あみの3 ラーメン食べある記@地域限定

2014年3月plalaから移管しました。
金沢・富山を中心とした北陸3県とその周辺のラーメン食べ歩き日誌です。

19235,240 ご当地ラーメン巡@金沢 7月12日、17日 鯵オイルと醤油タレがシッカリ効いたパンチのある冷やしラーメン!「冷やし喜多方」

2019-07-19 05:45:36 | 石川県(金沢・野々市他)のラーメン
前回のエントリーは→こちら
日本全国のご当地ラーメンがいつでも食べられると言うコンセプトで人気の金沢
ご当地ラーメン(ごとうちらーめんめぐる)

前の週はラーメンが食べられない週間で、煮干しシリーズ完結編「イカワタの煮干しラーメン?」は遂に口にすることができませんでした。いつもいつも限定がゲットできるわけでは無いので当然ながら諦めます(笑)

さてこの日はやはり前の週から始まった夏の風物詩、巡の冷やしラーメンを頂きました
冷やし喜多方 800円


昆布・煮干し・鯖節から摂った和出汁に表層のアジ煮干しの香味油。 昨年と変わらない濃い目の醤油の冷やしラーメン。
アダルトな胃袋の自分にはあらかじめ油少な目を忖度してくれる廣田くん。
でもやっぱりキツイわ~
年々内臓の老化が進んでいるんでしょうね(;^ω^)


ソッコー天地ガエシでスープと油を馴染ませ、テーブルのおろし生姜を添える。清涼感をもった薬味のネギ・茗荷と共に爽やかに頂ける。


やや平たい断面の細麺は口当たりも良くつるんと唇を通過し、ストレートに食道を通過。
喉ごしの良い麺です。




7月17日油少なめでリピートしました(^^)/



香味油少なめ
まだ表層にはたら~っと油膜が見えます。
アダルトな胃袋の私には、だいぶ食べやすくなりました。 煮干しのビターさが際立ちましたがいい感じです。



♪ ♪
【お店情報】

お店のWebページは→こちら
お店(店主)のtwitterは→こちら

店名;ご当地ラーメン 巡 (めぐる)
住所;石川県金沢市堀川町27-1
電話:076-224-4788
営業時間;【月~木】
11:00~15:00 18:00~翌1:00
【金】
11:00~15:00 18:00~翌2:00
【土】
11:00~翌2:00
【日・祝】
11:00~22:30
※各30分前LO
日曜営業
定休日;毎月HPで発表するので確認要
駐車場;あり、道路を渡った深い側に3台分、付近にコインパーキングあり
地図;
コメント

19234 自然派ラーメン神樂@金沢 7月12日  提供が待ち望まれる革新的ラーメン!極上無添加雲丹とムースのマリアージュ♡ 「冷やしウニ塩ラーメン」

2019-07-19 05:44:25 | 石川ビブグルマン神樂・のぼる・TERRA
前回のエントリーは→こちら
今や日本屈指のラーメン店に数えられる石川を代表する名店
自然派ラーメン神楽(しぜんはらーめん かぐら)


某情報誌の企画で造った限定ラーメン
先週はラーメンが食べられない週間にあたり、せっかくお誘い頂いた「試食会」に参加できなくて申し訳ありませんでした_(._.)_
というか、めっちゃ残念(>_<)
と、思っていたら先日開催された「無化調中華の会」の席上、店主から某誌の写真撮りがあるのでその日だったら数食提供可能とのお言葉を頂きやって来ました。

冷やしウニ塩ラーメン 販売予定価格1600円


スープは鶏と煮干しを中心に天然素材をふんだんに使った無化調出汁に能登塩をブレンドした冷製塩スープ。
淡麗でありながら《魚の出汁と動物の油のバランス》がとれ、ほんのりビターさも感じ、塩の旨味と塩味もいい塩梅で喉の渇きなどあり得ない。


流水で〆た超多加水熟成平打ち麺のむっちりした押し返しような弾力は冷製の方がその魅力がいかんなく発揮されていると思う。



と、ここまではフツーの冷やし塩ラーメン
これからが本番です(笑)

デーンと贅沢に盛り付けられた最高級国産バフンウニ
しかも《無添加》ここ大事ですよ!
無添加雲丹の表示のないものは型崩れ防止や色だしのために「ミョウバン」(なすびの漬物に使うヤツ)が添加されているのです。
奇しくもその「ミョウバン」について取り上げているラーメン店主のブログが→こちら


型崩れも妙な色揚げもしていない無添加、新鮮な雲丹
濃厚な旨みとクリーミーなくちどけ、磯の香りがふんわり鼻から抜け至福のひととき。



さらに今回はコレがキモ!
パプリカと雲丹のムース
現在パプリカの色の組み合わせによる出来栄えと雲丹の構成比について試行錯誤が続いているそうだが、発売日の8月20日までには究極のムースが完成していることでしょう(^^)/


そのムースをスープに溶かし入れることで今回のラーメンが完成形となる。
1口目はレギュラーのスープで喉を潤し
2口目で雲丹の濃厚さを味わい
3口目でムースが溶け込んだクリーミーなスープにのたうち回る


この3段活用は
まるで石田三成が幼少のころ、羽柴秀吉(のちの豊臣秀吉)に出したお茶の逸話「三献茶」とそっくりでは有りませんか(爆)→こちら



提供開始は某誌の発売日8月20日からです。
震えて待ちましょう(^^)/



♪ ♪
【お店情報】

お店のWebページは→こちら
お店(店主)twitterは→こちら
店名;自然派ラーメン 神楽
住所;石川県金沢市寺町1-20-10
電話:076-280-5010
営業時間;11:30~14:15(L.O.) 17:30~20:00(L.O.)
スープ売り切れ次第終了
定休日;月曜、第1、第3火曜
※日曜日は昼営業のみ(2019年4月より)
駐車場;あり、お店前の他に道路を渡った向かい側にもあり
地図;


コメント