あみの3 ラーメン食べある記@地域限定

2014年3月plalaから移管しました。
金沢・富山を中心とした北陸3県とその周辺のラーメン食べ歩き日誌です。

らーめん かすみ屋@(その2) 24時間でラーメン6杯め

2011-12-24 14:47:27 | 石川県(金沢・野々市他)のラーメン
金沢で豚骨らーめん その2
金沢市西念 らーめん かすみ屋

そういえば23日の金沢風花に始まり、24時間で6杯目となります。
(2011年通算なんと152杯目です。)

  かすみ屋さんは表の立て看板のみ。店の入り口にすら店名が表示されていない。
11:30の開店を待つが10分ほど遅れて「支度中」→「商い中」
開店を待つ3人が入店。
カウンター席のみのつくり。
でも窓側は明らかにテーブル席であったろうと思われる構造。
現在はベンチ席で、順番待ち専用。
(元は喫茶店かスナック?)


カウンター席に座るとぷーんと魚介の何とも言えないよい匂い。
思わずいい匂いですねと店長に話しかける。
ここからは厨房内が良く見える。
仕込み用の大型寸胴や大鍋は、
土間にじか置きされたコンロにのせられている。
使いやすさによるレイアウトかと思ったがやはり
無駄な改装コストを抑えた結果か?


  
京だしとんこつラーメン¥650(味付け卵クーポン)を注文。
とんこつ濃厚系。ただしねっとり感はない。
豚骨+鶏がら+昆布+煮干+削り節等が入り、「京だし」となる。
出汁の旨みが十分ひきだされている。
所謂旨み調味料不使用、くどくない。
麺はストレートの太麺、やや黄色っぽいのはかん水が強めなのか。
コシがあって食感がよい。
つよい出汁とバランスがとれていると思う。
ホウレン草の代わりにキクラゲが入り食感がいい。
大判の海苔もスープに浸してすすれば旨し。
チャーシューがおいしい。
厚からず、薄からず、適度な食感と
スープに浸したせば溶けて旨みが出てくる。


仕込み用寸胴から営業用出汁鍋に取り分けている最中。
火の通り具合が相当気になる様子。
1杯ずつ出汁とタレで味を確認調整しつつ出していた。
そんな微妙なところは解らないまま
ただおいしく貪り食べました。

かすみ屋VS六七家、いい取り合わせでした。
どちらもほんとにおいしかった。


コメント   この記事についてブログを書く
« 【初訪】 らーめん六七家@... | トップ | 除雪デビュー »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

石川県(金沢・野々市他)のラーメン」カテゴリの最新記事