あみの3 ラーメン食べある記@地域限定

2014年3月plalaから移管しました。
金沢・富山を中心とした北陸3県とその周辺のラーメン食べ歩き日誌です。

19176 麺切白流@岐阜県瑞穂市 6月4日 今日の自家製焼き干し出汁は鰹と片口!「焼き干し特製醤油そば」と文殊豚の甘み!「中華そば」

2019-06-07 05:45:31 | 愛知・岐阜・三重のラーメン
前回のエントリーは→こちら
2018年5月オープンで既に名店の仲間入り
岐阜県関市の白神出身で自家製麺と焼き干し鮮魚出汁が特徴の実力店
麺切り白流(めんぎり はくりゅう)


昨年4月28日のプレオープン以来2回目の訪問。
午前10時から朝ラーが食べられるとあって、到着した11時前には平日にもかかわらず駐車場は既に満車。
店内はほぼ満席状態でしたが、ちょうど退店するお客さんと入れ替えで小上がり席に座ることができました。


朝ラーからの本メニューというラヲタとしての正道もあったのですが、この後のことを考え自粛(;'∀')


前回訪問時と同じ「焼き干し」とレギュラースープの「中華そば」をシェアすることにしました。



焼き干し特製醤油そば 970円


うぉ〜、めちゃくちゃ美味しい‼️

本日の焼き干し
「カツオ(焼)50 カタクチイワシ(煮)20カツオ(節)10 ソウダ(節)10 サバ(節)10」
、、、麺切白流では、毎日twitterで出汁の構成を発表しています。これも楽しみの一つですね(^^)/


単なる魚介で括れない
焼き干しの旨味と節の薫香、煮干しのほろ苦さが加わって深みのある美味さ。
節も鰹だけでなく目近を加えることで単調にならずまろやかさも加わってグイグイ惹き付けられる。



多加水平打ち麺のプリッとしてもちっとした食感は、富山の万里、金沢の神楽、東北福島で食べた麺と通じるところがあって聖地巡礼の旅をした思いです。




中華そば 700円



地元の「文殊にゅうとん」というブランド豚を使ったコクと甘味を感じる豚清湯スープ。
焼き干しを使っていない、デフォの味わいは軽やかで飽きがこない。ほんのり甘みを感じるコックリした醤油スープ。


焼き干しのグイグイ来る旨みの洪水に比べると控えめに感じてしまうが、ツボを押さえたスープはめっちゃ完成度が高くスキのない美味しさで飽きがこない。

低加水のサクッとした自家製麺は白神Gの専用小麦粉を使った真骨頂。多加水熟成平打ち麺との落差にも新たな感動を覚えつつKK。



働き方改革でツキイチ強制有給休暇取得となったので、火曜・水曜の定休日が重ならないところを狙って毎月行けば「朝ラー」や「焼き干し味噌」にも挑戦できそうです(^^)/



♪ ♪
【お店情報】

お店のWebページは→こちら
お店(店主)のtwitterは→こちら

店名;麺切り 白流 (メンギリ ハクリュウ)
住所;岐阜県瑞穂市森860-1
電話:058-322-3231
営業時間;10:00~15:00(L.O.14:30) (売り切れ次第終了)
定休日;月曜日・第3火曜日
駐車場;あり
地図;
コメント