あみの3 ラーメン食べある記@地域限定

2014年3月plalaから移管しました。
金沢・富山を中心とした北陸3県とその周辺のラーメン食べ歩き日誌です。

19144【初訪】 自家製麺うろた@福島市 5月4日 見た目だけではなく、健康にも思いを馳せた創作ラーメンに感動!「ペイントクレージーミルク ミソラーメン」

2019-05-11 06:27:20 | その他の地域
白河の『とら食堂』を12時半に出発、予定では福島の次のお店まで1時間半。渋滞につかまらなかったら14時20分のLo(ラストオーダー)になんとか間に合うはず。
東北道を戻り、郡山JCからさらに北上。東京方面の上り線は各PAで渋滞がみられたものの下り線は順調。
ほぼ予定通り14時前に到着、付近のコインパーキングに車を停めお店へ向かうとこの時間にもかかわらず若者10数人が外待ちう(;^ω^)

自家製麺うろた
福島の人気店『えなみ』の『くをん』に続く3号店として2015年12月にオープン。 有名な賞も獲得し人気・実力の伴った気鋭のお店。



じつは2017年3月、
福井で開催された『お台場ラーメンPARKin福井2017』に出展しており自分も会場で頂いたのである。当時の記事は→こちら



洋風な外観以上にオシャレな店内は以前カフェだったんでしょうか? 窓辺の大きなガラスからは日差しと街の景色が見え、細長い店内を奥に進むと厨房と正対するカウンターがある。
その奥に自家製麺のラボが設けられガラス越しに製麺風景も見ることができる。



今回の目的は敬愛する麺友が先に訪問して食べた前衛芸術のようなこの一杯を食べること。

ペイントクレイジーミルクミソラーメン 900円


なんじゃこりゃ~(@_@)



カラフルなペイントアートの見た目より、一つひとつの色が栄養や効能により厳選された天然素材である事。そして何より味噌ラーメンとして完成している事!
スープは牛乳ベースで穀類も使ったノンアニマルなので、ミルキーなのに軽い飲み口。


ちなみにこの絵具のようなペイントの材料は
ピンク、、ビーシー
イエロー、、カボチャ
グリーン、、ホウレンソウ
パープル、、ムラサキイモ
ブラウン、、ボルチーニ
ブラック、、竹炭
なんか戦隊ものみたいですが(笑)、食べる輸血の野菜とか、鉄分・カロチン・アントシアンさらにはデトックス効果まで期待できるとあって、食べて健康になる栄養補助ラーメン(まるでトクホ)と言って過言ではありませんよね(^^)/


麺はまるでフェットチーネのような極太平打ち自家製麺。
少しワシっとして粘度のあるスープとガッシリ絡んで、こちらも辺りにスープを飛散させる。


中盤、こんもり盛った肉味噌を溶かすとハッキリした味に変化、さらに刺激が欲しい場合は別添えの缶入りカレーパウダーやデスソースなどを加えることも可能です。


ペイントが溶け込んだスープはイモ類の食物繊維でドロッとし、肉味噌のパンチが効いて最後まで飽きずに全汁。
ここまで来て食べる価値のある一杯です。

なに!?
初訪の店で《変化球》か(>_<) という貴方
いえいえ
ちゃんと基本の「純鶏」水と鶏の醤油ラーメンも押さえてありますよ(笑)
醤油の純鶏ソバ 800円


こちらも自家製麺


美味しかった~(*´ω`)

◆ ☆ ♪
お店を出て近くの公園で一休み
ふと見るとこんな立て看板がありました。
福島の置かれている現状が現実として伝わってくる瞬間でした。
私たちもこのことを忘れないで、福島に寄り添っていきたいですね。





♪ ♪
【お店情報】

お店のWebページは→こちら
お店(店主)のTwitterは→こちら

店名;自家製麺うろた
住所;福島市新町3-14 上州ビル1F
電話:024-572-3383
営業時間;11:00~14:30(Lo14:20) 17:30~21:00(Lo20:50)
定休日;水曜日
駐車場;無し、付近にコインパーキングあります
地図;

コメント   この記事についてブログを書く
« 19143【初訪】 とら食堂@福... | トップ | 19145【初訪】 坂内食堂@福... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

その他の地域」カテゴリの最新記事