる。
頭頂部からもしっかり発汗し爽快!


♪ ◆ ☆
あまりに『万里』のインパクトが大きすぎて、自分の目指しているところがお客に伝わっていないのか? 万里との味の比較や価格設定のことばかりが前に出てしまっているのが残念です。

かつての名店、惜しまれながら突然姿を消した伝説のお店『竜豊』の味を復活させようと一念発起して転職したというストーリーが見えてこないところが切なく、勿体ない。

開店1か月を経過しオペレーションも安定してきたようで1ロット4人前もいいですが、もう少し落ち着いて湯切りとか盛り付けとかの基本をしっかり行ってもらえると良いように感じました。

今度は絶対夜に達人直伝のギョーザを食べに行きたいと思います(^^)/


♪ ♪
【お店情報】

お店のWebページは→こちら
お店(店主)のtwitterは→こちら

店名;自然派らーめん 蓮 (れん)
住所;富山県射水市橋下条11-1
電話:090-1392-7944
営業時間;
11:30~15:00(L.O14:30)
17:30~22:00(L.O21:30)
定休日;火曜日
駐車場;あり
地図;
『食べ歩き』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
« 18335 麺屋ひろまる本店@南... | トップ | 18337 中華蕎麦はし本@富山... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

富山県東部(富山市周辺)のラーメン」カテゴリの最新記事