千曲川の流れのように

年金生活者の徒然

盆の煮物

2008-08-02 | Weblog
 安曇野豊科店に出かけた。売り場に見慣れない食品があった。「干しあげ」というらしい。正式には「干し揚げ」だと思う。サイコロのような立方体で、一辺が2cm位だろうか。そぐ横に糸昆布(切り昆布)があった。地元の方に伺った。お盆には欠かせない食材で、夏野菜と一緒に煮込む。これが無いとこの地方の夏は困るのだと言う。お盆にはどの家でも必ずこの「盆の煮物」がだされるのだ。家庭料理なので、町の食堂や飲み屋には出されることが無いのか、拙者はそのことを知らなかった。表面だけでは地域の食活は分からない。今の日本ではどの国の料理も食べることができる。ところが地元のこうした料理を知らないでいる。人々の営みの深さに感嘆せずにはいられない。
コメント   この記事についてブログを書く
« 扇風機 | トップ | 山本昌 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

Weblog」カテゴリの最新記事