あみの3ブログ

ラーメン食べ歩きとお城歩き、その他感動したことを写真で綴る雑記帳
更新は不定期です

113,114杯目 奥能登を訪ねて 古海魯肴@石川県能都町 店内連食3月21日

2015-04-01 08:49:08 | 石川県(能登地方)のラーメン
先ほどの七味ラーメンから通りをはさんで200m位のところにある 石川県能登町天山 古海魯肴(こみろな)


店主によればスペイン語でごちそうという意味だそうだ。漢字はもちろん当て字だが、奥能登の太から続く豊かなで獲れた地元産のという能登の食材と海洋深層水にこだわった思いが込められている。


店内は外観とは裏腹にスッキリとして古さを感じさせない。清掃や維持にしっかり手が入っていて好印象。


戦後のベビーブーマーで、高校球児だったというオヤジさんが料理の腕を振るう。スタッフは奥さんと息子さんと思しき男性の3人。


最初に残念な報告ですが、本年2015年4月15日をもって営業を終了するそうです





今回頂いたのは魚介つけ麺(冷やもり)750円。 豪快で魅力ある盛り付け


冷水で締められたコシのあるプリプリ太麺。


つけ汁は動物系の出汁にいしりとアゴ、昆布の魚介が効いてアッサリながらもコクがある。水は海洋深層水というこだわりよう。ピリ辛が味を引き締め、トッピングの岩のりが風味満点。醗酵臭は全くなく、旨みが後を引く。


こだわりを絵にしたのがこのPOP 濃厚豚骨ドロドロつけ汁に無いさっぱりとしたスープがクセになる。看板に偽りなくほんとうに美味しいつけ麺でした。



なごりを惜しんでもう一杯は、海の塩650円


海洋深層水からつくった塩はミネラルたっぷりで驚くほど丸みがある。


先ほどのつけ麺とは一転して、ツルシコの中細ストレート麺。トッピングの岩のりと一緒にスープを啜れば一層海を感じる味わいだ。


味が薄いなんて野暮は言わないでほしい淡麗コク旨で2杯目(この日3杯目)もちろん全汁。


ご主人との会話も楽しく、ゆったりとした時間を過ごさせていただきました。
宇出津時代から36年間の営業に幕を引くとの事で残念ですが、今回訪問できたのが極めて幸運なことでした。ラーメンの女神様に感謝。閉店までにはもう一度訪れたいものです。



コメント (2)   この記事についてブログを書く
« 112杯目 奥能登を訪ねて 七... | トップ | 115杯目 素朴な旨さ 麺や福... »
最新の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (やす)
2015-04-02 22:26:52
えーーーっ閉店しちゃうんですか???
珠洲行くオアシススポット(8番、七味、古海魯肴)の中では一番好きやったんにー(>_<)
エ○本が置いてある唯一なお店 残念っすわ~(ToT)
このお店で連食って初やったかもしんないっすね♪
閉店までに珠洲仕事入るの願ってます((_ _))
Reえーーーっ閉店しちゃうんですか??? (あみの3)
2015-04-04 12:54:07
やすさん>
とっても残念です。なのですぐに再訪しました。
ご主人の体調と後継者の問題だそうですが、居抜きで100万円で譲ってもいいそうですよ。やっさん如何ですか(笑)

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

石川県(能登地方)のラーメン」カテゴリの最新記事