あみの3ブログ

ラーメン食べ歩きとお城歩き、その他感動したことを写真で綴る雑記帳
更新は不定期です

20023,024 麺's じむり「鯛汐」、「煮干し汐」@石川県羽咋市 1月30日 地元羽咋の千里浜海岸に沈む夕日を彷彿とさせる!能登塩の汐ラーメン!

2020-02-03 05:09:16 | 石川県(能登地方)のラーメン
前回のエントリーは→こちら
2016年6月『麺屋まる羽咋店』としてオープンするも同年12月には閉店。 当時店長だった店主が一念発起、同店を
麺’sじむりとして独立開業したといういわくつき。

週末の夜は深夜まで営業、サイドメニューもあってお酒も楽しめます。
若き店主の頑張りが楽しみなお店です。

令和二年も店主のやる気全開ですね(^^)/
能登塩に拘った今回の出汁は、じむり初の「鯛」

鯛汐 900円(税込み)


鯛煮干しを使った黄金色の透明スープ。
香味油にも鯛煮干しを使った風味豊かな味わい。
生臭さは微塵も感じられないが、最初の一口に煮干し特有の匂いが走ったが後は最後まで美味しく頂けた。

能登塩を使った塩タレはほんの少し使った「白醤油」で丸くまとまり、ほんのりした甘みと能登塩の塩梅もよいですね~。

鯛との相性を考えて選んだ、「蓮根」「アスパラ」「鶏のつみれ」
色味を考えたら素揚げの蓮根に少し紅を差してもいいかもです♡
そうすれば緑とも映えますね。

ふわふわ「鶏つみれ」も塩スープと相性が良く最後は崩してスープに馴染ませて完飲!


プリもちの中太麺
じむりの世界観が現れているようです。


◆続いて
昨年お邪魔した際は「ハーフ」だったので今回はレギュラーサイズで、大好きなこの一杯
煮干し汐 1000円(税込み)


氷見産煮干しを使った淡麗スープ。貪瞋痴と同じ氷見のお店『鱈場』謹製煮干しこちら
背黒鰯の煮干しから丁寧に引いた出汁。

えぐみ・臭みは一切なく、ふわっと鼻から抜ける煮干しの芳ばしさ、旨味とほんのりした苦みが極上の味わい。
セメント色のドロ系スープでは味わえない、繊細さと煮干し本来の旨さを感じることができます。


トッピングの大根の千切り(柴垣産)は麺をすすると一緒に口に入ってきて少し違和感を感じるので、麺とは別にスープに浸して食べる感覚の方が分かりやすいかも知れませんね。

◆二月になると
金沢でこんな企画があるそうですよ(^^)/

青木クッキングスクールさんでの
「プレミアム講座 能登の究極の塩ラーメン」
はまだまだ空きに余裕がございますので
参加者大募集中です
誰でも興味のある方
是非、ご参加ください
、、、webページより引用

お申し込みは→こちら

♪ ♪
【お店情報】

お店のWebページは→こちら
お店(店主)のtwitterは→こちら

店名;麺's じむり (めんず じむり)
住所;石川県羽咋市川原町チ187-1 DYビル 2F
電話:0767-23-4441
営業時間;[月~金〕→[月~土、週末の祝日に変更] 12:00~14:00→11:30~13:30変更  19:00~翌2:00→20:00~01:30変更
[土・日]→[日・週末以外の祝日に変更] 11:30~15:00→11:30~14:30変更 19:00~翌2:00→17:00~20:30変更
定休日;火曜日→ほぼ隔週の火曜日(FBページの営業カレンダー確認要)に変更
駐車場;ビル裏側に共同駐車像ありに訂正 
    駅前ロータリーに駐車スペースもあり
地図;

コメント   この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« 20022【移転後初訪問】 NOOD... | トップ | 20025,026【新店】 やぎじい... »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

石川県(能登地方)のラーメン」カテゴリの最新記事